返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#47515
雀羅
ゲスト

■~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
歌仙「紙舟に」      2019.6.1 起首    【5時~6時治定】

紙舟に風待月の潮路かな          雀羅
 橋の彼方にはまなすの島         桃太郎
ふる里の夢を青磁に染め付けて       芳
 薪棚を薪いっぱいにする         うに
女子寮の語らひさやに十三夜        しをん  月・秋
 藻に住む虫の立てる聞き耳        優

この時と韋駄天走り茸番          芳
  穴あき銭を鳴らす親分          千百
寅年に猫を預けるめいわくさ        羅
 星占いで相性を決め            桃
献血が趣味だと笑う人といる        ゆかり
 ポイントカードで財布ぱんぱん       に
ぴかぴかのビリケンさんに頬ずりす      庵
  大綿虫のとんでくる頃          小石
月の道もどれば紅葉鍋が待ち         桃  月・冬
  杜氏の嫁の好きな舟唄           庵
凪いでなほ丹波の里に花降らせ        に 花・春
  はるの憂いに染まる極楽         百
ナオ
重箱に草餅を詰め野点傘           に
 若芝の庭午後の日矢受け          を
高校のビブリオバトル接戦に          芳
 親子喧嘩の出来る家族も         閑坐
泣かせてよ目薬入れただけだから 桃
 剃り跡青きゲイに朝蜘蛛          羅

○付けさせて頂きます。「泣かせてよ」からシャンソンの「聞かせてよ愛の言葉を」を思いました。ウ10に「舟唄」とあるので「シャンソン」の語をそのまま使うのを止めました。そうしたら「剃り跡青きゲイ・・」などと繋がっていきました。
前句のちょっといらついた、我が儘な調子からこんな人物像が浮かびました。気持ちのこまやかな人は(ゲイの人に限りませんが)、小さな虫を見ただけで動揺するということありますね。殊に蜘蛛については縁起がいいとか悪いとか、朝みたらどうだ夜だと不吉だとか、色々言われます。「古今集」に「わが背子がくべきよひなりささがにの蜘蛛のふるまひかねてしるしも」と衣通姫(そとほりひめ)が恋しい允恭天皇を待つ場面の蜘蛛は、恋人の訪れを教えてくれる蜘蛛で、蜘蛛は不吉なばかりではありません。こんなことを言って上げたら「剃り跡青きゲイ」も機嫌を直すのかも知れませんね。

「脚上げてチアリーダーのマリアンヌ」「 抱き合って奈落へおちる初舞台」、両句、ちょっと動きがにぎやかですね。一句としてではなくて、三句の渡りとしてですが、昔は「付肌が荒い」などという言い方をする先達もおられました。

「アロハシャツ揃いで詣る天神さま」「イクメンの哀愁乗せし走り梅雨 千百」、下六ですから、鉋がけはきちっとこぐちを揃えたいです。「天神に揃いで詣るアロハシャツ」。「イクメン」なんて言葉は使いたくないという気持ちはありますが、これも現代の俳言であり、言葉そのものをにくんではいけないので、使いようによっては生きますね。一句としてもよく出来ている句です。

「AIと未来を学ぶ秋の夜 しをん」、いろいろなからみを切って遣り句にしているのが働きですね。新しいです。

「夕焼けの肩を寄りそう昔語り 閑坐」、たたかい済んで日が暮れて、というほっとした感じがいいですね。

「宮神輿さき棒とるは家の人 庵」、お祭り、神輿掻きとなれば、一家でも張り合うこと出てくるんでしょうね。打越の「ビブリオバトル接戦に」という辺りからちょっと緊迫感が続いていて、この感じをハズれるよいいかなと思います。

ではお次をどうぞ。

0