ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。

このトピックには1,572件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。12 時間、 39 分前に  芳 さんが最後の更新を行いました。

  • 作成者
    トピック
  • #477 返信

    サイト担当

    皆さま、インターネット連句を始めます。捌には佛渕雀羅さんをお迎えしました。どなたでも投稿フォームより自由に参加できます。

    百韻「日月は」 2019.4.16起首

    日月は旅人なりぬ花に雪
    雀羅
    雀の子らの集う軒先
    古柏
    春の朝川柳欄を食卓に
    不映
    上司と似た名いつも見つける
    潮の香の導く先に海と空
    村宅
    丸太くり抜き翌に漕ぎ出す
    安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて
    あさ
    萩散る庵に残る足跡
    銀杏と君のしているイヤリング
    五帳面
    皿洗いつゝ下の名で呼ぶ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝
    あの石巻に似たる青空
    竜馬
    転生を信じて崖に夏花つみ
    みそっ歯の児の笑顔満開
    小石
    外つ国の言語行き交う先斗町
    脱出ゲーム知恵を出しあい
    包帯がしだいにほどけ大股に
    ゆかり
    ニッカボッカの北にはためく
    いっぷくに背ナを丸める暮の月
    足らぬ食材思うまなざし
    うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき
    こちにかしらを上げる老犬
    公園に似顔絵画きの春火桶
    明確にせぬ恋の行方は
    会いたいと思う気持ちがくやしくて
    着信通知見てはため息
    腰折れの気配はビットコインにも
    タラップ降りる頬に秋風
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船
    良夜を破るロックンロール
    花道の先にかすんでいる希林
    新入生の列を見守り
    目借時竿竹売りのこえとおく
    結露は垂れて文字となりける
    足元の大きな鼠おいはらい
    遅しといいてアミダ振向く
    かゞやける沖に傾きヨットの帆
    生れし浦磯出でぬわれから
    君とゆく観月橋に蝉の声
    転びたる妹(いも)負うて花野へ
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り
    足に履かせる古いそろばん
    駆け出して丘を走って未来へと
    カスタネットがいやだった頃
    受付のPepperくんが指す夕立
    俺は塩顔うん多分そう
    旧友と記念撮影桜島
    海老まよねーず
    よくろんぼとか示現流とか
    飛行する頭の下に春の雷
    ビニールハウス種蒔きを終え
    原つぱ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し
    コンソメスープ音をたてずに
    肉球と混凝土の生乾き
    監視カメラに残る映像
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ
    まなび直しの夜間中学
    理科室の人体模型くたびれる
    フラスココーヒーおとす冬の日
    雪焼の目元のしわの白々と
    国旗掲げてウイニングラン
    晴れやかに十二単の裾持ちて
    瓶のぞきてふ色に親しき
    喧騒を離れて在りし堀の月
    帰燕の糞に水輪ひろごる
    UFOの飛来を受ける稲の波
    母の形見の糠床を分け
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく
    下戸と上戸を足して二で割る
    テンポ良いボケつっこみに大笑い
    グリコの看板いつも夏シャツ
    麦子
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで
     身請けの金をやっと手にして
    熊手掻き恋の落ち葉を集めては
    色のおちつく木守の月
    綻びのカーディガンからでる嚏
    もぎりの仕事スカラ座に得る
    はなびらの貼りつく傘のしづく切り
    蛙の付箋厚いゲラにも
    娘との約束をした野遊びに
    唐揚げマヨのおむすびが好き
    知命てふ文字書いてゐるひきこもり
    猫ぬくぬくと眠る傍ら
    薄明に芭蕉の巻葉とけそめて
    バイクの音の近付いて来る
    起きよとて地団駄踏んでいる兎
    フラメンコならちょっと自信が
    • ペンネームでもかまいません。
    • メールアドレスを入力されたくない方は”メールアドレス”入力欄にkarimail@renku.jpとご入力ください。
    • ご質問 office@renku-kyokai.net
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 週間、 1 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 週間、 1 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 週間、 1 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 週間、 6 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 週間、 5 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 週間、 4 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 週間、 3 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 週間、 3 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 週間、 3 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 週間、 2 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 週間、 1 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが2 週間、 5 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが2 週間、 5 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが2 週間、 4 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが2 週間、 4 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが2 週間、 3 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが2 週間、 2 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが2 週間、 2 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが2 週間、 2 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが2 週間、 2 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが2 週間、 2 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 週、 6 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 週、 5 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 週、 4 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 週、 3 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 週、 2 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 週、 1 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 週、 1 日前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 日、 11 時間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 日、 14 時間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 日、 14 時間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが2 日、 12 時間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 日、 17 時間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 日、 7 時間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが14 時間、 43 分前に変更しました。
返信先: インターネット連句を始めます。
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

100件の返信を表示中 - 1 - 100件目 (全1,572件中)
  • 投稿者
    返信
  • #46675 返信

    起きよとて地団駄踏んでいる兎         五
     フラメンコならちょっと自信が         に
    付け
    絶唱し掃除機かける老婦人

    宜しくお願いします。

    #46666 返信

    安庵

    起きよとて地団駄踏んでいる兎         五
     フラメンコならちょっと自信が        に
     
    付け
    常連の客が投げこむ赤い薔薇  庵

    #46665 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅 月・秋
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳
      グリコの看板いつも夏シャツ       麦子
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵
     身請けの金をやっと手にして        芳
    熊手掻き恋の落ち葉を集めては        五
     色のおちつく木守の月           羅 月・冬
    綻びのカーディガンからでる嚏        石
     もぎりの仕事スカラ座に得る        に
    はなびらの貼りつく傘のしづく切り      同 花・春
      蛙の付箋厚いゲラにも           さ
    ナオ
    娘との約束をした野遊びに          芳
     唐揚げマヨのおむすびが好き        香
    知命てふ文字書いてゐるひきこもり      羅
     猫ぬくぬくと眠る傍ら           宅
    薄明に芭蕉の巻葉とけそめて         さ
     バイクの音の近付いて来る         に
    起きよとて地団駄踏んでいる兎        五
     フラメンコならちょっと自信が       に

    ○ベクトルがちょっとねじれて、離れた付句ですが、次の句次第で緊張が緩和に変わります(^^)

    「あなたのシャツを重ね着ふくる  村宅」、うさぎさんが重ね着して気が塞いでいる図、おかしみありますね。「ふくる」はいらないかなと思います。

    ではどうぞ。

    昨日は大雨でしたが、今日はすっかりいい天気になりました。

    #46663 返信

    村宅

     バイクの音の近付いて来る   に
    起きよとて地団駄踏んでいる兎  五

    付け
     あなたのシャツを重ね着ふくる
     
    雨は止みました、よい旅を。

    #46652 返信

    うに

    バイクの音の近付いて来る
    起きてよと地団駄踏んでいる兎

    付け
    フラメンコならちょっと自信が

    ナオ6治定ありがとうございました。
    とんすけ(Thumper)っていましたね。ディズニーのバンビのお友だち。ドスの効いた声をした。

    #46651 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅 月・秋
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳
      グリコの看板いつも夏シャツ       麦子
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵
     身請けの金をやっと手にして        芳
    熊手掻き恋の落ち葉を集めては        五
     色のおちつく木守の月           羅 月・冬
    綻びのカーディガンからでる嚏        石
     もぎりの仕事スカラ座に得る        に
    はなびらの貼りつく傘のしづく切り      同 花・春
      蛙の付箋厚いゲラにも           さ
    ナオ
    娘との約束をした野遊びに          芳
     唐揚げマヨのおむすびが好き        香
    知命てふ文字書いてゐるひきこもり      羅
     猫ぬくぬくと眠る傍ら           宅
    薄明に芭蕉の巻葉とけそめて         さ
     バイクの音の近付いて来る         に
    起きよとて地団駄踏んでいる兎        五

    ○五帳面さんの原句は「飼い兎 地面地団駄 主起こす」ですが、治定句のようにすれば少しすっきりするかと思いますがどうでしょうか。兎は何にいらだつのか、時々連続地団駄踏みますね。こんな兎を室内で飼ったら安眠は遠いものになりそうです。でも兎にストレス与えなければおりこうさん出来るのかな?

    「思春期の心は制御不可能に よし」、よく分かる付けですが、分かりすぎるところもありますね。もう少し飛躍したところが入っていると、面白くなると思います。

    明日から24日まで鳥取での「連句の集い」に出かけてきます。「一茶の連句」を話させて頂き、連句実作もします。24日は岡山の県立図書館で御当地の俳人・連句人と連句の集いをします。どんな出会いになるか、わくわくはらはらです。

    ではどうぞ。

    #46642 返信

    薄明に芭蕉の巻葉とけそめて         さ
    バイクの音の近付いて来る         に
    付け
    思春期の心は制御不可能に

    近所に原チャに3人乗りしてた子がいました。しゃべったら、普通にかわいい子でした。そんな時期だったんですね。
    宜しくお願い致します。

    #46640 返信

    薄明に芭蕉の巻葉とけそめて         さ
    バイクの音の近付いて来る         に

    飼い兎 地面地団駄 主起こす 五

    #46637 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅 月・秋
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳
      グリコの看板いつも夏シャツ       麦子
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵
     身請けの金をやっと手にして        芳
    熊手掻き恋の落ち葉を集めては        五
     色のおちつく木守の月           羅 月・冬
    綻びのカーディガンからでる嚏        石
     もぎりの仕事スカラ座に得る        に
    はなびらの貼りつく傘のしづく切り      同 花・春
      蛙の付箋厚いゲラにも           さ
    ナオ
    娘との約束をした野遊びに          芳
     唐揚げマヨのおむすびが好き        香
    知命てふ文字書いてゐるひきこもり      羅
     猫ぬくぬくと眠る傍ら           宅
    薄明に芭蕉の巻葉とけそめて         さ
    バイクの音の近付いて来る         に

    ○新聞屋さんが配達に使ってるバイクはホンダのプレスカブが多いかと思いますが、音が大きくなく燃費もよく、優れものですね。夜更かしをすると午前3時頃やってきて、もう寝なきゃ・・となります。もう起きちゃった、という時もありますが。

    冬・夏・雑、何でもどうぞ。

    #46635 返信

    うに

    猫ぬくぬと眠る傍ら
    薄明に芭蕉の巻葉とけそめて

    付け
    バイクの音の近付いて来る

    #46620 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅 月・秋
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳
      グリコの看板いつも夏シャツ       麦子
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵
     身請けの金をやっと手にして        芳
    熊手掻き恋の落ち葉を集めては        五
     色のおちつく木守の月           羅 月・冬
    綻びのカーディガンからでる嚏        石
     もぎりの仕事スカラ座に得る        に
    はなびらの貼りつく傘のしづく切り      同
      蛙の付箋厚いゲラにも           さ
    ナオ
    娘との約束をした野遊びに          芳
     唐揚げマヨのおむすびが好き        香
    知命てふ文字書いてゐるひきこもり      羅
     猫ぬくぬくと眠る傍ら           宅
    薄明に芭蕉の巻葉とけそめて         さ

    ○、そうですね、「ときそめて」→「とけそめて」ですね。

    うにさん、変化の中にも、転じという小さな波、ブロックの波、面や折にかぶさる大きなうねりと、一巻の変化には三段階のウエーブがあるように思います。これを意識出来る感覚をもちたいですね。

    「日光を見ずに疾く疾く帰りきて  庵」、「疾く帰り来よ」は何かの文句にあった気がしますが思い出せません。なんでしたっけね。ぜんぜん違うことですが、猪苗代湖の野口英世記念館に、英世の出世を喜ぶ母親の、「はやくきてくたされ。はやくきてくたされはやくきてくたされ。はやくきてくたされ。いしよ(一生)のたのみて。ありまする。」という手紙あり、子を思う母の一途さに胸を衝かれました。

    どうぞ。

    #46616 返信

    安庵

    知命てふ文字書いてゐるひきこもり       羅
     猫ぬくぬくと眠る傍ら            宅

    付け
    日光を見ずに疾く疾く帰りきて 庵

    #46596 返信

    あさ

    あ、すいません。
    ぼくの付け句、「ときそめて」ではなく、「とけそめて」ですかね。

    #46593 返信

    村宅

    いろいろとありがとうございます。

    #46592 返信

    うに

    雀羅様
    付所の確認ありがとうございました。なにをどう言ったら其場が停滞しないか、感覚を頼りに七名八体思い起こすようにしたいと思います。

    #46591 返信

    あさ

    「自他場を言うことで付けを萎縮させてしまうあやうさを思います」
    もろもろの業界タームに翻弄されているまさにいまの自分の状態です……辛抱はいつ喜びに変わってくれるのか、苦笑。
    「大胆に、いきいきと、しんみりと」前句に関わって遊んでみました。

    知命てふ文字書いてゐるひきこもり   羅
     猫ぬくぬくと眠る傍ら        宅

    付け
    薄明に芭蕉の巻葉ときそめて

    #46590 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅 月・秋
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳
      グリコの看板いつも夏シャツ       麦子
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵
     身請けの金をやっと手にして        芳
    熊手掻き恋の落ち葉を集めては        五
     色のおちつく木守の月           羅 月・冬
    綻びのカーディガンからでる嚏        石
     もぎりの仕事スカラ座に得る        に
    はなびらの貼りつく傘のしづく切り      同
      蛙の付箋厚いゲラにも           さ
    ナオ
    娘との約束をした野遊びに          芳
     唐揚げマヨのおむすびが好き        香
    知命てふ文字書いてゐるひきこもり      羅
     猫ぬくぬくと眠る傍ら           宅

    ○自他場を言うことで付けを萎縮させてしまうあやうさを思います。それも付合いに有益な視点ではあるけれど、そればかり見ているわけではないということ、ここでは感じて頂きたいところです。大胆に、いきいきと、しんみりと、前句に自在に関わって“遊んで”いただけることをひたすら思います。こまかいところは捌きの利点を生かしととのえさせて頂きます。それにしても 村宅さんは宵っ張りですね(^^)

    猫が出ましたね。つい採ってしまう私ですが、前の「肉球」も猫? 猫は一巻に何回出していいのだろうか・・と秘かに案じます。連歌の式目では、動物(うごきもの)は「一座一句」ものととして「鴬、郭公、蛍、虎・・」といったものが入っています。虎は百韻に1回、です。猫には「猫は家庭で飼える虎である・・」という“定義”があり、ふむ、そうすると猫も百韻に1回か・となりますが、「肉球」と躱せば2回やってもいいかとか、こういうことを大まじめに論じ合えるところも連句文芸のあそびであり楽しさと感じていただければと思います。

    うにさん、「其場の付」というのは、前句の「其人」の付けか他の人と向かわせたものかは別に、前句の場面を見定めて付けるということですが、自の句ではなく他の句にすることで人物描写がくっくきりして分かり易くなってかと思います。この辺りは『十七季』(三省堂)のp560の「七名八体」を読みますとよく整理出来ます。

    「自他場論」で付句の変化を説明していくとこんな調子になりますが、連句にまっさらに向き合いたい人にこんな書き方は苦痛かも知れない・・とふと思います。とは言え、新しい世界にチャレンジする方には、業界タームをちょっとは辛抱して乗り越える気持ちも必要かとも思います。辛抱がよろこびに変わるように、というのが連句せんだつの苦心でもあります。

    ではどうぞ。

    #46588 返信

    うに

    雀羅様
    「土手に降り立ちトランペット吹く」其場に居る別の人を描こうとしたのですが、強引に視線を引っ張ったようでした。たとえば、「トランペットを土手で吹く人」と、「人」の一文字をいれると其場
    の付けとして成立しますでしょうか?

    #46586 返信

    村宅

    再び、検討。人物の匂いがが続いているので景の句が良いのでしょうか?猫には傍らにいてもらいたいのですが、傍らを変えたことで景の句になったでしょうか?

     猫ぬくぬくと眠るソファーに

    #46585 返信

    村宅

    訂正
     猫ぬくぬくと眠る傍ら

    二五でしたので訂正。

    #46584 返信

    村宅

     唐揚げマヨのおむすびが好き   香
    知命てふ文字書いてゐるひきこもり 羅

    付け
     眠る時には猫ぬくぬくし

     

    #46582 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅 月・秋
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳
      グリコの看板いつも夏シャツ       麦子
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵
     身請けの金をやっと手にして        芳
    熊手掻き恋の落ち葉を集めては        五
     色のおちつく木守の月           羅 月・冬
    綻びのカーディガンからでる嚏        石
     もぎりの仕事スカラ座に得る        に
    はなびらの貼りつく傘のしづく切り      同
      蛙の付箋厚いゲラにも           さ
    ナオ
    娘との約束をした野遊びに          芳
     唐揚げマヨのおむすびが好き        香
    知命てふ文字書いてゐるひきこもり      羅

    ○香さん、「唐揚げマヨのおむすび」というのは子どもに人気あるそうですね。ごはんにマヨネーズが交じるなんておぢさんいやだなあ(^^) 「季語ちぎり」、面白い言葉ですな。もっと綿密に調べていくと実り多い研究になると思います。

    「土手に降り立ちトランペット吹く うに」、ちょっとややこしいですが、前句の人の「其人」の付けとして自の句を付けていますので、「娘との約束をした」その人がトランペットを吹いているとなります。とすると、娘さんはどこにいるのでしょう。お父さんのトランペットを聴いているんですね。「花」のテーマに挑戦するというのは刺激的です。

    ではどうぞ。

    #46580 返信

    うに

    蛙の付箋厚いゲラにも
    ナオ
    娘との約束をした野遊びに

    付け
    土手に降り立ちトランペット吹く

    三ウ 花の座の治定ありがとうございました。「花」「花」で頭がいっぱいで「開く」こと思いつきませんでした。今回十七季p610の正花一覧表を改めて見渡し、こんなにあったのだと今頃気づいている次第です。どんなふうに詠まれているのか想像もつかない「中華」なども。挑戦してみたい「花」もあり楽しみがザクザクです。

    #46572 返信

      蛙の付箋厚いゲラにも           さ
    ナオ
    娘との約束をした野遊びに          芳

    付け
     唐揚げマヨのおむすびが好き

    よろしくお願いします。

    #46552 返信

    蛙の付箋厚いゲラにも           さ
    ナオ
    娘との約束をした野遊びに          芳
    付け
    震える仔猫ぜんぶ抱えて

    野遊びの句、直していただきありがとうございました。
    優しい句にしていただきました。美しい言葉のしらべ、勉強になります。すみません、季語ちぎってしまいました。ご指摘ありがとうございます。

    #46537 返信

    雀羅

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅 月・秋
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳
      グリコの看板いつも夏シャツ       麦子
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵
     身請けの金をやっと手にして        芳
    熊手掻き恋の落ち葉を集めては        五
     色のおちつく木守の月           羅 月・冬
    綻びのカーディガンからでる嚏        石
     もぎりの仕事スカラ座に得る        に
    はなびらの貼りつく傘のしづく切り      同
      蛙の付箋厚いゲラにも           さ
    ナオ
    娘との約束をした野遊びに          芳

    ○原句は「娘との約束守り野に遊ぶ」でしたが、「野遊び」あと春の季語ですが、「野に遊ぶ」と分解すると季語ではなくなってしまいます。俳句でも同じです。治定句のようにすればオーケーです。前句「 蛙の付箋」という可愛らしいイメージから、忙しい原稿書きしている中でも一生懸命子どもにかまってあげようとするお母さんが思い浮かびます。お父さんはいない人かな。

    ではどうぞ。雑でもよいです。

    #46535 返信

    はなびらの貼りつく傘のしづく切り      に
      蛙の付箋厚いゲラにも           さ

    付け
    娘との約束守り野に遊ぶ

    宜しくお願い致します。

    #46518 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅 月・秋
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳
      グリコの看板いつも夏シャツ       麦子
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵
     身請けの金をやっと手にして        芳
    熊手掻き恋の落ち葉を集めては        五
     色のおちつく木守の月           羅 月・冬
    綻びのカーディガンからでる嚏        石
     もぎりの仕事スカラ座に得る        に
    はなびらの貼りつく傘のしづく切り      同
      蛙の付箋厚いゲラにも           さ
    ナオ

    ○あささん、治定句のようでいいのではないですか。

    「夢に溶けゆく残り香の雪 五」、「残り」「雪」という字は入っていても、「残雪」にはならず、冬の句です。ここは春で詠んで頂きたいところです。

    今夜は登戸(小田急線)でイッパイ&連句でした。

    発句、「海鞘眠る海を抱ける薄暮かな  雀羅」。海鞘の話がひとしきり出ました。私は仙台の国分町で食べた海鞘で
    海鞘に対する偏見が消えました。

    どうぞ。春です。

    #46510 返信

    あさ

    そして、四三でした^_^

    #46509 返信

    あさ

    もぎりの仕事スカラ座に得る     に
    はなびらの貼りつく傘のしづく切り   に

    付け
    分厚きゲラに蛙の付箋

    ん〜、諸々つきすぎで、季語としても弱いですが……。

    #46495 返信

    五帳面

    恋の句、ありがとうございます。恋そのままは安いかと思いましたが
    それでも恋のほうが映えていました。

    >連句には狂気がありますね
    自身もそう思います。連句連歌に秘められた銘とは何ぞやと時に思わざるを、という具合です。

     もぎりの仕事スカラ座に得る        に
    はなびらの貼りつく傘のしづく切り      に

    夢に溶けゆく残り香の雪 五

    #46491 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅 月・秋
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳
      グリコの看板いつも夏シャツ       麦子
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵
     身請けの金をやっと手にして        芳
    熊手掻き恋の落ち葉を集めては        五
     色のおちつく木守の月           羅 月・冬
    綻びのカーディガンからでる嚏        石
     もぎりの仕事スカラ座に得る        に
    はなびらの貼りつく傘のしづく切り      に

    ○うにさん、「花弁」「花片」、漢字が気になるなら開いてしまったらどうですか。かなで書いても「花」です。

    カタカナのこと、この度は三句続きを指摘されたのに、

     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 

    をそのままにしているのはどうなのかということでね。こっちは気にならなかったのです。何だか二重基準ですね(^^) 句が良ければ、面白ければ、勢いがあれば、大抵の疵はスルーする、こんな気持ちです。とは言えこういうのは1回きりでしょうね。

    昨日は郷里の鹿児島から連句仲間の六寸さんが上京され、新宿でイッパイ&連句(奇数月)があり、別用で早く家を出てましたのでお返事遅くなりました。数人のなつかしいなごやかなやりとりの中で、言葉をなりわいとしている六寸さんから「連句には狂気がありますね」と穏やかに言われ、ドキリとしました。

    「花明り百鬼うぐこめく羅生門  庵」、はい、これもどきりとします。「うぐこめく」は「うごめく」ですね。分かりますのでご心配なく。タイミングから、12日亡くなられた京マチ子さんのオマージュかなと思いました。くしくも1週間ほど前この人が出た映画『赤線地帯』(1956年、溝口健二監督)を見ました。ちゃきちゃきとした小気味いい演技に若かりし日の太地喜和子の小悪魔ぶりに似ているなあ思ってみてました。

    どうぞ。春の短句です。

    #46483 返信

    安庵

    綻びのカーディガンからでる嚏    石
    もぎりの仕事スカラ座に得る       に

    付け
    花明り百鬼うぐこめく羅生門        庵

    #46477 返信

    うに

    読み直して、花弁(はなびら)読みにくいような気がしました。十七季では花片でしたので書き直します。

    付け
    花片の貼りつく傘のしづく切る (この場合前句の「得る」を「得て」に)

    滴きる傘に花弁貼り付きて

    #46455 返信

    うに

    お返事をありがとうございます。
    再度、、
    付け
    花弁の貼りつく傘のしづくきり(切り)

    ご指摘のカタカタ3句気になったのですが、ニオ6の拙句「タラップ降りる頬に秋風」のあとに
    「カンナ」「ロックンロール」と続くので、この辺よいかと、、^_^
    鳥が鳴き出しました。寝ます!

    #46452 返信

    雀羅

    ■うにさん、下のご質問、

      まだ立たぬエンドロールに花吹雪

    映像上の花吹雪です。このような間接的な「花」は弱いでしょうか?

    リアルな花であれ映像上の花であれ、花としてのゆたかさを伝えるものであれば花の句です。「花吹雪」という正花を使ってあるわけですし。「心の花」という言葉も春の正花に使われているのは、小野小町の「色見えでうつろふものは世の中の人の心の花にぞありける」あたりから取られたものかと推測しますが(謡曲の『卒塔婆小町』にも出て来ます)、「花」はリアルだけを問題にしているわけではないのですね。

    綻びのカーディガンからでる嚏
     もぎりの仕事スカラ座に得る
    まだ立たぬエンドロールに花吹雪

    一句としては素敵ですが、“三句のわたり”、もう少し停滞がないように詠んで頂けると安心して採れます(^^) 些細なことのようですが、カタカナ三句続けないというようなこともチェック項目、又一人の人物の視点の延長のようにも読めるところも外せるといいですね。

    俳句は一句だけ(自分のことだけ)考えていればよいですが、連句は自分の句がおかれた絵柄を考える、ということで、たくさんの繋がりの中で生きる(生かされる)文芸です。

    #46450 返信

    うに

    一直治定ありがとうございます。原句は前句の人物を描いただけで、視点に動きがないなと思っていましたが、なるほど治定句の「もぎりの仕事スカラ座に得る」ですと、ピタッと落ち着くのは、第三者の視線が少し入ったからでしょうか。以下付け案です。

    綻びのカーディガンからでる嚏
    もぎりの仕事スカラ座に得る

    付け
    まだ立たぬエンドロールに花吹雪

    質問です。桜の時期に“ライン”が携帯画面に半日くらい桜吹雪を散らしたのを思い出しました。
    上も映像上の花吹雪です。このような間接的な「花」は弱いでしょうか?

    #46448 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅 月・秋
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳
      グリコの看板いつも夏シャツ       麦子
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵
     身請けの金をやっと手にして        芳
    熊手掻き恋の落ち葉を集めては        五
     色のおちつく木守の月           羅 月・冬
    綻びのカーディガンからでる嚏        石
     もぎりの仕事スカラ座に得る        に

    ○原句は「切符をちぎるスカラ座の扉に」でしたが、治定句のように頂きます。「綻び」は見えないようにしてるんでしょうけれど、給料が出ると新しいカーディガンが買えます。

    「当たり障らぬ話とぎれて  村宅」、「当たり障りのない話」とつづめずに言う言葉でしょうね。「差し障りない話ばかりで」くらいですかね。

    では花の句です。

    #46447 返信

    うに

    色のおちつく木守の月
    綻びのカーディガンからでる嚏

    付け
    切符をちぎるスカラ座の扉に

    #46441 返信

    村宅

     当たり障らぬ話とぎらせ

    の方が飛び込んだ感じでしょうか?味は違うような気がしていますが?

    #46440 返信

    村宅

     色のおちつく木守の月     羅
    綻びのカーディガンからでる嚏  石

    付け
     当たり障らぬ話とぎれて

    よろしくお願い致します。

    #46435 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅 月・秋
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳
      グリコの看板いつも夏シャツ       麦子
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵
     身請けの金をやっと手にして        芳
    熊手掻き恋の落ち葉を集めては        五
      色のおちつく木守の月           羅 月・冬
    綻びのカーディガンからでる嚏    石

    ○しょぼい感じになりましたね。こんなこともあるでしょうね。

    もう冬は結構です。どうぞ。

    #46434 返信

    小石

    熊手掻き恋の落ち葉を集めては   五
     色のおちつく木守の月      羅

    付け
    綻びのカーディガンからでる嚏   石

    #46432 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅 月・秋
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳
      グリコの看板いつも夏シャツ       麦子
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵
     身請けの金をやっと手にして        芳
    熊手掻き恋の落ち葉を集めては        五
      色のおちつく木守の月           羅 月・冬

    ○五帳面さん、恋句を切り上げようとされていますが、恋句は5句は続けられますし、「恋の落ち葉」の方がずっといいですね。1句のぬしはいろんなことをやって身請けのお金を調達した(しようとした)のですね。でもそんなことも過去のことになりました。二オ2に「恋」の同字はありますが、この字「面去」ですので問題はないです。

    ではどうぞ。

    #46427 返信

    五帳面

    五帳面
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵
      身請けの金をやっと手にして       芳

    付け 朝務めこころ落ち葉をかく熊手 五

    #46425 返信

    五帳面

    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵
      身請けの金をやっと手にして       芳

    付け 熊手掻き 恋の落ち葉を 集めては 五

    #46416 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳
      グリコの看板いつも夏シャツ       麦子
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵
      身請けの金をやっと手にして       芳

    ○ぷるぷるになる前に身請けして欲しかった・・。でも嬉しいですよね。

    はい、お休みなさい。

    #46415 返信

    雀羅

    ■若気の至りの鉄砲玉も張り合いのあることと思いますが、皮膚たぷたぷの刺青をしょって生き続けるのも、どっちも人生、死ねない限り生き続けるしかないですね。連句にはぴちぴちもたぷたぷもどっちも尊いです。親族にもんもん入れた叔父さんがいまして、夫婦げんかに鉄砲持ち出すという激しい人でしたが、どんなに暑くても長袖のシャツを着ているのが気の毒でした。かたぎに背を向ける生き方は、子どもごころにもどこか惹かれるものがあって、安庵さんの見たお爺さんにもそういう色香が残っていたのかも知れませんね。付句をしないでこんな話ですか(^^)

    #46414 返信

    グリコの看板いつも夏シャツ       麦子
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵

    付け

    身請けの金をやっと手にして

    ボケつっこみの句ありがとうございました。
    恋の句、内股に彫りし…とか大好きです。テンション上がっちゃいます(^^)d
    付きすぎな気もしますが、宜しくお願い致します。

    #46413 返信

    安庵

    昔お風呂屋さんに青い彫物を入れたお爺さんがいました。
    皮膚がタプタプで字も絵も分かりにくくなっていました。
    色も黄ばんでいましたけど、刺青ってメンテナンスが必要と聞いたことあるんですが。
    どうなんでしょう。
    若い時分にどんな兄さんだったのか聞いてみたかった。

    #46411 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳
      グリコの看板いつも夏シャツ       麦子
    内股に彫りし名まえがぷるぷるで       庵

    ○「内股に彫りし名まえが消えかかり」が原句ですが、安庵さん、一度入れた彫り物はそのままは消えませんよ。せいぜい皮膚がゆるんで治定句みたいなところでしょうね。「・・・命」も誰のことだかひっぱらないとしっかり読めません

    恋句に行きましょうか。どんな恋が出来るでしょう。

    #46410 返信

    安庵

    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳
      グリコの看板いつも夏シャツ        麦子

    付け
    内股に彫りし名まえが消えかかり 庵

    #46409 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳
      グリコの看板いつも夏シャツ        麦子

    ○竹内力主演「ミナミの帝王」のエンディングではいつも「グリコの看板」のある道頓堀橋(でしたっけ)が出てきますね。いつかあそこに行ってみたいです。

    「ネタの待宵誤操作で消え うに」、仲秋の月にしてもよいところです。でもこの「待宵」は十四字のほうですね。

    「福呼びたしと立てる門柱  村宅」、中華街には「福」の字をさかさにした「倒福文字」があります。福をよびこむまじないですね。これも付きます。

    ではどうぞ。

    #46407 返信

    麦子

      下戸と上戸を足して二で割る 羅
    テンポ良いボケつっこみに大笑い    芳
    付け
    グリコの看板いつも夏シャツ     麦子

    #46387 返信

    村宅

    訂正
    テンポ良いボケつっこみに大笑い   芳
    芳様すみません。

    #46386 返信

    村宅

     下戸と上戸を足して二で割る      羅
    テンポ良いボケつっこみにおおわらい   芳

    付け
     福呼びたしと立てる門柱

    よろしくお願い致します。

    #46383 返信

    うに

    下戸と上戸を足して二で割る
    テンポ良いボケつっこみに大笑い

    付け
    ネタの待宵誤操作で消え

    #46379 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
    テンポ良いボケつっこみに大笑い        芳

    ○連句もボケとつっこみの「間」のようなものが大事ですね。おわらい系芸人の何気ない言い方の中に、連句の付味を語る言葉に通じるものがふんだんに見つかります。学問臭を出さないようにと気を使ってますね。エラそうに聞こえてしまったら元も子もないとハラ括ってるんですね。

    朝からガビチョウが元気にないています。自分の声に酔って、元気すぎる鳥です。

    どうぞ。

    #46370 返信

    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 

    付け
    テンポ良いボケつっこみに大笑い

    UFOの句一直していただきありがとうございました。
    今回も最初は、「絶妙なボケつっこみの間がウケて」
    にしようと思いましたが、まず飛び込まねば!と思い上記にしました。UFO!円盤状の光るイメージでした。倒されている稲や地上に残された魔方陣のようなものが宇宙船と結び付いていたらなぁ…なんてことだけ頭にあっただけでした。あささん、質問してくださってありがとうございました。丁寧なお答えを読ませていただき、またまた勉強させていただきました。

    #46354 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
     母の形見の糠床を分け           宅
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく       庵
     下戸と上戸を足して二で割る         羅 
      
    ○婚礼のしゃんしゃん馬道中ですが、法事の翌日というわけでもないでしょうから、こういう流れもあるでしょうね。前句「形見に」は「形見の」とさせて下さい。しおらしく馬上に揺られるお嫁さんですが、のんべえの血を引いてるからねと知っている人はくすりと笑う、と付けてみました。花聟さんは下戸の血筋で。

    どうぞ。

    #46353 返信

    安庵

    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
    母の形見に糠床を分け            宅

    付け
    しゃんしゃんと鈴つけ馬に揺られゆく    庵

    #46352 返信

    あさ

    雀羅様

    毎回、深いお答えにうなっております。
    「俳諧を俳諧する」
    「ノイズをテイストにする」
    多様なものをすっぽり包み込みながらひたすら前へと進んでいく連句の精神に、どんどん引き込まれていきます^^

    #46351 返信

    雀羅

    ■失礼、

        beautifuru → beautiful (^^;)

    #46349 返信

    雀羅

    ■もっと言いますと、「少しくらいノイズがあったほうが・・」という言い方は、妥協、手抜き、と取られそうですが、そうではなくて、「ノイズ」はとても大事なんだという気持ちなのです。ニール・ダイアモンドの(古いね)、What a beautifuru noise! です。ノイズをテイストにしてしまえるわざを磨き合いたいですね。

    #46346 返信

    雀羅

    ■あささん、「ノイズの許容範囲」はあらかじめこうと決められないからノイズなんでしょうね。連句は優等生的な句だけでなく、何が起きるかわからないという句もまじっていた方が大化けする可能性があって面白いように思います。『俳諧問答』(許六)という本の中で、芭蕉先生は「名人はあやふき所に遊ぶ」と仰ったとありますが、おんなじことなんだろうと思います。俳諧(連句)はほっておくとごりっぱになってしまいます。大事なことは俳諧を俳諧するということだと思います。

    #46343 返信

    あさ

    雀羅様

    早速のお答え、ありがとうございます。
    細かい質問で、座の勢いや興をそぐようなものでしたら、大変申し訳ありません。
    とにかくまだ始めたばかりで、式目や付け方の気遣いなど、なにをどの程度意識すればよいのかわからず、お尋ねした次第です。そのへんのさじ加減は、実作を重ねていく中で、式目を踏まえつつ、その場その場の柔軟な判断でということになるのでしょうね。以前ご指摘されていた「少しくらいノイズがあったほうが野趣があっていい」ということにもつながるのでしょうが、現段階ではそのノイズの許容範囲が計りきれないもどかしさです^^
    最近、仲間内で連句を試みて捌きを担当したのですが、どうもそのあたりのこまかなところにこだわりすぎてしまい、個々の自由な発想を押し止めてしまったり、巻が求めるものを抑制してしまったり、反省しておりました。

    #46342 返信

    雀羅

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳
      母の形見に糠床を分け           宅

    ○わたしなど余り関心を持ちませんが、人によっては「糠床」は値打ちのあるものなのでしょうね。

    あささん、「花前のこころえ、月前のこころえ」について、「あまり気にすることはない」などとここで書くわけにはいきません(^^) 花前・月前は相応の気遣いをするところで、これはもう原則ですが、でも出ちゃったら仕方ないですね。今度はなるべくその前句が生かされるように受けていくということでしょう。そして芭蕉さんの「俳席三箇条」にもありますように、少々は一直して調えさせていただくという流れもあります。

      喧騒を離れて在りし堀の月   
       帰燕の糞に水輪ひろごる   
      UFOの飛来を受ける稲の波

    こうして見れば、「UFO」のような光物(ひかりもの)が来るのは打越の月にどうかとは思いますが、余りにも大胆な切り口でしたのでそのことに気付きませんでした。きっと、「天頂に皎皎と照る月のあり」なんて句が打越でしたらさすがに気になったと思うのですが、「堀の月」(堀に浮かんだ月)と、おとなしやかにトーンを落として詠まれた月で、障る感じが出てこないのでしょうね。このような気遣いが感じられさえすれば、おおらかに進めたいという感じでおります(何と言っても私がラクなのです。ホンネ)。

    ではどうぞ。

    #46341 返信

    あさ

    「退いて詠むのではなく飛び込んで詠む」
    なるほど、そういうことなんですね。とてもためになります。

    #46340 返信

    村宅

     帰燕の糞に水輪ひろごる   さ
    UFOの飛来を受ける稲の波   芳

    付け
     母の形見に糠床を分け

    よろしくお願い致します。

    #46339 返信

    あさ

    喧騒を離れて在りし堀の月   宅
     帰燕の糞に水輪ひろごる   さ
    UFOの飛来を受ける稲の波   芳

    質問です。よく花前には植物や丈の高いものを詠むのを慎むと聞きますが、月前ではそのような式目や暗黙のルールのようなものはあるのでしょうか。
    たとえば、ここでは月後の話になりますが、堀の月のあとに水輪、UFOと、円や光のイメージが続いて3句がらみのようにも映るかと思うのですが、そのあたりはあまり気にせずにということでしょうか。

    #46336 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅
     帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ
    UFOの飛来を受ける稲の波           芳

    ○芳さんの原句は「UFOと結び付けたい稲の謎」でしたが、「結び付けたい」はもう一歩進めたいですね。退いて詠むのではなく飛び込んで詠む、です。「退いて詠む」とは論評のことで、飛び込まないと句の力は出ません。詠むは生きると同義とわたしは思っています。

    ではどうぞ。

    #46327 返信

    喧騒を離れて在りし堀の月          宅
    帰燕の糞に水輪ひろごる          さ

    付け
    UFOと結び付けたい稲の謎

    妖怪の句の不思議お答えいただきありがとうございました。魅力的なあやかし出したいです。ゲゲゲの鬼太郎をよくみていました。今の猫娘は可愛くなりすぎかなぁ( ´∀`)

    #46323 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅
    帰燕の糞に水輪ひろごる          さ
    三ウ

    ○よく短句でこれだけのことが言えました。燕はこれからの長旅にそなえ身を軽くするために出すべきものはしっかり出しておくのです。1グラムでも馬鹿に出来ません。ぷちゅ。

    「相撲甚句をイアホンで聴く 安庵」、前句にこういう人物が出てくるのもいいですね。

    「女の髪に柳散りつつ  芳」、場所が堀ですから、ゆうれい柳に黒髪の女・・という絵柄を思います。芳さん、「妖怪の句として産女などは不適切」とは思いませんが。「河童・雪女・座敷わらしなどの妖怪と同様に出番を作ればいいと思います。昔は人の名前が沢山出て来る連句を「過去帳俳諧」と言いましたが、妖怪が一巻に沢山出て仕舞うとこちらもナントカ俳諧と言われますね。魅力的なあやかしを詠んで下さい。

    「ずぶ濡れのわれ笑ふパンプキン(ジャック・オー・ランタン) に」、この「ずぶ濡れ」は前に月が出てますから堀から上がってきたんですね。なんにしてもこわいですね。

    どうぞ。秋です。

    #46321 返信

    うに

    瓶のぞきてふ色に親しき
    喧騒を離れて在りし堀の月

    付け
    ずぶ濡れのわれ笑ふパンプキン(ジャック・オー・ランタン)

    #46320 返信

    あさ

    晴れやかに十二単の裾持ちて   庵
     瓶のぞきてふ色に親しき    香
    喧騒を離れて在りし堀の月    宅

    付け
    帰燕の糞に水輪ひろごる

    すみません、今回どうしても発想がう※ちから離れられませんでした、苦笑。

    #46312 返信

    瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅

    付け
    女の髪に柳散りつつ

    質問させてください。悲しい母の産女の句詠んでみたかったのですが、連句の中では河童や雪女、座敷わらしなどの妖怪をよく見かけます。やはり妖怪の句として産女などは不適切なものになるのでしょうか。宜しくお願い致します。

    #46311 返信

    安庵

    瓶のぞきてふ色に親しき           香
    喧騒を離れて在りし堀の月           宅

    付け
    相撲甚句をイアホンで聴く 庵

    #46305 返信

    村宅

    十七季、「草かぐわし」ありました。いろいろとありがとうございます。

    #46304 返信

    雀羅

    ■訂正。

    。「春かぐはし」はきっと『十七季』確認されたと思いますが、

        ↓

    。「草かぐはし」はきっと『十七季』確認されたと思いますが、

    #46303 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     揺れるぶらんこ恋の行方は          宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
     瓶のぞきてふ色に親しき          香
    喧騒を離れて在りし堀の月          宅

    ○個人で藍染めなどされている方いますが、藍甕など、こんなお宅にあるのでしょうね。

    村宅さん、

    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     明確にせぬ恋の行方は            宅

    のところで、たしかに一見「春火桶」しか春がない感じしますが、「草かぐはし」「こち(東風)」も入りますから春三句です。でも、「明確にせぬ恋の行方は」→「揺れるぶらんこ恋の行方は」の一直案は具体性があってぐっと良くなります。これで頂きます。満尾するまではずっと前のことであっても有機的一体ですから、いつでもどこでも言って頂ければと思います。「春かぐはし」はきっと『十七季』確認されたと思いますが、単独で見出しになってません。ただ9p、425pでは「春の草」として傍題に入れてあります。『十七季』は見出し語と傍題合わせて1万語という大歳時記並の収録数があるのですが、傍題もすべて見出しに使うとなるともっと本がふくらんでしまうということで、時々「草かぐはし」のような例は致し方ないとしてあります。でもそれほど多くはないと思います。

    では秋の短句どうぞ。

    #46291 返信

    村宅

    恥ずかしながら、さかのぼってお尋ね致します。
    ウ13
    菓子工場跡地の草のかぐわしき  さ 
     こちにかしらを上げる老犬   柏 三春
    二オ1
    公園に似顔絵画きの春火桶    庵 三春
     明確にせぬ恋の行方は     宅

    「草のかぐわしき」を春と思いこみ「明確にせぬ恋の行方は」と付けましたが調べたところ、季語ではありませんでした。春は三~五句でしたので
    揺れるぶらんこ恋の行方は
    と直したいのですが。どうでしょうか?よろしくお願い致します。

    #46290 返信

    村宅

    晴れやかに十二単の裾持ちて   庵
     瓶のぞきてふ色に親しき    香

    付け
    喧騒を離れて在りし堀の月

    よろしくお願い致します。

    #46289 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     明確にせぬ恋の行方は            宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵
      瓶のぞきてふ色に親しき          香

    ○香さんの原句は「はためく布は瓶のぞき色」でしたが、打越に「国旗」がありますので「はためく布」は戻りますので治定句のようでどうでしょうか。「瓶のぞき」というのははなだ色を薄くしたいい感じの色ですね。

    「迫力のバチ津軽三味線 芳」、直された「牛に引せばころげずにすみ」は仰るように打越から「歩行躰」を感じさせますね。「津軽三味線」とだけで時に激しく叩き増すので、「迫力の」はちょっとかぶる感じもします。

    「樋箱さし入れ侍女の春愁 あさ」、元句の触りは微妙ですが、たしかに気にはなりますね。「侍女」の振り付けよくなったと思います。ここで春にしてしまうというのも悪くはないと思います。「樋箱」は「おまる」のことですね。いとやんごとなきおほん方のしものものを納める箱、と言えますか。「樋洗=ひすまし」という言葉があって、貴人の便器の清掃を担当する役目の女性で、『源氏物語』の「玉蔓」にあるというので探してみました(こんなのに時間とられます(^^) 「壺装束して、樋すましめる者、古き下衆女、二人ばかりぞある。」とあります。与謝野晶子訳では「樋すましめる者、古き下衆女」は飛ばしてあります。「侍女の春愁」、面白いと思います。芭蕉さんも連句の付句でうんちの句はいっぱい詠みました。弟子達もそれを真似しました。これまた匂い付けの一体也とか言って笑い合ったことでしょうね。

    ではどうぞ。月です。

    #46287 返信

    あさ

    改めまして──

    付け
    樋箱さし入れ侍女の春愁

    #46286 返信

    あさ

    打越の「掲げて」と「たずさえ」、前句の「晴れやか」と「うららか」が付きすぎでした。
    ちょっと練り直します^^

    #46284 返信

    あさ

     国旗掲げてウイニングラン  芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて  庵

    付け
    侍女たずさえる樋箱うらゝか 

    #46275 返信

    付け訂正させてください。
    牛が引くですと、ラン(走る)と近いかしらと思いまして。裾を持つから芸者さんの三味線へ。ですが、ここは跳ばしたいので!
    付け
    迫力のバチ津軽三味線

    #46271 返信

    付け
    はためく布は瓶のぞき色

    どうぞよろしくお願いします。

    #46270 返信

    国旗掲げてウイニングラン 芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて 庵

    付け
    牛に引せばころげずにすみ

    ウイニングランの句ありがとうございました。
    15段跳びのあとどうしようかと、考えたあげく転げてしまい ました。

    #46269 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     明確にせぬ恋の行方は            宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵

    ○「十二単の裾持ち」て「ウイニングラン」するのですね。しかも「国旗掲げて」。すごいぶっとび! 跳び箱15段跳びくらいの気合いで頂きました。このあとどんな付句が出来るか、楽しみです。

    「故あってからむし垂らし旅に出る うに」、市女笠から垂れている白い布のことを言っているのですね。この布は顔を隠したり日除け虫除けになるととありました。郡上八幡の歌人筒井紅舟さんに『市女笠』という連歌集を昔頂いたことありました。 

    #46256 返信

    うに

    雪焼の目元のしわの白々と
    国旗掲げてウイニングラン

    付け
    故あってからむし垂らし旅に出る

    #46253 返信

    安庵

    雪焼の目元のしわの白々と            さ
     国旗掲げてウイニングラン          芳

    付け
    晴れやかに十二単の裾持ちて          庵

    #46248 返信

    雀羅

    ■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    百韻「日月は」         2019.4.16 起首

    日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
     雀の子らの集う軒先              古柏
    春の朝川柳欄を食卓に             不映
     上司と似た名いつも見つける          芳
    潮の香の導く先に海と空            村宅
     丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
    謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
     萩散る庵に残る足跡              優

    銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
     皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
    愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
     あの石巻に似たる青空            竜馬
    転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
      みそっ歯の児の笑顔満開          小石
    外つ国の言語行き交う先斗町           宅
     脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
    包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
      ニッカボッカのキタにはためく         さ
    いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
      足らぬ食材思うまなざし          うに
    菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
     こちにかしらを上げる老犬           柏
    二オ
    公園に似顔絵画きの春火桶            庵
     明確にせぬ恋の行方は            宅
    会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
     着信通知見てはため息            香
    腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
     タラップ降りる頬に秋風           に
    カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
      良夜を破るロックンロール           々 月・秋
    花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
      新入生の列を見守り            芳
    目借時竿竹売りのこえとおく          さ
      あめのしづくのもぢとなりける        五
    足元の大きな鼠おいはらい            芳
      遅しといひてアミダ振向く 庵
    二ウ
    かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
      生れし浦磯出でぬわれから           に
    君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
     転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
    すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
     足に履かせる古いそろばん          芳
    駆け出して丘を走って未来へと         五
     カスタネットがいやだった頃         雀
    受付のPepperくんが指す夕立         さ
     俺は塩顔うん多分そう            五
    旧友と記念撮影桜島          海老まよねーず
      よくろんぼとか示現流とか          羅
    飛行する頭の下に春の雷            芳
     ビニールハウス種蒔きを終え       原つぱ
    三オ
    乳清に立てるさゞなみ夏近し          さ
     コンソメスープ音をたてずに         芳
    肉球と混凝土(コンクリート)の生乾き     ぱ
      監視カメラに残る映像            芳
    出所して差入れの襟巻き巻きぬ         さ
      まなび直しの夜間中学            羅 
    理科室の人体模型くたびれる          庵
     フラスココーヒーおとす冬の日        に
    雪焼の目元のしわの白々と        さ
     国旗掲げてウイニングラン         芳

    ○「ウイニングラン」というとふつうは優勝したアスリートが国旗を靡かせながら競技場を1周する行為をイメージしますが、モーター・スポーツでもアイルトン・セナがブラジル国旗を持って「ウイニングラン」をやっている動画が見られます。「雪焼けの」という前句ですから、雪上のカーレース、と見ると自然ですね。これだけの受け皿があると無理なく落ちてきます。

    「柴の仔犬を相棒として うに」、前句のその人の付けとして、自然な付句です。マタギのような人物像が浮かびます。

    ではどうぞ。

    #46245 返信

    フラスココーヒーおとす冬の日 に
    雪焼けの目元のしわの白々と さ

    付け

    国旗掲げてウイニングラン

    宜しくお願い致します。

    #46243 返信

    うに

    丁寧な説明をありがとうございます。「相棒」(名詞)を一単位・4音として見做さなければいけないのかなという疑問でしたが、よくわかりました。声に出して違和感のないところを探ります。結句の「相棒として」は5・2で良さそうなので、改めて付けの候補とさせて下さい。フラスココーヒーの治定もありがとうございました。

    三オ10付け
    柴の仔犬を相棒として

    #46242 返信

    雀羅

    ■うにさん、「相棒として」を四三で読もうとすると「相棒/として」となりますが、「として」という文節分けは無理ですから、これは「相棒と/して」の五二です。

    最近の中国経済・外交圏構想を「一帯一路」(四三)と言いますが、「一路一帯」(三四)とは言いませんね。一方「一衣帯水」(三四)とは言いますが「帯水一衣」(四三)とは言いません。ネット情報ですが、人気の四文字熟語20語をならべてみまして、その中の七音の四三音と三四音を数えますと半々です。世間は四三韻律に違和感はもってない、ということです。それが伝統的な連句になぜ四三韻律忌避があるのか。不協和音そのものにははっきりした生理的違和がありますが、そういう不協和音も又ゆたかな音楽性を生みだすのと同じように、はじかれた四三韻律にも面白く活かせる道はあると思います。

    #46235 返信

    うに

    説明ありがとうございます。どこで理解が捩れたのか、七・七のはじめの七も考えていました。
    「柴の/仔犬を/相棒と/して」はどうでしょうか?助詞がどちらに付くか確信がもてません。

    #46233 返信

    雀羅

    ■二五四三

    うにさん、どっちも二五ではありません。「二五」というのは短句の結句(七七の最後の七)がどうなってるかということで、「相棒にまず/作る朝飯」は「作る/朝飯」、「まず相棒に/作る朝飯」も「作る/朝飯」と三四です。これを言い出すと足が止まりますが、一度は潜っておく価値のあるテーマです。

    打越に「コーヒー」があって「朝飯」はどうですかね。

    #46232 返信

    うに

    書いてみて2・5ですが、
    まず相棒に作る朝飯
    の方が、リズムが良いような気がしてきました。この場合はどうなのでしょうか?

    #46231 返信

    うに

    フラスココーヒーおとす冬の日
    雪焼けの目元のしわの白々と

    付け
    相棒にまず作る朝飯

    連休明けのみなさまお忙しそうですね。たけくらべ、直していたら竹の子の鍋噴きこぼしました!
    レンジ回りに米糠が噴火したみたいです。

100件の返信を表示中 - 1 - 100件目 (全1,572件中)