返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#58680
光明
ゲスト

インターネット連句
 鳳蝶「仏蘭西の友」  
11月2日
 皆様、お待たせしました。左5句目は最後の雑の句で、八句お詠みいただきました。その中から、長い遠洋航海を終えて国に帰って来たのであろう、と読めるゆきさんの、「航海ををへて錨を今下ろす」を採りました。ただ、「をへて」では実感が湧き難いので「航海を結ぶ錨を今下ろす」としました。また、前句の「富士の嶺」が母国を象徴し、二句一章としての読みを深めました。

 次の、左6句目は春の短句を仮名留めでお詠みください。花前です。

 今回の形式「鳳蝶」には表・裏はございませんが、基本的な式目は歌仙式に倣って進めたいと思います。なお仮名遣いは歴史的仮名遣いとさせていただきます。不馴れな方はこちらで直しますので現代仮名遣いでも結構です。また、同字は一語一会です。
 それでは、左6句目の締切りを11月4日の20時とします。揮ってご投句ください。11月からは偶数日が締切りです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
   鳳蝶「仏蘭西の友」  2020.10.02起首

右 名月や声懐かしき長電話         芳(月)
   葡萄酒醸す仏蘭西の友        光明(秋)
  蔦紅葉城壁朱く彩りて         秋草(秋)
   眼鏡はづして合はすフォーカス    小石(雑)
  あやとりの川がたちまち山となり   しをん(雑)
   風通りくる湯屋の籐椅子      炬燵猫(夏)
  熱帯魚横目にヨガの猫ポーズ     しをん(夏)
   がつつり飯のレシピ定まる      遊子(雑)

中 箸置きは清水焼の色違ひ        安庵(恋)
   切符二枚を予約する夢        ゆき(恋)
  シューマンの余韻に浸る初デート    遥夢(恋)
   そつと触れたる弥陀のてのひら    遊子(雑)

左 凍蝶は優しき月に見守られ      すみれ(冬月)
   何を贈らう終のボーナス        芳(冬)
  故郷の父母へ離れの設計図      メロン(雑)
   淑気の中に仰ぐ富士の嶺       遥夢(新年)
  航海を結ぶ錨を今下ろす        ゆき(雑)
                       (春)
                       (花)
                       (春)

皆様の付句
ブリリアントカットのダイヤ流転して  遊子(雑)
*「ブリリアンカット」から「流転」への想像の流れが、うまく働かないように思います。「ロマノフ家秘蔵のダイヤ流転して」とすればいかがでしょう。

蒼穹を飛行機雲のまつすぐに      秋草(雑)
*この句もよく付いていると思います。最近は「コントレール」が飛行機雲として使われますね。

いつの日かリーグ優勝子は誓ふ     遥夢(雑)
*「子」字が既出でした。「いつの日」「リーグ戦」「誓ふ」が、決定的な意味が弱いように思います。「子は果す日本選手権優勝を」。

万象を映す湖しめやかに       メロン(雑)
*前句の「淑気」と「しめやかに」が、共に気分としての感覚表現なので、違和感を生じるかと思います。

Uターン決意定むる農継ぐと     しをん(雑)
*推敲の余地あり、「Uターン農を継がんと決意する」という表現も出来ます。

ぶらり旅鈍行だけを乗り継いで    すみれ(雑)
*青春18きっぷというのがありますね。春の句に繋がる長閑さを感じます。

航海ををへて錨を今下ろす       ゆき(雑)
*この句をいただきますが、「航海を結ぶ錨を今下ろす」としましょう。

琺瑯の鍋に薬湯煮詰めつつ      炬燵猫(雑)
*「湯」字が既出ですので、「琺瑯の鍋に薬草煎じをり」という詠みもできますね。

0