返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#58721
光明
ゲスト

インターネット連句
 鳳蝶「仏蘭西の友」  
11月4日
 皆様、お待たせしました。左6句目は花前の春の短句です。ここから挙句まで残り3句を春の句が占めることになります。その最初の春の句に10句もお寄せいただきました。
 そして、前句の船の航海から、バドミントンの「シャトルコック」を付けることにより、往復する意味を活かして、転じる働きを持たせたのが、遊子さんの「シャトルコックは春へ突き抜け」で、この句を採りました。「春へ突き抜け」の表現も個性的で効果的でした。

 次の、左7句目は花の座になります。春の正花の句をお詠みください。残り2句となりました。

 今回の形式「鳳蝶」には表・裏はございませんが、基本的な式目は歌仙式に倣って進めたいと思います。なお仮名遣いは歴史的仮名遣いとさせていただきます。不馴れな方はこちらで直しますので現代仮名遣いでも結構です。また、同字は一語一会です。
 それでは、左7句目の締切りを11月6日の20時とします。揮ってご投句ください。11月からは偶数日が締切りです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
   鳳蝶「仏蘭西の友」  2020.10.02起首

右 名月や声懐かしき長電話         芳(月)
   葡萄酒醸す仏蘭西の友        光明(秋)
  蔦紅葉城壁朱く彩りて         秋草(秋)
   眼鏡はづして合はすフォーカス    小石(雑)
  あやとりの川がたちまち山となり   しをん(雑)
   風通りくる湯屋の籐椅子      炬燵猫(夏)
  熱帯魚横目にヨガの猫ポーズ     しをん(夏)
   がつつり飯のレシピ定まる      遊子(雑)

中 箸置きは清水焼の色違ひ        安庵(恋)
   切符二枚を予約する夢        ゆき(恋)
  シューマンの余韻に浸る初デート    遥夢(恋)
   そつと触れたる弥陀のてのひら    遊子(雑)

左 凍蝶は優しき月に見守られ      すみれ(冬月)
   何を贈らう終のボーナス        芳(冬)
  故郷の父母へ離れの設計図      メロン(雑)
   淑気の中に仰ぐ富士の嶺       遥夢(新年)
  航海を結ぶ錨を今下ろす        ゆき(雑)
   シャトルコックは春へ突き抜け    遊子(春)
                       (花)
                       (春)

皆様の付句
ウエルカムとふ佐保姫の舞ふ    メロン(春)
*「ウエルカムとふ佐保姫は舞ひ」でしょうか。「富士山」もご霊山、ご神体なので、打越に「佐保姫」は気になります。

シャトルコックは春へ突き抜け    遊子(春)
*この句をいただきます。

ふんはり飛んだ春のスカーフ    すみれ(春)
*この句も採りたくなりました。春らしさが伝わります。

春の苺の香る日だまり        小石(春)
*花前の植物は好ましくないとされており、さらに「香る」というのも次句の花に障ると私は思います。

猿はのどかに毛繕ひして       ゆき(春)
*「猿ものどかに毛繕ひして」とする方が、読みの上で前句との一体感が生れると思います。

春耕半ば畔で茶をたて        遥夢(春)
*この句自体は春らしく、風流さも感じられとてもいい句だと思いますが、前句への付き加減の判断が難しいですね。

浜の夕日に子猫じやれ合ひ     しをん(春)
*この句は遥夢さんの句とは反対に、前句の景に重なり過ぎるように思います。特に「浜」を持って来ることからして、付き過ぎと言わざるを得ません。

お陰参りを任されし犬        日和(春)
*四国の金比羅さんへの代参犬は有名ですが、この句の「お蔭参」は伊勢参りのことでしょうね。代参犬はお伊勢さんでも行われたと思いますが。残念なのは仮名留め希望なので、採れませんでした。

春外套のボタン外して       炬燵猫(春)
*「春外套」も季語ですが、やや重たい感じがするので、春らしさを出すには、ここは「ボタン外して春コート着る」でいかがでしょう。

古書店街を歩く朧夜         秋草(春)
*古書店巡りは、私の唯一の趣味とも言えます。この句も漢字留めになってしまっていますね。「古書店街もすでに朧に」とすれば、読みも深まるように思います。

0