返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#68851
光明
ゲスト

インターネット連句
 十三仏行「爆心地」の巻
8月24日
 お待たせしました。第三には月の句をお願いしたところ、7句の候補句が集まりました。発句と脇句で描かれた世界から、いかに転換するかが第三に課せられた役割と言えます。その上に月を詠まなければならないという、重要な課題に応えていただきました。
 その7句から、月という天象と話題性のある事象を取り合わせた遊子さんの、「望月夜双子パンダの健やかに」を、発句に「ふたつ」があり、「双子」は差し合いますので、「望月夜幼きパンダ健やかに」と修正して採りました。満月の明るい静謐さと、赤ちゃんパンダの膨よかさに幸福を感じました。

 次は四句目(シクメ)です。雑の短句を仮名留めでお詠み下さい。

 なお、基本的な式目は歌仙式に倣って進めることとします。仮名遣いはいつも通り、歴史的かな遣いとさせていただきます。不馴れな方はこちらで直しますので、現代仮名遣いでも結構です。同字は月・花以外は一語一会とします。
 次のシクメの締切りを26日の20時とします。揮ってご投句ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    十三仏行「爆心地」   2021.08.15起首

表  人の世の遺恨ふたつの爆心地     光明(秋)
    願ひの糸に結ぶ折り鶴       ゆき(秋)
   望月夜幼きパンダ健やかに      遊子(月)
                       (雑)
                       (夏)
裏                      (夏)
                       (恋)
                       (恋)
                       (冬月)
                       (冬)
                       (雑)
                       (春)
挙句                     (花)

皆様の付句
絞り出す涙は月の雫にて       今日(月)
*ここは発句と脇句からの転換を求められており、「涙」は発句に戻るので禁物だと思います。

望月夜双子パンダの健やかに     遊子(月)
*この句をいただきますが、発句に「ふたつ」があり、「双子」は差し合いますので、「望月夜幼きパンダ健やかに」と修正しました。

笛の音の遠く近くと月待ちて    しをん(月)
*「笛の音」なので、「祭」が背景に置かれていますが、第三としては纏まりが弱いように思います。

ガンジスの流れ滔滔月待ちて     揺子(月)
*形式として「表」の縛りが有りますので、「地名」は遠慮すべきかもしれませんね。

昼の月五輪の輪描く鮮やかに     日和(月)
*推敲不足を感じます。時事としてのオリンピックはここでは惜しみましょう。

明月のティンカーベルに誘はれて   ゆき(月)
*ここで「ピーターパン」の妖精を出すのは、まだ早いと思います。

月今宵煮豆は甘い味付けに     炬燵猫(月)
*平和な一夜が十分に描かれました。この句も採りたくなりました。

月描く絵筆に黄色含ませて       芳(月)
*この句は絵に描かれた月が詠まれていますね。リアルな月が詠めない場合には必要ですが、ここは秋の名月も詠める機会なので、実の月を詠んでいただきたかったですね。