返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#54083
光明
ゲスト

インターネット連句
ソネット「仁王門」(抱擁韻)
5月12日
 お待たせしました。まず今日さんからの質問に、捌きとしてお応えさせていただきます。遥夢さんからも誠意あるお応えが成されていますが、この連句興行の舵取りの一端が、お分かりいただければとも思います。
①「酒の銘柄の浮気とも読めますね」の解釈について
  前句を新酒品評会と見做して、様々な銘柄が競い合う中、当然好みが合う
  のは自らの銘柄だと思っていた蔵元と、その期待を裏切る審査員も居て、
  ドラマが生まれるという見立ては、男女の恋愛模様にも通じる面白さがあ
  るということです。
②前句からの転じの意。
  源氏物語の夕顔の巻は雨夜の品定めと称し、女性の優劣を品評するのが主
  題ですが、それと審査員らが重なり、そこから浮気という不実さに転じて
  いるとも読めます。さらに憎いほどの落ち着きに俳諧味を覚えました。
③「ニクい」が、なぜカタカナなのか  
  「憎い」と漢字だったら、この句の面白さは半減していたと思います。漢
  字の意味ではなく、まさに音韻としての表現により耳に残る句意となった
  のです。
 さて、9句目です。冬の恋句を11句付けていただきました。その中から夕
汐さんの「帰るなと抱き込むやうに雪しまく」を、「抱き込むやう」の「やう」
が6句目に出ているので「帰るなと抱き留めるかに雪しまく」と修正して採り
ました。e韻になる脚韻は「まく」ですが、12句目に詠む時は漢字の「巻く」
は同じ意味なので、使えない事をお断りしておきます。
 10句目は冬の短句になります。脚韻は初めての韻ですから自由です。
 仮名遣いは歴史的仮名遣いとさせていただきます。不馴れな方はこちらで直しますので現代仮名遣いでも結構です。また、同字は一語一会です。
 それでは、10句目の締切りを14日の20時とします。揮ってご投句ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
   ソネット「仁王門」(抱擁韻)   2020.04.28起首

1  葉桜や夕陽溶けゆく仁王門      炬燵猫(夏)a
2   サングラス取り漢佇む        光明(夏)b
3  街角のカフェに読みさすアフォリズム  楽之(雑)b
4   金庫の宝二束三文          秋草(雑)a

5  満ち欠けを諾ひ巡る今日の月     メロン(月)c
6   夢見る朱鷺を起こさないやう     小石(秋)d
7  新酒利く審査員らの無言行       ゆき(秋)d
8   浮気責めてもニクい落着き      遥夢(恋)c

9  帰るなと抱き留めるかに雪しまく    夕汐(冬恋)e
10                      (冬)f
11                      (雑)f

12                      (春)e
13                      (花)g
14                      (春)g

皆様の付句
丹前に君の温もりさらに捲く     今日(冬恋)e
*採用句と句意はよく似ています。四畳半的な濃密さを感じました。

編上げたセーター渡す夜の別れ    遥夢(冬恋)e
*夜の別れにする必要があるかどうか。安易な決着の様にも思います。

帰るなと抱き込むやうに雪しまく   夕汐(冬恋)e
*この句をいただきますが、「帰るなと抱き留めるかに雪しまく」に修正を。

思慕の果て忍ぶか跳ぶか雪の音    楽之(冬恋)e
*雪の音に結論を持ってきていいのでしょうか。

するすると帯を解かるる雪の宿   しをん(冬恋)e
*既視感を覚えました。

風邪声が気になり訪ね恋に落ち    秋草(冬恋)e
*ドラマの導入部という趣きで、先が見えすぎ。

冬ざれの心救はれ寄り添へり     ゆき(冬恋)e
*すこし語り過ぎというか説明し過ぎのように思いました。

虎落笛一夜明ければ空の部屋     日和(冬恋)e
*恋の仕掛けが欲しいですね。このままでは未消化の気分。

雪女死の接吻を迫りくる        芳(冬恋)e
*この句、採ろうか迷いましたが、打越の「審査員」という存在と「無言行」
に「雪女」が引っ掛かりました。
極太のセーターの香が抱き寄せる   安庵(冬恋)e
*この句も迷いましたが、脚韻の「せる」がネックになりました。他にほとんど使える言葉が無いのです。

炉開を君に恋して褒めそやす     閑坐(冬恋)e
*「炉開」を力技で恋句にした工夫を買います。

0