返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#57065
光明
ゲスト

インターネット連句
 重伍・二十五句「一輪の紅」
8月18日
 皆様、おまたせしました。11句目です。新年の句が9句集まりました。新年を寿ぐにはお酒が付き物ということで、安庵さんと今日さんと遥夢さんがお酒を詠んでくださいました。
 その中から、遥夢さんの「田遊びの振舞酒でご機嫌に」を、特に「ご機嫌に」がお酒の効能としての最たるものなので採りました。

 次の12句目も新年の短句です。普通にお詠み下さい。

 今回の「重伍」形式、表・裏はございませんが、基本的な式目は歌仙式に倣って進めたいと思います。なお仮名遣いは歴史的仮名遣いとさせていただきます。不馴れな方はこちらで直しますので現代仮名遣いでも結構です。また、同字は一語一会です。
 それでは、12句目の締切りを8月20日の20時とします。揮ってご投句ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
   重伍・二十五句「一輪の紅」  2020.08.01起首

1  初萩の一輪の紅愛しむかな      メロン(秋)
2   夢路抜け出し潜む邯鄲        光明(秋)
3  名月に稚児は上手に正座して     すみれ(月)「児」
4   将棋教室賑はひを見せ         芳(雑)
5  評判の御膳汁粉を注文す        ゆき(雑)「御」

6   村に伝はるかつぱ伝説        遥夢(雑)
7  淋しさはいづこへ剥かむ冬林檎    しをん(冬)「檎」
8   誰が編んだか彼のセーター      秋草(冬恋)
9  語塞がり涙ながるるプロポーズ     安庵(恋)「語」
10  壕の入り口未来受け入れ       今日(恋)

11 田遊びの振舞酒でご機嫌に       遥夢(新年)「ご」
12                      (新年)
13                      (雑)「Go」音字
14                      (春)
15                      (春)「Go」音字
 後、10句省略

皆様の付句
新年会越後の酒をふるまひて      安庵(新年)「後」
*かつて越後の酒は高級酒として、国中を席捲していた時代がありました。その頃の名残の在る新年会、振舞い酒の能書きも聞かされたりと、少し堅苦しさを感じました。

粥占に五風十雨を祈念して       ゆき(新年)「五」
*もう少し単純に直接豊年満作を願ってもいいと思います。「五風十雨」だとワンクッション置く感じになってしまい、神事としての「粥占」の分かり易さが薄れてしまうようです。

囲碁を打つ年酒の杯を交はしつつ    今日(新年)「碁」
*囲碁と年酒と引き裂かれてしまいますね。どちらに重きを置くのか読者は迷います。答えはどちらも、ということでしょうね。

越後獅子かしらの下の幼な顔     しをん(新年)「後」
*越後獅子といえば子供の頃の、国民的歌手美空ひばりを思い出します。確か映画にもなりました。子供がする芸なので、涙も誘います。そのようなことを想像させるように、この句は描かれています。

田遊びの振舞酒でご機嫌に       遥夢(新年)「ご」
*この句をいただきました。

元旦に家族で護符を賜りて      すみれ(新年)「護」
*詠まれている、家族そろっての初詣自体がとてもめでたい事ですね。

介護する母の部屋にも貼る吉書     秋草(新年)「護」
*正月が来ても、介護され、介護するという生活は何も変わらず続きますが、それを取り巻く景色は変わるし、変えることができるという、強い思いが伝わります。

楪を仰ぎ覚悟の若旦那          芳(新年)「悟」
*落語の落ちのようなシチュエーションですね。

能始師弟対決ほぼ互角        炬燵猫(新年)「互」
*面白い句ですが、師弟対決まではやり過ぎ、詠み過ぎのように思います。新年のめでたい行事ですから。でもまあ、玄人の見方ということにもできますね。

0