ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#46022 返信

雀羅

■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

百韻「日月は」         2019.4.16 起首

日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
 雀の子らの集う軒先              古柏
春の朝川柳欄を食卓に             不映
 上司と似た名いつも見つける          芳
潮の香の導く先に海と空            村宅
 丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
 萩散る庵に残る足跡              優

銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
 皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
 あの石巻に似たる青空            竜馬
転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
  みそっ歯の児の笑顔満開          小石
外つ国の言語行き交う先斗町           宅
 脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
  ニッカボッカのキタにはためく         さ
いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
  足らぬ食材思うまなざし          うに
菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
 こちにかしらを上げる老犬           柏
二オ
公園に似顔絵画きの春火桶            庵
 明確にせぬ恋の行方は            宅
会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
 着信通知見てはため息            香
腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
 タラップ降りる頬に秋風           に
カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
  良夜を破るロックンロール           々 月・秋
花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
  新入生の列を見守り            芳
目借時竿竹売りのこえとおく          さ
  あめのしづくのもぢとなりける        五
足元の大きな鼠おいはらい            芳
  遅しといひてアミダ振向く 庵
二ウ
かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
  生れし浦磯出でぬわれから         に
君とゆく観月橋に蝉の声            五

○五帳面さんの元句又お直しの句は「蝉声と君と歩いた観月橋」「流るまま空映しゆく観月橋」、「観月橋」で月の句に採れます。「蝉」は夏の季語ですが(ここは秋の月を詠まないといけないところ)、秋になっても鳴いている蝉はいますし、季節外れに鳴く蝉と前句の生まれた海を出たことのない狭い世界しか知らない「われから」とはよくからむと思います。人物が入り恋の句になったのもよかったです。直された「流るるまま」句の方は、景の句で、打越も人物のいない(人情句といいます)句で、ここは人物をそのままに、治定句のように頂きます。

芳さん、「願いのままに動くコンパス」残念でした。ヨットに方位磁石は必須ですが、「願いのままに動く」とは面白い言葉です。この奇妙さを無理と感じるか、使えると思うか、それは流れの中でしか決められないようです。どうぞ「願いのままに動くコンパス」を駆使して連句という海を冒険して下さい。

もう一句秋です。