ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#41249 返信

雀羅

■⑩歌仙「春立つや」ナオ9治定       2019.2.4  起首
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

春立つや先づ拾ひ食ふ昨夜(きぞ)の豆           雀羅
 雀の混じる淡雪の庭                 小波
若駒の和毛に遊ぶ風の出て               安庵
 もよう替えする姉を手伝う              小石
いざよいに帰宅の刻を促され               鈴代
 新酒の酔いも加減宜しく               和嘉子

秋蝶は追われ五浦の海に消ゆ               庵
 寵愛を捨て美声持つ夢                麦子
マエストロの赤い靴下まなうらに             うに
 くさい葉巻を厭ふ家政婦                羅
雨期となるカリブに浮かぶ島の旗             嘉
 ネット切断ラジオ頼りに                に 
もち搗きの音をかなたの日曜日              羅
 頭蓋骨から顔を復元                  石
バルテュスの描く少女を笑う猫              庵
 テニスコートに出づる春月               嘉
駆け引きは花の中なる蚤の市               に
 しゃぼん玉来る峰打ちをする              羅
ナオ
ケバブ削ぐ刃物を研いでいるおとと            に
 同じ名前の墓多き村                  庵
音曲のたけなわとなり秋祭                嘉
 ちちろを乗せた銀河鉄道              あげは
きらきらと月に抱かれて待つ子ども            波
 児相の闇に氷柱太りつ                 羅
食パンを焼きながら聞くもがり笛             庵
 売ったピアノは日本海越え               麦
壁紙は幾何学模様だけになり               は

○あげはさんの原句は「壁紙の幾何学模様なぞりいて」でしたが、打越句の視点は「焼きながら聞く」で「自の句」、そしてこちらも「模様なぞりいて」で「自の句」。付句が打越にもどらないようにと言うとき、一句の主体が自か他か自他半かあるいは人物のいない場の句か、ということも変化の法として有効な手だてです。よく転じている付句は結果としておおむね自他場もクリアーしているものですので、ここでこのことを余り言って来ていませんが、要所/\ではお話するつもりです。治定句のようにしますと、打越の自に対して場の句となり、場面や趣きが変わります。ご意見遠慮無く仰って下さい。

幾何学模様の壁紙と言えば、昔精神病理学の霜山徳爾先生のおっしゃっていた「テロール・ヴァクイ」という言葉を思い出します。学生時代の読書なのでうろおぼえです。真空の恐怖とでも言うのでしょうか。まっさらものが怖い、どこもかしこも図形・絵柄で埋め尽くしたい・・、そんな衝動をいう言葉だったと思います。ぼけっとできないそんな部屋の方が落ち着かないヨ、という人の方がおおいでしょうね。

ではどうぞ。雑でも秋でも。