返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#66891
光明
ゲスト

インターネット連句
 伊予の湯桁「琴の会」の巻
5月18日
 お待たせしました。中一句目も秋の句です。その句が11句寄せられました。
その中から、芳さんの「地芝居の台詞合はせは白熱し」を採りました。的確
な描写によって、光景が目に浮かびあがり、納得させられます。中十六句の
折立の句としても牽引力を感じます。

 中二句目は雑の短句をお詠み下さい。

 基本的な式目は歌仙式に倣って進めることとします。仮名遣いはいつも通り、歴史的かな遣いとさせていただきます。不馴れな方はこちらで直しますので、現代仮名遣いでも結構です。同字は月・花以外は一語一会とします。

 中二句目の締切りを20日の20時とします。揮ってご投句ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
   伊予の湯桁「琴の会」   2021.05.04起首

左 初袷たをやかに座す琴の会     メロン(夏)
   風の調べに揺るる葉桜       光明(夏)
  夏燕空を自在に遊ぶらん       遥夢(夏)
   仕事帰りにフィットネスジム   炬燵猫(雑)
  金色の手作りジャムを購うて     秋草(雑)
   路面電車が見せる町並み       芳(雑)
  月中天魚も眠る水族館        ゆき(月)
   お独りさまの集ひ夜長に     しをん(秋)
中 地芝居の台詞合はせは白熱し      芳(秋)
                      (雑)
                      (恋)
                      (恋)
                      (恋)
                      (冬)
                      (冬月)
                      (冬)
                      (雑)
                      (新年)
                      (新年花)

皆様の付句
七夕に短冊売りの声高く        縁糸(秋)
*季語「七夕」よりも短冊売りが主になっているのは、いかがなものでしょう。俳句ならば「七夕や短冊売りの声高く」と、切れ字「や」を付ければ、上句で切れるので、「七夕」にすべてが包含されるので成立するのですが。

菊枕深き眠りに誘へる        メロン(秋)
*残念ですが、「眠り」が打越にありました。

鳥はしやぐ刈田に気魂流離うて     甚碌(秋)
*誰の「気魂」か不明なために、句の読みが深まらないですね。

雲水の旅も果てなむ末枯るる      ゆき(秋)
*旅の寂寥感が詠まれていますが、釈教でもあり、中に入っての一句目には惜しみたい句ですね。

高層のワンルームにも野菊活け     遥夢(秋)
*「ワンルーム」に「野菊」だと、ああそうですか、で済んでしまいますが、ここは「高層」に意味を持たせた読みが求められるんですね。

地芝居の台詞合はせは白熱し       芳(秋)
*目に浮かびますね。納得させられます。この句をいただきます。

銀杏散るそのひとひらを栞とし     秋草(秋)
*脇句の「葉桜」と、この「銀杏散る」はもっと離したいですね。

トルコ産オリーブの実の香り立つ    日和(秋)
*さりげない句で採りたくなりますが、「オリーブの実」と左五句目の「手作りジャム」が、農産物の括りに入ってしまう気がします。

百号のキャンバス立てて新酒酌む   炬燵猫(秋)
*言葉足らずの感じがします。画家が成すべきことを為す前に、まず新酒を呑んだということの、意味が読み取れないのが残念。「百号の画布にたぢろぎ新酒酌む」とすれば、画家が浮かび上がるかも。

チャップリンの散歩道てふななかまど しをん(秋)
*「チャップリン」にやや唐突感があります。「散歩道」と「ななかまど」の取り合わせにしても、お互いに響き合うものがあるのかが、大切だと思います。ここでは単に並べているだけのようです。

屋根裏に茜蜻蛉の迷ひ込み       今日(秋)
*「屋根裏」とは、屋根裏部屋なのか、天井裏なのか、判断が迷いますね。そこに蜻蛉が迷い込むという、リアルさをもうひとつ感じさせてくれないんですよね。レポートをしているだけという感じです。「赤蜻蛉屋根裏部屋を出入りし」とすれば、納得できるかも。

0