返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#49046
雀羅
ゲスト

■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
 
風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
 ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
咳払影絵の舞台整ひて              うに
 空気読まない派手な着信            芳
九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
 八枚切りのパンは売り切れ            に
なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
 へちまを下げる宗匠の路地             桃

さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
 牛若丸は甲子園かも             しをん
恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
 花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
 髪をバッサリ切って卒業              坐
半刻をいけない人と蛍舟               女
 夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
ペン先のインク固まる文机              芳
 金運上げる風水に凝り               桃
あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
石垣崩すガジュマルの木は            上里
二オ
床の間に人形をおく初景色              羅
 膳のさびしき雨の正月              庵
おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
 目覚めた猫の手足のびやか            小石
くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
 今は昔の孟母三遷                を
針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
  夕べの虹をひとは見届け             に
端とはじ耳にあてれば水の音             庵
 湖畔と犬と若き女性と              坐
明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
 ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
露寒の故郷に住む人のこと              桃

○郷愁を誘う前句の情景に、ふるさとを思います。七名で言えば「起情の付」、八体で言えば「観相」
で付けたことになります。「卵かけご飯の幟秋風に」、こんなのウリにする一膳飯屋(ふるい言葉だ)
の幟、ありそうですね。こういうディテールを付句に引っ張ってくるのは桃太郎さん上手ですね。
「 笑い茸食べしごとくにギャルの群」、駅にこんなギャルたちが集まっているのですね。がちゃ/\
のように賑やか。

「温め酒二人の肩の触れ合わず 庵」、「温め酒」(ぬくめざけ・あたためざけ)というのはちょっと
厄介な季語で、『十七季』では「重陽(ちょうよう)[晩秋・行事]に入っています。九月九日、重陽の
節句の日に「菊の酒」を飲むと長寿を授かると言われています。「温め酒」は「菊酒」と全く同じでは
ありませんが、「九月九日の重陽の日から、暖めた酒を飲めば病を得ず」、又、「世俗の重陽より温酒
を用いる也」と『滑稽雑談』にあります。そういうことで「重陽」の同類に入れてあります。まぎらわ
しいのに「ぬる燗」という言葉があります。「熱燗」は冬の季語ですが、それの「ぬる燗」。これは
「温め酒」と同列には論じられません。そんなわけですから、安庵さんの句は、「ひや酒や二人の肩の
触れ合わず」、なんて、俳句にして仕舞えば、それも又佳きかな、です。ちなみに、私は夏でも熱燗た
のみます。

「人混みの夜霧にかすか酒の息 芳」、打越の「月」に夜分と天相ダブルでありますので、これは避け
たいと思います。「宣伝のさまざまな色すて(捨)団扇 芳」、駅のホームにはいろんなものが置き忘
れられる、というところを読み取った付けです。

治定句も、前句の「月」に「露寒」と降物を出していますが、こちらは「観相」を強く出しており、問
題にしないということにします。ご意見あれば遠慮無くお願いします。

どうぞ。  

0