返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#33223
雀羅
ゲスト

■⑨歌仙「頭上より」ウ11治定     2018.12.3 起首
〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆

頭上より普化の鈴鳴る師走かな           雀羅
 温糟粥の煮ゆる次の間             和嘉子
著者近影思いのほかによく撮れて           桃
 トラックの爺小銭数える            すいか
空腹を月に覚えて歩き出す             小波
 あきつつんつん群なした土手           柳下

うそ寒の江口の君の歌碑に佇つ           麦子
 スーパースター黒眼鏡かけ             桃
流行のルビーの指輪ネットペイ           か
  戒めとする蝉の抜殻               嘉
飛ばないと決めた歩みにはたた神          波
 古城ホテルの天鵞縅の椅子            桃
難題に狐狗狸さんを呼び出して           羅
 お昼ご飯はかけそばがよい             麦
張込みの刑事(でか)に睡魔がしのび寄り      小石
 袋小路に並ぶ雪洞                桃
下駄の鈴からから歌ふ花を撒く           か

○下駄は下駄でも少女用のぽっくりですね。中をくりぬいて鈴が入ってるのありますね。

桃さん、袋小路にぼんぼりが並ぶかなあという感じがあって、「せつどう=かまくら」という読みになったのでした。こんな場所(それこそ、ヌケラレマセン、ですが)のぼんぼりなら「袋小路にゆれるぼんぼり」と単体で置きたい感じですが、どうでしょうか。刑事が雪国まで来ている形です。

花前の冬にさてどうなるかと思いましたが、今度は「ぼんぼり」で読むと、鈴の鳴るぽっくり、そして花と、お蔭様で見立て替えがうまく行きますね。前に付いた時は「かまくら」、付けられた時は「ぼんぼり」。

言い出しにくいなんておっしゃらず、何でもお書き下さい。捌きのメンツなんかより、発見・気づきの歓びが遙かに上だと思って関わっていますので(^^)

ではどうぞ。春の短句です。
   

0