ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。

このトピックには2,425件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。12 時間、 16 分前に  光明 さんが最後の更新を行いました。

  • 作成者
    トピック
  • #477 返信

    サイト担当

    皆さま、インターネット連句を始めます。捌には佛渕雀羅さまに続き梅村光明さまをお迎えしました。どなたでも投稿フォームより自由に参加できます。

    • 参加はペンネームでもかまいません。
    • メールアドレスを入力されたくない方は”メールアドレス”入力欄にkarimail@renku.jpとご入力ください。
    • ご質問 office@renku-kyokai.net
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月、 1 週前に変更しました。
返信先: インターネット連句を始めます。
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

100件の返信を表示中 - 501 - 600件目 (全2,425件中)
  • 投稿者
    返信
  • #48604 返信

    雀羅

    ■訂正。銀盤が湖の底から出て来る→銀盤が海の底から出て来る 「夏の霜」も地面を照らす月光の比喩です。大体春までは霜はあっても夏の霜なんてないですからね。

    #48603 返信

    雀羅

    ■銀盤のこと。芳さん、具体的にどんな付句かが分かればいいのですが、他の方の付句だとここに出しにくいと思いますので、例えば、

       寒月にむかって腕をひらくひと
        いよよ鋭(と)くなる湖の銀盤

    というふうだとしまして、「銀盤」は月の異名、月に月を付けたことにならないかということですね。「銀盤」が月だと知っている人には「どっちも月だなあ」と思うでしょうけれど、銀盤は普通は「スケートリンク」を思うはずで、この付句は、凍った夜の湖で寒月下フィギュアスケートの練習をしている、という意味で使われていることがはっきりしています。こういう付句をしたからといってすごい落ち度、とは思いませんけど。

    何故「銀盤」が月の異名としてリストアップされているのか、江戸時代の代表的な歳時記『滑稽雑談』を見ますと、月の異名にした理由として、「銀盤 廬同詩云、爛銀盤従海底出」とあります。中国の廬同という人の詩に、きらきら輝く銀盤が湖の底から出て来る、という詩句があるので、銀盤=月となりました。

    #48601 返信

    うに

    ペン先のインク固まる文机
    金運上げる風水に凝り

    付け
    数へ日の太りゆく赤実南天

    #48599 返信

    季語について質問お願いします。
    月の異名ですが、先日なかまと連句をしていまして寒月のあとに銀盤を付けてしまいました。スケートリンクのつもりだったのですが、光り物なので駄目だったなと十七季を見ていましたら、銀盤は月の異名の中に入っていました。銀盤という言葉を入れた句を詠めば月の句となってしまいますか?夏の霜という季語も夏の月の比喩であることを頭に置いて使うということでしょうか?初歩的な質問ですみませんが宜しくお願いします。

    #48598 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って二幕目 (卒業)       坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け            庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机             芳
    金運上げる風水に凝り              桃

    ○文運心許なしとなれば金運の方に舵取りする、というわけですね。「令和小判の派手な広告」、これも面白い。「派手」の文字よく見てますね。「DIYで金継ぎをする」、「文机」に金継の碗、よく合いますね。こんな方面に凝りだして書く方はさっぱりということ。金継ぎ、大分前から講座も賑わっていると聞きます。趣味としても楽しいし、愛着のある陶磁器の修復を自分でやれたら満足度が高いのでしょうね。

    「「アディオス」だけで周るスペイン しをん」、「サヨナラだけが人生だ」、って感じですね。書き言葉の世界より、人と人との、生身の交流に手応えを感じる生き方を見つけた人のようです。

    今気が付きましたが、ウ六句目、春を続けないといけないところ、私のポカです。閑坐さんの付句、「髪をバッサリ切って卒業」とさせて下さい。「卒業」は仲春の季語で、花(晩春)の後に出すのは気戻り、と言われそうですが、現実には花と卒業(式)の時期は季別ほど厳密ではありませんので、この辺はアバウトに扱えるところです。

    次は、春は五句去りを満たしませんので、冬の句でどうぞ。

    #48595 返信

    しをん

     夏の霜にはため息が溶け            庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机             芳

        付け

     「アディオス」だけで周るスペイン     しをん

    #48592 返信

    桃太郎

    すみません、しくめ「空気読まない派手な着信」芳
    「派手な」がありました。

    付け
    令和小判の予約広告

    に変更させてください。

    #48590 返信

    安庵

    「月を2回も‥」に対してのお話、ありがとうございました。みなさまには失礼をしましたが、気持ちが軽くなりました。

    #48585 返信

    桃太郎

    夏の霜にはため息が溶け 庵
    ペン先のインク固まる文机 芳

    付け

    令和小判の派手な広告 桃
    DIYで金継ぎをする 々
    金運上げる風水に凝り 々

    #48581 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って二幕目            坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け            庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机             芳

    ○「文机」は「ふづくえ」「ふみづくえ」どっちでも読めますね。庭を照らす月影を見ながら、遅々として進まぬ筆、といった状態を詠んでいると思います。「ため息が溶け」~「インク固まる」と対語になっているのもいいです。

    前句「夏の霜にはゆため息が溶け」と書いてしまいましたが、はい、これは私の書きミスです。こういうところは遠慮無くばっちり指摘して下さい。

    「ひとカラに見つけこころの置き処 うに」、「ひとカラ」は「ひとりカラオケ」ということなんですね。こういう略語はもうずいぶん行き渡っているのでしょうか。現代の俳言ともいうべき省略語が共感を得られるかどうか、是非を一概にいうことは出来ず、詠まれ方次第というところでしょうね。

    「打ち減りし薬石板に山の風 しをん」、「薬石板」というのは禅院の「魚板」のことでしょうか。時と告げるものだとすると打越の「半刻」と通じるか。

    「恐竜の眠りを覚ます大地震 桃」、地下の異様なエネルギーに共振るす前句「夏の霜」です。「注連縄を殺生石に巡らして」、こちらも前句を尋常でない気配に繋ぎました。

    「卒業のアルバム眺めあの頃は 閑坐」、「卒業」は春の季語になり、連句では春の季語は五句去らないと使えないというきまりがあって、前の「佐保姫(これも春の季語)」からまだ三句しか隔たっていませんので、ここは前の句の季のない「同窓の」の方ががよかったです。前句の「ため息」に応じた付けですね。

    安庵さん、月を2回詠んだからといって自分を責めるようなことではありません(^^) 何しろこの米字形式は月が7回も出て来ます。一応、「月花一句」といって、月花は分け合って詠むというの麗しいとされますが、昔の人たちも子どもたちがケーキを分けるみたいに公平に詠み分けているわけではありません。かつて、『とくとく歌仙』という、丸谷才一、大岡信氏らが詠まれた連句の本がありますが、一人で歌仙の花を全部詠んだり、月花を一人で詠んだりしており、「月花一句」の意識はないのだなと思ったものですが、もう一度この本を開いてみましたら、大岡氏が対談の中で以下のように言われてい
    ます。「定座という考え方をきちんと守って順序通りやると、一人の人が月と花を何度もやるということがおこりますが、季節によって、どんどん定座が違ってますからね」。これが「月花一句」を守れないことの理由だとしたら、どう思いますか。

    丸谷氏は別なところで、「三月二花だから、月の句が三回、花の句が二回出るわけですね。どうも月と花の句については、あらかじめ用意しておく方がいいんですね、いちおうね」と言い、それに大岡氏は、「どうも、そういう気がしますね」と応じています。さらに丸谷氏は、「月と花を、そうだなあ、一人が三句くらいずつ用意していけばいちおういいんじゃないか」と又言っています。こういう連句をされていたんだなということですね。

    ではお次をどうぞ。

    #48580 返信

    閑坐

    訂正します。

    卒業のアルバム眺めあの頃は

    #48579 返信

    閑坐

    半刻をいけない人と蛍舟
    夏の霜にはため息が溶け

    に付け

    同窓のアルバム眺めあの頃は

    #48578 返信

    桃太郎

    半刻をいけない人と蛍舟 女
    夏の霜にはため息が溶け 庵

    付け
    恐竜の眠りを覚ます大地震 桃
    注連縄を殺生石に巡らして 々

    #48560 返信

    半刻をいけない人と蛍舟              女
      夏の霜にはゆため息が溶け            庵 月・夏

    付け

    ペン先のインク固まる文机

    よろしくお願いします

    #48558 返信

    しをん

    半刻をいけない人と蛍舟              女
      夏の霜にはゆため息が溶け            庵 月・夏

          付け
    打ち減りし薬石板に山の風            しをん

    私もうに様と同じく、治定句の字余りに少し?と思いつつもそのままにして付けさせて頂きました。

    #48550 返信

    うに

    半刻をいけない人と蛍舟
    夏の霜にはため息が溶け

    付け
    ひとカラに見つけこころの置き処

    治定句「夏の霜にはゆため息が溶け」でしたが、短句ですので上のように読みました。
    わたしの間違いでしたらお許しを。
    ひとカラ、、、ひとりカラオケ この省略の是非?

    #48542 返信

    安庵

    「 夏の霜にはゆため息が溶け」、一直治定ありがとうございました。考えてみますとオモテでも月を詠ませていただき、恐縮です。付けてからいうなんて卑怯者め!でございます。

    #48536 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って二幕目           坐
    半刻をいけない人と蛍舟              女
      夏の霜にはゆため息が溶け            庵 月・夏

    ○原句は「夏の霜から聞こゆため息」でしたが、ここは「聞こゆ」ではない方がいいですね。「夏の霜」~「ため息」、いい恋離れになりそうです。

    「夏の霜」は『滑稽雑談』という江戸時代の歳時記には「夏夜の霜と云は月の異名」、「朗詠の白居易の詩よりいふにや」とあり、『和漢朗詠集』をめくってみますと、「夏夜」として、「風吹古木晴天雨(風古木を吹けば晴の天の雨) 月照平沙夏夜霜(月平沙を照らせば夏の夜の霜)」という白楽天の詩があります。李白の「静夜思」にも地面を照らす月の光を「地上の霜」に譬えた詩があります。「夏の霜」は夏月の素敵な比喩だと思います。むかしの日本人はこうした中国詩人の感性に心からの賛辞を送っていたわけですが、いまはお互い悪いところしか見えなくなって、どうしたんですかね。せめてうたに関わる時だけはくったくのない心で、と思います。

    ではお次をどうぞ。雑の長句です。

    #48528 返信

    安庵

     髪をバッサリ切って二幕目             坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女

      付
     夏の霜から聞こゆため息              庵

    #48525 返信

    笑女

    ご指導ありがとうございました。
    ひと安心しましたが、まだまだ
    勉強不足、浅いと痛感いたしました。
    これからも恐れず、付けに挑戦していきたいと思います。

    #48524 返信

    雀羅

    ■笑女さん、「蛍」のこと有り難うございます。『十七季』p556に「一巻に一回しかつかえないもの」として「蛍」も入っています。この「蛍」は二条良基の時代でも「一座一句物」として取り上げてあり、よほど気をつけて使いたい言葉の一つなのですね。

      脇  ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃
         ・
         ・
         ・
      ウ7  半刻をいけない人と蛍舟              

    と「蛍」に気づいて頂きましたが、これはいけないパターンなのか、どうなんでしょう。結論から言うと脇の「ほたるぶくろ」は植物で、何ら問題ないと思います。むかし、「くわい頭」という句の打越に植物はダメという方がいましたが、これは肢体の仲間ですね。そんな調子で、「うちの坊主はまだ独身で」というような句の打越に釈教は出せない、というような話も出てきて、こうなると『醒睡笑』のおわらいの世界になります。

    この話、連歌ぐるいの男が、ある夜自宅の壁で小便をするものがあることを聞きとがめて、「夜分に居所へきたって水辺を下すは人倫か生類か、植物(ウエモノ)をもって打擲(チョウチャク)せよ」と言ったというものです。式目は連句の命ですが、どう運用するか、ご連衆のポエジーをどのように掬い取っていけるのか、このインターネット連句で実例に添ってたしかめ
    ていけるといいですね。

    #48521 返信

    笑女

    治定ありがとうございました。
    ただ、蛍舟は問題ではないかと。一巻に一回しか使えないワードに蛍があります。
    脇にほたるぶくろとあり、NGかと。
    ご指導よろしくお願い致します。

    #48507 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って二幕目           坐
    半刻をいけない人と蛍舟              女

    ○かろやかに、「いけない人」と遊んでいる、楽しい恋句です。芭蕉に「蛍見や船頭酔うておぼつかな」という句がありますが、これも「蛍舟」。蛍舟の客は酒も飲めますが、船頭さんは酒でなく蛍を見つめすぎて気分が悪くなったのですね。

    「停電の原因問へば古ねずみ」、「二幕目」ということで、盛り上がっている舞台、会場のハプニング。ブレーカーのところに子ネズミが入り込みショートさせるということはあります。次々に仕掛けが出てくるという感じですね。

    「芸の名がエンドロールを流れゆく しをん」、「エンドロール」は「芸の名」が流れるものですから、「流れゆくエンドロールにとまる蠅」とか、いろいろ切り込めますね。

    いつまでも恋句が続けられそうですが、そろそろ切り上げ時か。どうぞ。

    #48506 返信

    しをん

    佐保姫はお菓子のように化粧して         桃
      髪をバッサリ切って二幕目           坐

          付け
    3

    佐保姫はお菓子のように化粧して         桃
      髪をバッサリ切って二幕目           坐

          付け
    芸の名がエンドロールを流れゆく          しをん     

    #48496 返信

    うに

    佐保姫はお菓子のように化粧して
    髪をバッサリ切って二幕目

    付け
    停電の原因問へば古ねずみ

    #48495 返信

    笑女

    笑女

    佐保姫はお菓子のように化粧して 桃
    髪をバッサリ切って二幕目 坐

    付け

    半刻をいけない人と蛍舟 笑女

    #48489 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
      空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
      へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
      牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して         桃
      髪をバッサリ切って二幕目           坐

    ○閑坐さんの原句は「ヘップパーンは髪をバッサリ」でしたが、人名(人倫=二句去)が「牛若丸」と出ており、「佐保姫」も春の神様の名前ですか、この辺り人名はもってこない方がよいと思います。「春宵の詠みあげ酒の肴とし」は「春宵一刻値千金・・」の漢詩を読み上げているのでしょうね。二句前ですが、「弔辞を諳んじ」とあり、こんなのも近いところで似たものは繰り返さないという感じでやってみましょう。

    「アニメの作画つづく永き日 芳」、京アニで被害にあった若い人たちにも、こんなのどかな時間が続くはずだったのに・・と思います。前句をアニメ作画の世界として、付いていると思います。

    「若草山を春禽の群れ しをん」、連句の付句は地の部分、文(あや)の部分といったアレンジ感をもっていると次は何がよさそうかなという見通しが立って動きやすくなります。勿論協働の創作ですので、一人でなにもかも気を揉むことはありませんが。「地」のところを書き込んで、いい目配りと思います。

    「蛙合戦果てることなし」「 カーニバル待つどよめきのなか うに」、白雪姫もやって来て、蛙たちも張り切っています。佐保姫に西洋のお祭のカーニバル唐突なようですが、それがカーニバルのカーニバルたるゆえん、このコスプレに「どよめき」なのですね。

    ではどうぞ。

    #48488 返信

    うに

    花に雪ふる昼の邂逅
    佐保姫はお菓子のように化粧して

    付け
    蛙合戦果てることなし
    カーニバル待つどよめきのなか

    #48487 返信

    しをん

     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して        桃

      付け
     若草山を春禽の群れ             しをん

    #48474 返信

    花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して        桃

    付け
    アニメの作画つづく永き日

    素晴らしい作品を夢をもって作られていた方々へ。

    その前のデジタルの句ですが表現力が無いのですみません。デジタル時計の数字全部が揃う超偶然を詠みたかったのです。勉強します。

    #48472 返信

    閑坐

    花に雪降る昼の邂逅

    佐保姫はお菓子のように化粧して

    に付け

    ヘップパーンは髪をバッサリ

    #48471 返信

    閑坐

    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ

    花に雪降る昼の邂逅

    に付け

    春宵の詠みあげ酒の肴とし

    #48466 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
      空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
      へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
      牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して        桃

    ○姫さまが淡雪の中を歩いて頭からシュガーパウダーをかぶったみたいになったのですね。「七色の夢のふくらむシャボン玉」はきらきらして、「花に雪」にちょっとうるさい感じもします。

    「「春の野を遊びつくさん暮るるまで」「亀鳴いていつまであるの持ち時間 うに」、花に雪、このような場所なら足が冷え切るまで歩いてみたいですね。のんびりした「亀鳴いて」の季語ですが、どこか焦慮、といった気分も覚えるのは、春の雪のはかなさが利いているからでしょうか。

    「デジタルのゾロ目続きてうららけし 芳」、何をして遊んでいるところでしょう。パチンコ?

    「受難節カリオン響く回廊に 上里」、前句の位をよく受けた付けだと思います。「受難節」と「打越」の「弔辞」は無常の気分が戻る気がします。上里さん、連句の長縄跳び、どんどんトライして下さい。

    「小綬鶏の声に振り向く橡原 しをん」、京都にくぬぎ原という地名があるようですが、その辺りのイメージを詠まれているのでしょうか。ちょうどよい土地の名です。しをんさん、夏風邪の予後おだいじに。

    「白川を見下ろす睫毛春づかれ  庵」、こちらも京都の白川でしょうか。前が「昼の邂逅」というときめきを言っていますから、「春づかれ」はちょっと早いかと思います。

    春の短句です。どうぞ。

    #48464 返信

    安庵

    恩師への弔辞諳んじてをり             閑坐
     花に雪降る昼の邂逅                羅

     付
    白川を見下ろす睫毛春づかれ             庵

    #48450 返信

    しをん

    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春

         付け
    小綬鶏の声に振り向く橡原         しをん

    遅くなりましたが、ウニ、治定頂き有難うございました。
    夏風邪を引いておりました。
    お捌様始め、みなさまも体調にお気をつけくださいませ。

    #48444 返信

    上里

    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ 閑坐
    花に雪降る昼の邂逅 羅

    付け

    受難節カリオン響く回廊に  上里

    お仲間に入れてくださいませ。

    #48441 返信

    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ 閑坐
    花に雪降る昼の邂逅 羅

    付け

    デジタルのゾロ目続きてうららけし

    宜しくお願いします。

    #48429 返信

    桃太郎

    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ 閑坐
    花に雪降る昼の邂逅 羅

    付け
    佐保姫はお菓子のように化粧して 桃
    七色の夢のふくらむシャボン玉 々

    #48426 返信

    うに

    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ
    花に雪ふる昼の邂逅

    付け
    春の野を遊びつくさん暮るるまで
    亀鳴いていつまであるの持ち時間

    思い込みに確信があるので、いつもドキドキです。^_^

    #48421 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
      空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
      へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
      牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春

    ○では春でどうぞ。

    #48420 返信

    雀羅

    ■  牛若丸は甲子園かも             
      恩師への弔辞諳んじてをり

    ○うにさん、そうですね。15音でしたね。かぞえ間違えておりました(^^;) 自分で足からませちゃって。閑坐さん申し訳ありませんでした。以下のようにさせて下さい。

       牛若丸は甲子園かも             
      恩師への弔辞を諳んじてをりぬ

    17音です。たまにはイレギュラーな音調も、一種の布石と言いますか、一巻の変化に寄与する時もあります。
    ときどきおおボケかましますので、遠慮無くチェック入れて下さい。

    #48416 返信

    うに

    質問です。
    一直の治定句ですが、どこで切って読んだら良いのでしょうか?
    恩師への弔辞/諳んじてをりですと8、7ですが短句。長句の場所ですので、全部で15音の破調の長句として読むべきでしょうか?

    #48408 返信

    閑坐

    治定ありがとうございます。

    直していただき、はっきりとしました。

    牛若丸
    勧進帳
    赤塚不二夫へのタモリの弔辞と想を得て

    付けました。

    #48392 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
      空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵
      へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
      牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞諳んじてをり             閑坐

    ○閑坐さんの原句は「面白い恩師の弔辞諳んじる」でしたが、「恩師への弔辞」なのか「恩師が読まれた弔辞」なのかをはっきりさせて治定句のようでどうでしょうか。「牛若丸」が平安末期からワープしてきたというのではなく、牛若丸の異名をとった高校球児と見立てると(そんな人いたかどうか思い出せませんが)、恩師はこの少年を育てた指導者となります。亡くなった恩師への誓いのことばがすなわち「弔辞」ともなります。

    この上ない蒸し暑さです。風があるので蒸し風呂の中ほどではありませんが、1時間半ほどiPodつけて汗掻いてあるくとからっぽになって爽快です。(^^)

    ではどうぞ。

    #48387 返信

    閑坐

    さわやかにキャッチボールの捕球音
    牛若丸は甲子園かも

    に付き

    面白い恩師の弔辞諳んじる

    #48384 返信

    雀羅

    ■さあどうですかね。「甲子園」まで「牛若丸」を引っ張って来て、又「今様の竜笛」に戻しますか。このまま突き抜けていった方がいいのでは・・。

    蒸し暑い。運動の不足限りなし。ウォーキングに出かけます。

    #48376 返信

    安庵

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
      牛若丸は甲子園かも             しをん

       付
    今様に竜笛の音の添いながら            庵

    #48335 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
      空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵
    へちまを下げる宗匠の路地            桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
      牛若丸は甲子園かも             しをん

    ○軽いのり、いいですね。「キャッチボール」から「甲子園」だけ見れば付き過ぎですけれど、「牛若丸」が出てきてそこを突き抜けています。

    ではどうぞ。

    #48333 返信

    しをん

     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳

       付け
     牛若丸は甲子園かも               しをん

    #48331 返信

    雀羅

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
      空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳

    ○こんなところで、いい気になってキャッチボールするなんて、とんでもないヤツ、丹精のへちまに当たったらどうしてくれる、と「宗匠」は心穏やかではありません。原句は「朝寒にキャッチボールの捕球音」。打越の「小望月」があって「朝寒」、月は景物であり時分概念とはさわらないという考え方が蕉門にはありますが、打越と似たことは付けないという連句のきまりからすると、「月」に打越の「朝」は避ける方が自然かなと思います。

    「鰯雲遊びし子等の下駄隠し 閑坐」、「子らの下駄かくして遊ぶ鰯雲」とすると少しなめらかになるかと思います。

    「声潰す稽古もありと秋の海 しをん」、となると、前句の「宗匠」は路曲師のお師匠ということですね。潮風に向かって血が出るほど声を上げて喉を潰したもんだ、わしらの頃は、とよく仰いますね。カラオケで一節太郎の「浪曲子守唄」なんかやる時は、つるつる声じゃなくてもっと声が潰れていればと思う時はあります。

    「知らぬまに引き寄せらるる万鬼祭 小石」、「路地の宗匠」、こうなるとちょっと気味わるい人に見えてきますね。

    ではどうぞ。雑の短句です。

    #48320 返信

    小石

    なで肩の影をふみふみ小望月   安庵
     へちまを下げる宗匠の路地   桃

    付け
    知らぬまに引き寄せらるる万鬼祭  小石

    #48319 返信

    しをん

    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵
    へちまを下げる宗匠の路地           桃

       付け
    声潰す稽古もありと秋の海          しをん

    #48318 返信

    閑坐

    なで肩の影をふみふみ小望月
    へちまを下げる宗匠の路地

    に付け

    鰯雲遊びし子等の下駄隠し

    #48317 返信

    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵
    へちまを下げる宗匠の路地           桃

    付け

    朝寒にキャッチボールの捕球音

    宜しくお願いします。
    「ばったを捨てぬべその幼子」、上手くおさまらないと苦心していました。こうすると良いのですね。ありがとうございます。先日読んだ本、ら抜き言葉の頁をフムフムと見ていたところでした。自分で使っていたので驚きました。(^^;

    #48312 返信

    桃太郎

    あの…笑女さんが…

    #48310 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
      空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵
    へちまを下げる宗匠の路地           桃

    ○原句は「へちまの下がる宗匠の路地」でしたが、「下がる」とすると自然のまま、治定句のようにすれば路地のしつらえに作意をこらす「宗匠」になります。なんの宗匠でしょうね。「 自然薯おろす関取の膳」、打越に「八枚切りのパン」がありますが、ちょっと食べ過ぎではないでしょうか。

    「ばった捨てれずべその幼子 芳」、らぬき言葉を使われる芳さんはお若い方なんですかね。「捨てられず」というところですが、字余りになるので、「ばったを捨てぬべその幼子」。前句と合わせるといい感じです。

    「寄席の噺の秋深まりぬ 閑坐」、短句は14音だけ、カット出来るものは極力カットします。「寄席の噺の」は「咄家」としてしまい、「急く咄家に秋の深まり」なんてすると、前句「なで肩の影」によく合うのではないでしょうか。

    安庵さん、向島の鰻屋さんで、木歩をしのんで連句、なんてのもいいでしょうね。私たちも毎月小田急線登戸の鰻屋さんの二階で連句の会がありますが、鰻は一年に一回しか出てきません。たまに鰻のかぶと焼きが酒のアテに出ますが、よろこんで食べてます。猫ですね。

    表が終わりました。神祇釈教恋無常地名人名等、そして色々楽しい仕掛け、どん/\出すことが出来ます。秋もう一句です。

    #48304 返信

    安庵

    「なで肩」の句の治定、そして富田木歩と女弟子のことをお教えくださいまして、ありがとうございます。
    木歩が体験した大水災害も含めて墨田川は氾濫が多かったようです。その隅田川沿いに現在防災団地が建っています。大水のときは団地と団地の透き間がすべて閉ざされ、洪水をくい止める巨大な防水壁になります。
    向島に「大和田」という鰻屋があり、行ったことがあります。それが木歩の縁のあるお店なのかまだ確認はしていません。

    #48303 返信

    閑坐

    八枚切りのパンは売り切れ
    なで肩の影をふみふみ小望月

    付き

    寄席の噺の秋深まりぬ

    #48296 返信

    すみません、逆でした。訂正します。

    八枚切りのパンは売り切れ           に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵

    付け
    ばった捨てれずべその幼子

    #48295 返信

    八枚切りのパンは売り切れ           に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵

    付け

    ばった捨てれず幼子のべそ

    宜しくお願いします。

    #48288 返信

    笑女

    笑女

    八枚切りのパンは売り切れ に

    なで肩の影をふみふみ小望月 安庵

    付け

    暮れゆく秋にカスバ彷徨い 笑女

    #48285 返信

    桃太郎

    八枚切りのパンは売り切れ に
    なで肩の影をふみふみ小望月 安庵

    付け
    自然薯おろす関取の膳 桃
    へちまの下がる宗匠の路地 々

    #48282 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
      空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
      八枚切りのパンは売り切れ           に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵

    ○恋句としても読まれそうな付句ですが、「なで方でんなあ」などとおかしがられながら前の人の月影を踏んで歩いている様です。この句を読んでふと思ったのは関東大震災で26歳で死んだ富田木歩のこと。木歩は墨田区向島、あるいは玉の井遊郭のあたりで暮らしていましたが、生涯にひとりだけ女弟子が出来ました。「行く年やわれにもひとり女弟子」と木歩に詠まれている女性で、石川伽羅女、近くの帽子工場で働いている若い女工さん。いきなり「木歩先生」と跳び込んで来た伽羅女(木歩が付けてあげた俳号)に、小学校も出ておらず、貧乏で、両足麻痺のため家の中も這ってしか動けない木歩は、びっくりもし、くぐもってもしまったでしょう。ゆえあって伽羅女が四国へんろに出て、巡礼の途中で果てた荷物の中から「師の影を踏みたいみんな踏みたい夕暮の」という最後の句があったことを知ります(『小説木歩』上田都史)。この句読んで、いきなり私も涙出ました。これはまさに木歩への恋文、と読み、上田氏もそのような描きかたをされています。ただ、今冷静に読むと、これはやはり、お大師様への思慕、ということだと思います。勿論、虚飾を去って、伽羅女が木歩の心に向き合おうとしていたのも間違いないのないところだったと思います。

    木歩は気の毒な人、だけれども頑張った人、という同情をもって支えられる傾向はありますが、重度の身体障害者でありながら、暗い一方ではなく、頑張りの人というより、ユーモアの人で、遊び人の父親の血を引いて、藤八拳、花札が強く、「小梅吟舎」など作って、近所の若者たち、綺麗な娘さんたちも出入りさせ、若い宗匠としてなかなかの才覚ある人だったのだなと思います。たいくつな大学出より、無修学児童木歩(義足の意)のオーラに、人は惹きつけられたのでしょうね。脇道にそれました。

    「リュウグウへ飛びたつ空にクロワッサン(三日月) うに」、米字は四花七月ですので、「クロワッサン」を月にしてしまおうという試みも面白いと思います。(三日月)なんて説明付けなくたっていいですよ。

    では秋の短句どうぞ。まだ表ですので恋句でなないものを。

    #48279 返信

    うに

    九時五時をしっかり守り窓際に
    八枚切りのパンは売り切れ

    付け
    リュウグウへ飛びたつ空にクロワッサン(三日月)

    オ6の治定ありがとうございました。うちも8枚切りです。

    #48277 返信

    安庵

    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に

    付け
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵

              

    #48270 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
      空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
      八枚切りのパンは売り切れ            に

    ○一斤のパンは4~8枚にスライスされてますが、うちで買ってくるのは8枚です。こういう些末な生活事象も布石としての付句にはたらきあります。

    「バーのマダムと昔語りの 閑坐」、前句窓際族のおじさん、アフターファイヴ充実してますね。こんな調子でいいですよ。ただ、8句終わるまでは表の内ですので、恋の句そして述懐(=昔語り)はまだ出せません。

    しをんさん、別にどうということないですよ。難しい付句に張り合いを覚える人もいます。連句は気配りが先行するとスリルが薄くなります。お好きに、思ったように、でいいと思います。

    では月をどうぞ。夏以外の他季の月でも。

    #48269 返信

    閑坐

    空気読まない派手な着信
    九時五時をしっかり守り窓際に

    付け

    バーのマダムと昔語りの

    #48267 返信

    うに

    空気読まない派手な着信
    九時五時をしっかり守り窓際に

    付け
    八枚切りのパンは売り切れ

    #48266 返信

    しをん

    次が、「月」なのに、行き届かないことで、失礼しました。しをん

    #48250 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
      空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女

    ○笑女さんはじめまして。連句ははずみでどん/\面白くしていくこともいいですが、人生のペーソスがふっと感じられるような付合いも、一巻を豊かにするものだと思います。一句の人物は、しっかり定年間際までサラリーマンを勤め上げ、淡々と窓際族をこなしている人ですね。最近は窓際族という言葉も聞きませんが、企業はもはやこんな温情主義もかなぐりすてている感じします。このおじさん(ということにしまして)にとっても、携帯は唯一世間とつながるツール、でも携帯なんかやってるところ見られるのはいやなんですね。その人に派手なマーク入りメールが届いている・・というところ。「はやぶさ2浦島を乗せリュウグウに」、道具立てが少々ごちゃごちゃしてます。サプライズニュースを伝えたいというのは分かります。

    「告白を飲み込み紅茶かき回す 安庵」、相手の派手なメールに引いているんですね。「言葉を飲み込む」とは言いますが、「告白を飲み込む」ていいますかね・・。うん、言うかな? 「告白のことばを溶かすミルクティー」などとすれば「かき回す」も見えるかと思います。

    「E.Tの月を横切るちゃりんこ 閑坐」、映画『E.T』にはこんな印象的な場面ありましたね。「ちゃりんこ」は4音です。「ち・や・り・ん・こ」と5音には数えません。こういう場合、「E.Tとぼくとで月のちゃりんこに」とすると17音です。

    「雨の日はポイント二倍幟立つ しをん」、こういう生活実感を出すのもいいですね。月も出るのに「雨の日」なんて・・という声もあるでしょうが、そんなことは後の人が苦労すれば(楽しめば)いいことです(^^)

    ではどうぞ。雑でも、夏でなければどの季でも。

    #48244 返信

    しをん

    咳払影絵の舞台整ひて              うに
      空気読まない派手な着信            芳

         付け
    雨の日はポイント二倍幟立つ           しをん

    #48243 返信

    笑女

    はじめての参加です。笑女と申します。宜しくお願い致します。

    笑女

    咳払影絵の舞台整いて に
    空気読まない派手な着信 芳

    付け
    九時五時をしっかり守り窓際に
    はやぶさ2浦島を乗せリュウグウに

    #48242 返信

    閑坐

    咳払影絵の舞台整ひて
    空気読まない派手な着信

    付け

    E.Tの月を横切るちゃりんこ

    #48240 返信

    安庵

    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信             芳

    付け
    告白を飲み込み紅茶かき回す           安庵

    #48234 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
      空気読まない派手な着信            芳

    ○いまやどんなことでもメールでのやりとりは普通になっています。付句人物は、舞台監督というより、甘やかされた、ちょっとぬるい感じの女優さんという感じします。あまりはっきり言うとヘソ曲げられて困るので、分かるに人には分かるような、そんな前句の「咳払」です。そのように鑑賞するのが正しいというわけではありません。そういうヨミを許容してくれる行間をもった付句です。付かず離れずというのはそういうタメを作ることを言います。 

    「お洒落にカット校長の髭」こういう校長先生、昔はいたように思います。

    「山折り重ね折り紙の傘 しをん」、舞台の小道具を作る人は自分たちで何でもやっちゃいますので、器用です。これも頂ける付けです。

    ではどうぞ。打越に「影絵」がありますから、出来れば月は定座(ここでは七句目)がいいですね。

    #48233 返信

    しをん

     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて               うに

    付け
     山折り重ね折り紙の傘              しをん

    #48230 返信

    ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて               うに

    付け
    お洒落にカット校長の髭

    空気読まない派手な着信

    「カセットの伸びた音源…」修復なんてカッコの良いものではないんです。好きな曲を巻き戻しばかりするせいで伸びてしまい、指で巻いてサランラップでくるんで冷蔵庫に入れてました(´∇`)復活したものもありました。お恥ずかしい。

    #48229 返信

    うに

    第三の一直治定ありがとうございます。
    また、詰めが足りませんでした。発句が旧仮名で詠まれ、こうして三句目に並べて頂くと、やはり揃えるべきでした。

    #48228 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて               うに

    ○この「咳払」は何かの合図のためにわざと咳をする「こわづくり」のことですね。今はこういう咳をするとわざとらしさだけが際だってひんしゅく買いますが、昔は「咳払いも男の法」と男子の作法の一つでした。多田道太郎の『しぐさの日本文化』にも「咳払い」の項目が入っておりましたね。第三らしい句姿だと思います。

    「山水の画の夏帯をきゅと締めて 安庵」、もうすこしスッキリ感出るといいですね。「日本画のモデルに夏の帯締めて」。

    「浮きながめ憂き身を思う夜の釣り 閑坐」、連句は表のうち(今回は八句まで)は人生をしみじみと顧みる「述懐」は出さないことになっています。初めからこれが出ると湿っぽくなるってことでしょうね。「夜の海あおむけに寝てあそぶらん」とやれば楽しくなります。

    「素泊りのリュック三和土に転がして しをん」、「三和土」のある宿とはずいぶん古風ですね。「素泊りのリュック枕にほどよくて」くらいでしょうか。

    「カセットの伸びた音源補修して 芳」、こんなことも出来るのですね。「上空の機体へ母娘手を振りて 芳」、ちょっとごちゃごちゃした言い方になってますから、「飛行機の去りたる空に手を挙げて」くらいでいいかと思います。

    次は雑で七七です。四句目は軽く付けます。

    #48216 返信

    うに

    風鈴を見てゐる猫の夕かな
    ほたるぶくろに灯入る頃

    付け
    咳払い影絵の舞台整いて

    #48214 返信

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯入る頃            雀羅

    付け
    カセットの伸びた音源補修して 芳

    上空の機体へ母娘手を振りて 芳

    発句見ていただきありがとうございました。

    #48213 返信

    しをん

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯入る頃            雀羅

        付け
    素泊りのリュック三和土に転がして        しをん

    発句候補全句に懇切な講評を頂きありがとうございました。納得することばかりでした。

    #48211 返信

    閑坐

    風鈴を見ている猫の夕かな
    ほたるぶくろに灯入る頃

    付け

    浮きながめ憂き身を思う夜の釣り

    #48205 返信

    安庵

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯入る頃            雀羅

    付け
    山水の画の夏帯をきゅと締めて          安庵

    #48198 返信

    桃太郎

    発句、一直治定ありがとうございました。
    確かに「猫の見てゐる」と「見てゐる猫の」では句の深さが違います。
    句を考えるだけでなく、推敲が大切なんですね。
    又新しい勉強の場が始まりました。
    米字の満尾楽しみです。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    #48197 返信

    雀羅

    ■頂きました発句、拝見します。

    ①結葉の触れて離れて風笑ふ      桃太郎
    ②風鈴を猫の見てゐる夕かな       〃
    ③夕星や乾きて軽き小判草        〃
    ④卒婚を決めかねている梅雨の雷    安庵
    ⑤我が鉾と法被を纏ひ鉾の辻       閑坐
    ⑥梅雨明けに耳飾り付け鉾の辻      〃
    ⑦板垣にやっさもっさの梅雨きのこ   うに
    ⑧まれびとの沓を揃へん虹二重     〃
    ⑨七百余の枇杷が採れたと嫁の来る  しをん
    ⑩梅雨寒や躊躇ひがちにインタホン   〃
    ⑪底紅の雨後の雫や全宇宙       〃
    ⑫山鉾やゴブラン織の女神達      安庵
    ⑬水彩の色と戯れ明易し         芳
    ⑭貸し切りのバス賑かに青時雨      〃

    ①「結葉」は「むすびば」と読み、葉が重なって結ばれたようになること。風の戯れにマッチする句材。

    ②もののあはれを解する猫さんのようです。語順を変え「風鈴を見てゐる猫の夕かな」とすると、半ば迄は人の眼差しで、最後で猫の視線に転調し、軽く意表を突く形になります。       」

    ③「夕星」は「ゆうづつ」と読ませるとはっきり「宵の明星」になりますね。「乾きて軽き」は同義反復ですので、「夕星や乾きて風の小判草」でいいのではないでしょうか。

    ④俳句では一句の主人公は我という読まれかたしますので、心配性の捌きはちょっと気になりましたが、「卒婚」にもいろんな意味があるのだということのようで安心しました。私なら、「卒婚の定義や如何に梅雨の雷」なんて。

    ⑤閑坐さんは京都にお住まいとのこと、祇園会での挨拶ですね。沢山の山鉾が出ますが、「我が鉾」というのは担当の鉾があるということですね。一昨年、世話してくれる方があって動き出す前の月鉾の山車の上に乗せて貰いました。

    ⑥ここは切字を使った方発句の力が出ます。「梅雨明や耳飾りして鉾の辻」。こまかく言えば「梅雨明」と「鉾」の季重りのギャップが気になりますが。

    ⑦梅雨茸の生える様を「やっさもっさ」とするゆさぶり、いいですね。上五の「板垣に」はあっさり場面の説明で、ここもう少しありそうです。

    ⑧いい感じですね。発句に食指動きます。

    ⑨「七百余の枇杷」という具体性が利いています。「採れたと嫁の来る」がちょっと散文調ですので、「嫁の手に弾ける枇杷の七百余」とすれば、うちのおよめさんスゴイねという感じで、みんなハッピー。

    ⑩「躊躇ひがちにインタホン」の繊細な感じもうまく伝わらない感じ。逆に、「梅雨寒や思ひ切り鳴るインタフォン」とすると、こちらではためらいがちに押しても向こうではハデに鳴っているおかしみを取れます。高齢者が多くなった住宅地はそんな感じ。

    ⑪「雨の滴」と「全宇宙」の対比を感じさせる場面ですが、どの部分にこの発見があるのか・・。

    ⑫山鉾に鎮座するもろもろの神様の中には女神もいらしゃると思いますので、立派な布を使ってあると思いますが、「ゴブラン織」ということもあるのでしょうか。こういう込み入ったところになると捌きはお手上げです。

    ⑬明け方、東の空の縹色を眺めているとときめきますが、「水彩の色と戯れ」ということなのかと、しみじみ。

    ⑭「青時雨」というのは「青葉時雨」と同じで、街路樹等の葉に溜まった雨が、外を通る人にぱらぱら降ってくることで、雨上がりの晴天の現象。たまにありますね、こんなこと。こちらのバスも発車、楽しい旅が出来ますように。

    ♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
     
    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯入る頃            雀羅

    ○「米字」という形式については『十七季』のp551に出てますのでご覧下さい。

    ではどうぞ。

    #48195 返信

    すみません。じゃあもうひとついいですか。

    貸し切りのバス賑かに青時雨

    先ほどのは自の句でしたので。

    #48194 返信

    雀羅

    ■芳さん、大丈夫です。今から選ばせて頂きます。脇を付けますので、そうしたらスタートです。

    #48193 返信

    今回も宜しくお願い致します。
    発句が出来なくて完全に遅刻です。何とか出来たので。
    ちょっとだけ書かせてください。

    水彩の色と戯れ明易し 芳

    #48190 返信

    安庵

    再度発句を送らせていただきます。

    山鉾やゴブラン織の女神達

    よろしくお願いします。

    #48181 返信

    しをん

    今回も参加させて頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

    発句候補

    七百余の枇杷が採れたと嫁の来る       しをん

    梅雨寒や躊躇ひがちにインタホン        仝

    底紅の雨後の雫や全宇宙            仝 

    #48161 返信

    うに

    すみません、前便早まりました、、。取り下げます。

    板垣にやっさもっさの梅雨きのこ

    まれびとの沓を揃へん虹二重

    よろしくお願いします。

    #48135 返信

    閑坐

    今回の連句も最後まで参加したいと思います。

    発句を送らしてもらいます。

    ◎我が鉾と法被を纏ひ鉾の辻 閑坐

    ◎梅雨明けに耳飾り付け鉾の辻 閑坐

    私は、京都在住ですので、祇園祭の句を出しました。

    #48094 返信

    うに

    発句のエントリーよろしくお願いします。

    鉢中にインスタレーション(空間芸術)梅雨菌

    #48079 返信

    安庵

    発句送らせていただきます。

    卒婚を決めかねている梅雨の雷

    よろしくお願いいたします。

    #48078 返信

    桃太郎

    次が始まるのを楽しみにしていました。
    そして米字。初めてです。
    発句送らせていただきます。
    よろしくお願いいたします。

    ◎結葉の触れて離れて風笑ふ 桃太郎
    ◎風鈴を猫の見てゐる夕かな 々
    ◎夕星や乾きて軽き小判草 々

    #48072 返信

    雀羅

    ■ではそろそろ・・

    たけをさん、お応え頂き有り難うございます。「新たなインターネット連句」、たのしみにしています。

    連句付合いをして下さってい皆様には率直なご感想を有り難うございます。閑坐さんの「連句が好きになりました」、この言葉、嬉しいですね。捌き冥利に尽きます。

    新しいインターネット連句の動きが出るまでにはもう暫くお時間頂けそうですので、もう少し旅をしましょうか。連句についてのいろんな確かめをしながら、連句の中での“跳び方”の練習が出来ればと思います。

    今度は、名前もめでたい「米字(よねじ)」というものやってみましょうか。一見百韻に似てますが、百韻が八と十四の繰り返しだったのに対してこちらは八と十二の繰り返しです。四折あること、四花七月という点では百韻と同じです。

    今度は皆様から発句を頂き、私が脇を付けまして、それでスタートです。7/13(土)の午前零時締め切りと致します。どうぞ遠慮無くお出し下さい。俳句、でもよいのです。

    #48046 返信

    山中たけを

    佛渕雀羅さま

    前任のサイト管理者松澤龍一さまからはじまったインターネット連句ですが、十巻にわたるお捌きをありがとうございました。佛渕雀羅さまの情熱に支えられて多くの皆様に連句の深さと楽しさを感じていただけたことと思います。私自身も大変勉強になりました。

    インターネット連句にご参加のみなさま

    ご参加をありがとうございました。
    新たなインターネット連句は、準備ができましたらこちらと日本連句協会ツイッターアカウント(https://twitter.com/renku_kyoka)にて周知いたします。今しばらくお待ちくださいまいませ。

    当サイトは今後、初心者でも参加できる連句会の情報や、募吟情報、連句連載などを充実させていきます。これからも日本連句協会公式サイトとインターネット連句をよろしくお願いいたします。

    山中たけを
    info@renku-kyokai.net

    #48043 返信

    しをん

    歌仙「紙舟に」の巻、満尾おめでとうございます。
    連衆に加えて頂きましてありがとうございました。
    最初は躊躇いながら付けを送っていましたが、懇切丁寧な解説に納得。次への励みになりました。
    次回の航海にも楽しみにお待ちしています。

                           しをん

    #48036 返信

    閑坐

    歌仙「紙舟に」の巻、満尾おめでとうございます。

    まだ、連句のなんたるかもわからぬまま、投句してました。句に対する丁寧なご意見ありがとうございました。
    連句が好きになりました。

    また、場の一員に加えてください。
    皆さん、ありがとうございます。

100件の返信を表示中 - 501 - 600件目 (全2,425件中)