ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#45962 返信

雀羅

■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

百韻「日月は」         2019.4.16 起首

日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
 雀の子らの集う軒先              古柏
春の朝川柳欄を食卓に             不映
 上司と似た名いつも見つける          芳
潮の香の導く先に海と空            村宅
 丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
 萩散る庵に残る足跡              優

銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
 皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
 あの石巻に似たる青空            竜馬
転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
  みそっ歯の児の笑顔満開          小石
外つ国の言語行き交う先斗町           宅
 脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
  ニッカボッカのキタにはためく         さ
いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
  足らぬ食材思うまなざし          うに
菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
 こちにかしらを上げる老犬           柏
二オ
公園に似顔絵画きの春火桶            庵
 明確にせぬ恋の行方は            宅
会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
 着信通知見てはため息            香
腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
 タラップ降りる頬に秋風            に
カンナ咲く故郷へ向かふ定期船          映
  良夜を破るロックンロール           々 月・秋
花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
  新入生の列を見守り             芳
目借時竿竹売りのこえとおく           さ
  結露は垂れて文字となりける         五

○五帳面さんの原句は「溜まり夜露は文字となりける」でしたが、「夜露」は秋の季語で、三句前に「良夜(秋)」があり、秋は五句離れていないと出せないというきまりがありますので、ここは季のない「結露」として治定句のようにさせて頂きました。ガラス面の結露がつーーっと垂れて女文字のように見える時ありますね。捌きの一直案は押しつけではありませんから、「う~ん気にくわない」ということありましたら遠慮無くあとでひっくり返しても構いません。一緒に考えましょう。

「呼出奴は扇差し上ぐ うに」、大相撲の呼び出しさんのことですね。前句の「目借時」でずいぶんのどかな取り組みに見えます。「扇(扇子)」は舞や茶席・儀式でも用い通年のものですが、涼を生む道具として使われるときだけ夏の季語です。呼び出しさんの扇は夏にはなりません。大打越の「花道」に相撲が気になると言えばいえますね。

お次をどうぞ。