返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#65134
光明
ゲスト

インターネット連句
 六条院「核の終り」の巻
2月22日
 皆様お待たせしました。
 夏邸1句目は雑の句です。前句ではいつも食べるのがコロッケということですが、大変な好物で日々の活力の源とも取れますね。そんなことを思っていたら、晋山さんの「ポパイ見て身近になりぬアメリカン」に出会い、この句をいただきました。子供のころのテレビのヒーローの一人である「ポパイ」を詠まれましたが、アメリカでは元のスポンサーが、ホウレンソウの缶詰メーカーであったように聞いています。そのアメリカ製のテレビアニメに熱狂しました。恋人のオリーブのピンチを助けるために食べるホウレンソウの缶詰と、途端に生じる力瘤、そして相手になる悪役のブルート、勧善懲悪のストーリーの分かりやすさに魅かれました。次の恋句も詠みやすくなったでしょう。

 夏邸の2句目は恋の句をお詠み下さい。

 「六条院」形式には表・裏はありませんが、基本的な式目は歌仙式に倣って進めることとします。なお仮名遣いは歴史的仮名遣いとさせていただきます。不馴れな方はこちらで直しますので現代仮名遣いでも結構です。また、同字は月・花以外は一語一会です。

 それでは、夏邸2句目の締切りを2月24日の20時とします。揮ってご投句ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
   六条院「核の終り」    2021.02.12起首

春邸 春兆す核の終りの始まれり      ゆき(春)
    麦を踏むのも父と暮らせば     光明(春)
   弾き語る路上ライブの朧月       芳(春月)
    不意の接吻雪解の庭       炬燵猫(春恋)
   白無垢の肩を彩る飛花ひとつ     遥夢(花恋)
    晩のおかずはいつもコロッケ    秋草(雑)

夏邸 ポパイ見て身近になりぬアメリカン  晋山(雑)
                       (恋)
                       (恋)
                       (夏恋)
                       (夏月)
                       (夏・雑)
                       (雑)

皆様の付句
たわいなくじやれあひながら夏の川   縁糸(雑)
*ここは雑の句を詠んでいただきたかったのですが、うまく伝わらなかったようです。「たわいなくじやれあひながら川に落ち」で雑の句になりますね。

ぶらつけば隣家の犬は行儀良し     揺子(雑)
*「ぶらつけば」が曖昧さを生みました。「犬」を詠むのは良かったと思いますが、他の犬との比較なのか、自らとの関係性なのか、明確にされたほうが句は生きてくると思います。「空き巣にも隣家の犬は行儀良く」という手もあります。

つれづれに猫に聞かせる独語      秋草(雑)
*このあたりで「猫」を出すのもアイデアですね。前句の人物像が浮かび上がりました。

ラジオより我がリクエスト聴こえける しをん(雑)
*末語の「ける」は切れ字なので、「ラジオより我がリクエスト聴こえくる」にしましょう。この句も取りたいと思いましたが、音楽として第三の「路上ライブ」が気になりました。かつてラジオ局へ聴きたい、聴かせたい曲をリクエストすることが流行った時代がありました。リクエスト方法は電話かハガキでしたね。特にローカル局では地元の若者にとって、とても身近な表現活動だったと記憶しています。

旅先の骨董市を覗き見て        遥夢(雑)
*「コロッケ」は家計の節約のためだったんだと、納得させられる付け句になっています。

ポパイ見て身近になりぬアメリカに   晋山(雑)
*この句をいただきますが、「ポパイ見て身近になりぬアメリカン」としましょう。

砂時計移ろふ時を見せて落つ      ゆき(雑)
*砂時計は時間の経過をより量的に視覚化した装置ですが、量的に限界があり「いつもコロッケ」という状態を受けるのには、やや弱いように思いました。

新店舗スタッフ募集でかでかと      芳(雑)
*ここで「新店舗」を出すと、「コロッケ」を売る惣菜店に結び付いてしまうように思います。別の業種とも取れないことはないかも知れませんが、コロッケを買ったお店の物語が浮かび上がり、停滞感を覚えます。