返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#50489
光明
ゲスト

9月28日
お待たせしました。
締切りは20時としていますが、治定に取りかかる前でしたら多少遅れても見せていただこうと考えています。
さて、ナウ一は雑の短句ということで九句お寄せいただきました。結果は小石さんの「夢のつづきは猫といっしょに」をいただくことにしました。生類は「鳥」が第三に飛んでいますが、地上にも欲しいなと思い、猫の句を採りました。愛猫家は連句人に多く居るようで、それは季語にも表れており、犬は概ね「猟犬」か「寒犬」のふたつしかないのにくらべ、猫は「猫の恋」「孕み猫」「猫の子」「親猫」「子持ち猫」「竃猫」と、結構あります。そうそう犬にももうひとつ「犬交る」がありました、でも好んで使える季語ではないですね。元来「犬」は連歌俳諧では「犬筑波」など、自らを貶める使い方が多くされてきたことも少ない理由かもしれないですね。
次はナウ二、夏の長句です。
残り二句になります、投句締め切りは30日の20時とさせていただきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
少年探偵団(賜餐)   2019.9.8起首

   野分だつ僕ら少年探偵団          光明(秋)
    月に透かせば顕れし地図         夕汐(月)
   鳥渡る一村十戸寄り添うて        しをん(秋)

ウ   赤いカバンが助手席に乗る        安庵(恋)
   逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)
    とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)

ナオ 凍解けて石仏少し傾きぬ          ゆき(春)
    人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)
   船頭の訛り暖か堀巡り            芳(春)

ナウ  夢のつづきは猫といっしょに       小石(雑)
                          (夏)
                          (夏)

みなさんの付句
棒高跳びでメダル狙はむ        メロン(雑)
 *船頭の持つ棹から「棒高跳び」をイメージされたのでしょう。堀をも飛び越えるという思いも浮かび、うまく転じています。

ドローン見せる古都のあちこち      遥夢(雑)
 *たぶん古都などでは、特別の許可が無いと飛行させることができないでしょうね。でもドローンのおかげでビジュアルの世界は革新的発展を遂げていると思います。「あちこち」が勿体ないかな。

たたみマットに頬つけてみる       麻子(雑)
 *船の床に敷いてあるのでしょうね。何を感じようとしているのか興味深いものがあります。

ゆうらりと矢切の渡し声自慢       今日(雑)
 *「船頭」に「渡し」を付けると転じることができないですね。絡んでしまいます。

夢のつづきは猫といっしょに       小石(雑)
 *この句をいただきます。

馬の背中に嫁御ゆらゆら         安庵(雑)
 *「花嫁御寮」を描いて、雑の正花や恋の句を含んでおり扱いにくい句になりました。

矯正器具の光る口もと           芳(雑)
 *「光る口もと」とくると、前句に出てくるのは「船頭」さんだけなので重ねようとするのですが、どうもイメージが邪魔をします。

グーグルマップ我が家映さん      しをん(雑)
 *使える人が必ずすることですね。脇句に「地図」が出ていました。

やじろべえとは面白きもの        夕汐(雑)
 *釣り合いを取ることは舟の動きにも通じますし、船頭さんの名前として読めばそれも面白いですね。