ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#40221 返信

雀羅

■⑩歌仙「春立つや」ウ12         2019.2.4  起首
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

春立つや先づ拾ひ食ふ昨夜(きぞ)の豆           雀羅
 雀の混じる淡雪の庭                 小波
若駒の和毛に遊ぶ風の出て               安庵
 もよう替えする姉を手伝う              小石
いざよいに帰宅の刻を促され               鈴代
 新酒の酔いも加減宜しく               和嘉子

秋蝶は追われ五浦の海に消ゆ               庵
 寵愛を捨て美声持つ夢                麦子
マエストロの赤い靴下まなうらに             うに
 くさい葉巻を厭ふ家政婦                羅
雨期となるカリブに浮かぶ島の旗             嘉
 ネット切断ラジオ頼りに                に 
もち搗きの音をかなたの日曜日              羅
 頭蓋骨から顔を復元                  石
バルテュスの描く少女を笑う猫              庵
 テニスコートに春月の出て               嘉
駆け引きは花の中なる蚤の市               に
 しゃぼん玉来る峰打ちをする              羅
ナオ
ケバブ削ぐ刃物を研いでいるおとと            に

○「同じ場面が続くか」ですが、そうですね。原句「おとうとはケバブ屋台で肉を削ぐ」ですと、打越の「蚤の市」の戸外の喧騒の中の点景です。「ケバブ削ぐ刃物を研いでいる」とすれば室内での作業にも見え、人混みに関係なくなります。座頭市ファンの弟は、風にのって入り込んできたしゃぼん玉に、ケバブ用の包丁を一閃させるのですね。

花の句、「下」のほうが焦点が絞られるような気がしました、、、?ですが、その通りだと思います。「花の下」ですと
場所が限定されます。「花の中」ですと何もかもが花の明るい雰囲気に包まれます。ここは「花の中」とした方がいろんなもの取りこめる前句になっていいのではないでしょうか。

どうぞ。