返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#67307
光明
ゲスト

インターネット連句
 伊予の湯桁「琴の会」の巻
6月6日
 お待たせしました。中一〇句目は新年の短句ということもあってか、いつもよりは少ない数の、六句集まりました。その内の二句が、新年の季語として同じ意味の「蓬莱」「喰積」を詠まれ、別の二句は「女礼者」「春着」と女性が登場し、残り二句は新年になって始めてのことを季語にした、「旅行始」「日記始」を詠んだ句でした。
 ここは正月を形で表わす「蓬莱」を詠んだ遊子さんの、「蓬莱飾る京の常宿」を採りました。地名の固有名詞「京」が入っているのも、効果的でした。そして、前句の将棋盤から京都の地図を連想させ、人物像もいろいろと想像させてくれます。

 中一一句目は新年花の句を仮名留めでお詠み下さい。
 といっても、季語としての新年の正花は「餅花」「年の花」「花の春」に限られますので、同じ季語の競作になると思います。普段、これらの季語で詠むことはほとんど無いでしょうから、どうぞお楽しみください。

 基本的な式目は歌仙式に倣って進めることとします。仮名遣いはいつも通り、歴史的かな遣いとさせていただきます。不馴れな方はこちらで直しますので、現代仮名遣いでも結構です。同字は月・花以外は一語一会とします。

 中一一句目の締切りを8日の20時とします。揮ってご投句ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
   伊予の湯桁「琴の会」   2021.05.04起首

左 初袷たをやかに座す琴の会      メロン(夏)
   風の調べに揺るる葉桜        光明(夏)
  夏燕空を自在に遊ぶらん        遥夢(夏)
   仕事帰りにフィットネスジム    炬燵猫(雑)
  金色の手作りジャムを購うて      秋草(雑)
   路面電車が見せる町並み        芳(雑)
  月中天魚も眠る水族館         ゆき(月)
   お独りさまの集ひ夜長に      しをん(秋)
中 地芝居の台詞合はせは白熱し       芳(秋)
   のそりと歩く若冲の象       炬燵猫(雑)
  ほの一字背(そびら)になぞり頬を染め 今日(恋)
   疑惑の後妻じつは世話焼き      日和(恋)
  媾曳の浜辺に寄せる黒い波       遊子(恋)
   寝酒の友に誘ふあやかし       秋草(冬)
  浄土にも有りや冬月ちちははよ    しをん(冬月)
   柚子湯の柚子をギュッと抱きしめ  炬燵猫(冬)
  定跡を踏まえた上の詰将棋       日和(雑)
   蓬莱飾る京の常宿          遊子(新年)
                       (新年花)
                       (雑)
                       (恋)
                       (恋)
                       (月)
                       (秋)
右                      (秋)

皆様の付句
女礼者が辞儀深くする         しをん(新年)
*「辞儀深く」という表現に物足りなさを覚えます。

旅行始は断捨離のあと         炬燵猫(新年)
*「断捨離のあと」に、正月の趣きがやや薄れるような感じがします。

春着嬉しき玉砂利の音          遥夢(新年)
*初詣を「玉砂利の音」で表現した詩的な句になりました。

日記始の決意大きく           秋草(新年)
*「決意大きく」という表現に大仰さを少し感じました。「決意揺るがず」ぐらいでどうでしょう。

蓬莱飾る京の常宿            遊子(新年)
*この句をいただきました。

謂れを守り作る喰積           ゆき(新年)
*正月準備の感が強く、新年を寿ぐという句の要素が満たされていないように思います。

0