ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#46065 返信

雀羅

■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

百韻「日月は」         2019.4.16 起首

日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅 花・春
 雀の子らの集う軒先              古柏
春の朝川柳欄を食卓に             不映
 上司と似た名いつも見つける          芳
潮の香の導く先に海と空            村宅
 丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
 萩散る庵に残る足跡              優

銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
 皿洗いつゝ下の名で呼ぶ            さ
愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
 あの石巻に似たる青空            竜馬
転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
  みそっ歯の児の笑顔満開          小石
外つ国の言語行き交う先斗町           宅
 脱出ゲーム知恵を出しあい           芳
包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
  ニッカボッカのキタにはためく         さ
いっぷくに背ナを丸める暮の月           芳  月・冬
  足らぬ食材思うまなざし          うに
菓子工場跡地の草のかぐわしき          さ
 こちにかしらを上げる老犬           柏
二オ
公園に似顔絵画きの春火桶            庵
 明確にせぬ恋の行方は            宅
会いたいと思う気持ちがくやしくて       芳
 着信通知見てはため息            香
腰折れの気配は仮想通貨にも          羅 
 タラップ降りる頬に秋風           に
カンナ咲く故郷へ向かふ定期船         映
  良夜を破るロックンロール           々 月・秋
花道の先にかすんでいる希林          羅 花・春 
  新入生の列を見守り            芳
目借時竿竹売りのこえとおく          さ
  あめのしづくのもぢとなりける        五
足元の大きな鼠おいはらい            芳
  遅しといひてアミダ振向く 庵
二ウ
かゞやける沖に傾きヨットの帆         さ
  生れし浦磯出でぬわれから           に
君とゆく観月橋に蝉の声             五 月・秋
 転びたる妹(いも)負うて花野へ        庵
すさまじき指ロザリオの珠を繰り        さ
 足に履かせる古いそろばん          芳
駆け出して丘を走って未来へと         五
 カスタネットがいやだった頃         雀
受付のPepperくんが指す夕立         さ
俺は塩顔うん多分そう           五

○五帳面さん、連句では直接話法と間接話法を区別せず表記しますので「 」はなるべく付けない方がよいです。「その先と言う」は「その先を言う」の書き間違いでした。例えば、「急いで作る味噌汁の味」という前句があったとしまして、「じゃがいもの堅いところをほめる夫」といった付け方を言います(いやみなダンナさん)。その先は/\といった伸ばし方をして行くことで、仰る「転調」がなく読まされる方は退屈になるのです。連句には適度な「?」が必要です。といって過度な「???」ではこれ又付いていけなくなります。お仲間との連句で捌きもなさって、このアレンジの妙を楽しんでみられるのもいいと思います。

会ったこともない人と、こうしたネット文音(ぶんいん)で浅くも深くも交流出来る連句というのは不思議な文芸ですね。連句の知恵に添って進んでいけばいきなりの大げんかというようなことは起きないようになっています。とはいえ、議論はけんかではありませんので、いろんなやりとりで課題が発掘出来るといいなと思います。

うにさん、「ダメな川柳」ということば、川柳の人がみていられたら「・・・」です(^^) 連句の発句は俳句に転進しますが、それ以外の平句すべてのはたらきを引き受けるのが川柳と思っています。川柳の豊壌を語らずして付句上達の道はないとさえ秘かに思っています(もう言ってしまいましたが)。川柳の方も名告りを上げて下さるといいのですが。

どうぞ。雑(ぞう=無季)で五七五です。