返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#47443
雀羅
ゲスト

■~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
歌仙「紙舟に」      2019.6.1 起首    【5時~6時治定】

紙舟に風待月の潮路かな          雀羅
 橋の彼方にはまなすの島         桃太郎
ふる里の夢を青磁に染め付けて       芳
 薪棚を薪いっぱいにする         うに
女子寮の語らひさやに十三夜        しをん  月・秋
 藻に住む虫の立てる聞き耳        優

この時と韋駄天走り茸番          芳
  穴あき銭を鳴らす親分          千百
寅年に猫を預けるめいわくさ        羅
 星占いで相性を決め            桃
献血が趣味だと笑う人といる        ゆかり
 ポイントカードで財布ぱんぱん       に
ぴかぴかのビリケンさんに頬ずりす      庵
  大綿虫のとんでくる頃          小石
月の道もどれば紅葉鍋が待ち         桃  月・冬
  杜氏の嫁の好きな舟唄           庵
凪いでなほ丹波の里に花降らせ に
  はるの憂いに染まる極楽         百
ナオ
重箱に草餅を詰め野点傘           に
 若芝の庭午後の日矢受け          を
高校のビブリオバトル接戦に         芳

○芳さんの原句は「白熱のビブリオバトル接戦に」ですが、「白熱」と「接戦」はかぶりますので、「誰の」を補い治定句のようでどうでしょうか。「ビブリオバトル」は知的書評合戦と訳しているネットもありますが、短時間で本の紹介をし合い、最後に誰の紹介したものを読みたくなったかと競う競技というものらしいです。面白そうですね。前句にある「日矢」の「矢」がもっているアグレッシヴなイメージが潜在意識を刺激した付句か、と想像しました。「おむつ手にハイハイの児を追いかけて」は前句に「前芝」なのでこんなこともありそうですが、「ハイハイ」の子なら「追いかけて」まで言わなくても。

「白ねこが片目つむって行き過ぎる」「指折って会える日を待つお下げ髪」「例えればハシビロコウのような人 桃」、
沖田総司は死ぬ前猫を見る(幻視?)場面があったと思いますが、モテ男総司なら白猫(遊女の意もあります)もウインクしそうです。「お下げ髪」は可愛らしい(過ぎる)。前句の「矢」は「クピドの矢」か。「ハシビロコウのような人」、ふりむいたらこんな感じの人、ちょっとびっくりするかも知れませんね。この辺りでぐいいっと揺さぶってみよかという付心かと思います。

「女王蜂引越し先へ低くとび  庵」、少し前にも虫は出ていて春五句になりましたが、式目の上では問題ないです。いい句だと思います。

「かなへびの腹で息する池の端 うに」、一句の仕立てもすっきりし、「かなへび(蜥蜴)」の腹が動いているところに焦点をあて、引き締まった付けです。夏への季移りです。いつも雑の句をサンドイッチのように挟んで進行するというのではなく、こうした季移りも積極的に活用したいですね。

ではどうぞ。

0