返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#721
雀羅
ゲスト

■(1)世吉「笹舟に」ナオ6
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

(1)世吉「笹舟に」           2017.9.15 起首

笹舟に乗せゆく酒(ささ)や小鳥来る         雀羅
 秋の灯点る老舗割烹               鮎並
月白の墨に膠を含ませて              紅鯨 月・秋
 初心者ゆえの芸の細かさ             麦子
夫らはケーキ作りに挑戦し             絵(かい)
 長寿の家系百歳の笑み              りえ
掛軸のくだかけの尾の垂れさがり           鮎
 浦風に知るけふのつゆ明け             羅

もてなしのグリーンサラダにパセリ摘む        紅
 客は未来の舅姑                  え
てのひらに波濤図愛づる山の寺            麻里
 妖怪絵巻夢に魘(うな)され             今日
伏せている二人の中のすきま風            絵
 水に流るるオフィリアの帯             紅
満ち満ちてまぶしき月の今いくつ           小石 月・秋
 悩みの底に落ちるかなかな             百花
秋空へ組体操の立ち上がり               鮎
 擦り傷なんかツバで治るよ             鞠鈴
あっけらかん大正昭和生き抜いて          いばら
 雨降らぬ日もゴム長を召し              紅
漕ぎながら落花をうける掌(たなごころ)         日 花・春
 木橋の杭に掛かる切れ凧               鈴
ナオ
うらうらと春暮れてゆく大工町            田助
 丸いポストに葉っぱ投函               麦
いつまでも母の御筆を待ち焦がれ            日
 船首のフィギュア琴を抱いて             紅
伝説を神話にかへて日の名残り              小
  ひきこもりにも取材依頼が              羅

○今年のノーベル文学賞は日系英国人のカズオ・イシグロ氏が受賞しましたが、「日の名残り」はこの作家の代表作で、付句に時事を入れるのも一巻を豊かにする手だてだと思います。実は私この作家のものを一冊も読んでおらずこまごましたことはネット情報に依るしかないのですが、『日の名残り』の原題はThe Remains of the Dayで、この「日」は残照・サンセット(天象)ではなく日次(ひなみ)の「日」なんですね。小石さんの原句が「陽の名残」とされているのは天象として扱いたいというお気持ちがあったのかと思いますが、ここは時事ネタとしても扱いたいと思いますので、「日の名残り」と本の名前にさせて下さい。

「大いなる宙の流転の楽求め 今日」、琴を抱いた船首像を持つ船は海洋ではなく宇宙を旅しているというスペースファンタジー切り替えられました。連句は「実(リアリズム)」に縛られるのでなく空想を旅していくことも連句の可能性だと思います。こんな感じでいいと思います。

現実世界に戻してみました。次は冬の長句でどうでしょうか。

0