ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#45971 返信

雀羅

■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

百韻「日月は」         2019.4.16 起首

日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
 雀の子らの集う軒先              古柏
春の朝川柳欄を食卓に             不映
 上司と似た名いつも見つける          芳
潮の香の導く先に海と空            村宅
 丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
 萩散る庵に残る足跡              優

銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
 皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
 あの石巻に似たる青空            竜馬
転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
  みそっ歯の児の笑顔満開          小石
外つ国の言語行き交う先斗町           宅
 脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
  ニッカボッカのキタにはためく         さ
いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
  足らぬ食材思うまなざし          うに
菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
 こちにかしらを上げる老犬           柏
二オ
公園に似顔絵画きの春火桶            庵
 明確にせぬ恋の行方は            宅
会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
 着信通知見てはため息            香
腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
 タラップ降りる頬に秋風            に
カンナ咲く故郷へ向かふ定期船          映
  良夜を破るロックンロール           々 月・秋
花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
  新入生の列を見守り             芳
目借時竿竹売りのこえとおく           さ
結露は垂れて文字となりける          五
足元の大きな鼠おいはらい          芳
  遅しといいてアミダ振向く 庵
二ウ

○芳さんの「大きな鼠」句は離れすぎではということで却下したつもりでしたが、安庵さんこれに付けちゃったんですね。
でもこうやって並べてみると、却下しないでもよかったんじゃないか・・とも思え、付合いの流れの中に置かせて頂きます。捌きが「よし/\」と頷く句だけでなく、「これちょっと・・」と首かしげるような付けでも、思いの外いい働きをする句もあり、私の仕切りだけにまかせず、一巻の求める流れに添わせる、といった託しかたもあるような気がしてきました。安庵さんの偶然の動きがそれを引き出した感じです。連句もまたハプニング劇ですね。「なんていい加減な・・」と思われるかも知れませんが、きっちりと張らないゆるゆるモードも大事だなあと思いました。

安庵さんの付けは、「見返り阿弥陀」ということですね。

次は夏でどうぞ。