返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#47175
雀羅
ゲスト

■~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
歌仙「紙舟に」      2019.6.1 起首    【5時~6時治定】

紙舟に風待月の潮路かな          雀羅
 橋の彼方にはまなすの島         桃太郎
ふる里の夢を青磁に染め付けて       芳
 薪棚を薪いっぱいにする         うに
女子寮の語らひさやに十三夜        しをん  月・秋
 藻に住む虫の立てる聞き耳        優

この時と韋駄天走り茸番          芳
  穴あき銭を鳴らす親分          千百
寅年に猫を預けるめいわくさ        羅
 星占いで相性を決め            桃
献血が趣味だと笑う人といる        ゆかり
 ポイントカードで財布ぱんぱん       に
ぴかぴかのビリケンさんに頬ずりす      庵

○通天閣の何階でしたっけ、いらっしゃいますね。苦手なタイプの神さんです。足の裏を触ってあげればいいことあるといいますが、どんな御利益あるんでしたっけ。おアシが溜まる? 「頬ずり」までするというのは相当入れ込んでます。前句、私のヘン解を移してしまいましたね。

「終電の駅員やたら手を振って」「入学の準備整う子供部屋 芳」、ぱんぱんの財布の忘れ物に気付いた駅員さんですね。「子どもの入学準備」には相当なかかりがる、という付けですね。

「も一つのわたしというかQRコード」「草餅を売る子見初めて通いつめ しをん」、「QRコード」句、こういう破調もまた付味を出します。こういう味も大事にしたいです。私が自分の俳諧師匠から受けたテーマは、「現代連句の課題の一つは新しい付味の発見」、これです。「草餅」句、どれだけ草餅を食べることになるのでしょう。ほっぺ肉ぱんぱんになってしまいますね。

そろそろ季節の言葉もどうぞ。

0