ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#49666 返信

雀羅

■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
 ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
咳払影絵の舞台整ひて              うに
 空気読まない派手な着信            芳
九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
 八枚切りのパンは売り切れ            に
なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
 へちまを下げる宗匠の路地             桃

さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
 牛若丸は甲子園かも             しをん
恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
 花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
 髪をバッサリ切って卒業              坐
半刻をいけない人と蛍舟               女
 夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
ペン先のインク固まる文机              芳
 金運上げる風水に凝り               桃
あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
 石垣崩すガジュマルの木は            上里
二オ
床の間に人形をおく初景色              羅
 膳のさびしき雨の正月              庵
おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
 目覚めた猫の手足のびやか            小石
くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
 今は昔の孟母三遷                を
針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
  夕べの虹をひとは見届け             に
端とはじ耳にあてれば水の音             庵
 湖畔と犬と若き女性と              坐
明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
 ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
二ウ
露寒の故郷に住む人のこと              桃
 縁談十組纏めると言う               を
痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
 白村江からずっとこのかた            羅
穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
 走り書きには昼寝起こすな            芳
馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
 風ニモマケズ凛と磯菊               芳
銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
 イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
 鏡の中も抱卵期なり                羅
三オ
猫の子を窺っている恋がたき             坐
 少し言葉の多すぎた夜                桃
完璧なアリバイが生む不信感              芳
 お約束ならここでカツ丼              桃
勝負する前に勝負がついてをり            芳
 朝がくるのか夜になるのか             石
流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
 懐紙の上に石榴弾ける               羅
上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
 寄せては返す人の世の波              桃 
船上で万歩計見る几帳面               に
 ポジティブ思考裏目裏目に              女 
三ウ
神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
 風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
母と娘が同窓になる芸大に             羅
  恋の舞台に度胸試され             坐
男気のラップバトルを見せつける           芳
 紙より軽い約束があり              桃
後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
 百葉箱はぺんき塗りたて              石
空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 

○夏の月を出して、アレンジ感覚いいですね。場の句を続けましたが、余情のある句だと思います。余情を言うのに「さび・しほり・ほそみ」の言葉がありますが、しほりのある句が一巻に何句か入ってくると一巻が味わえるものになります。「しほりとはなんぞや」ですが、それを言い出している去来自体(『去来抄』)、「言語筆頭に応じがたし」という次第ですので、ムードで受け止めて頂くしか有りません。

「向日葵が号泣をする月の夜」、すごい句です。手を出したくなりますが、連句は一句立ちではありませんから、一句に惚れるわけにはいきません。「夏休み月傾けて終わりけり」、やはり平句ですので切れ字は避けましょう。

「暴落の株価グラフに虎落笛 うに」、「株価グラフに」はちょっと重複感も・・。「暴落の株価に宿の虎落笛」と、一手間加わる味が変わります、うにさん、「見たいようにみてしまう」のは誰しものことで、そのこと自体は咎めることではないですが、そこにどれだけ普遍性があるか、普遍性があるとまでは言えないにしても面白い発見なのか、そこをはっきり出来ればいいことだと思います。これからの連句は、「そうだからそうなんだ」で済ませるのではなく、気持ちと事実をつなぐ言葉をはしょらないことも大事だと思います。

「銀河よりはやぶさ2の知らせあり 閑坐」、前句と一緒にすると、科学少年のときめきが伝わってくる感じです。

「絵日記の最後を飾る時計草 しをん」、お直しになって良かったですね。いい感じの付けです。新学期が始まる前の、小中学校の子どもたちの心持ちが伝わります。この子はしっかりした夏休みを過ごせたようですね。私は小中だけでなく、高校でも、蟻とキリギリスのキリギリスやったむくいで、最後はラッシュ/\の記憶しかありません。ひょっとしてそれは今も・・。新学期が始まる前は、子どもたちだけでなく学校の先生方も、ユウウツになる方いると聞きます。1週間乗りきれば大分違うと思いますので、子どもも大人も早まったことしないように、と思います。

それではどうぞ。雑の短句です。