インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。

インターネット連句を始めます。

10件の返信を表示中 - 91 - 100件目 (全5,402件中)
  • 投稿者
    返信
  • #69915
    光明
    ゲスト

    インターネット連句
     クレッシェンド「カリヨン」の巻
    10月14日
     お待たせしました。5句目は冬の句になります。五句の候補句が集まりました。
     その中から、縁糸さんの「おかへりは猫のあくびと大根焚」を修正して採りました。まず「おかへり」は前句に「帰る」があるので、「ただいま」に替え、原句とは反対の帰郷する当事者の挨拶とし、それを歓迎する動きはそのままで、「ただいまに猫のあくびと大根焚」と、「猫」に「大根焚」を取り合わせた結果、俳諧味のある句になりました。

     それでは、6句目は冬の短句をお詠み下さい。
     
    なお、基本的な式目は歌仙式に倣って進めることとします。仮名遣いはいつも通り、歴史的かな遣いとさせていただきます。不馴れな方はこちらで直しますので、現代仮名遣いでも結構です。同字は一語一会とします。
     次の6句目の締切りを16日の20時とします。揮ってご投句ください。

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
      クレッシェンド「カリヨン」の巻  2021.10. 7起首

    1  カリヨンの響動もす広場黄落す    しをん(秋)修正
    2   時祷書に見る中世の秋        光明(秋)

    3  後の月玻璃戸を開けて愛でるらん    秋草(月)
    4   夜行列車で帰るふるさと      炬燵猫(雑)
    5  ただいまに猫のあくびと大根焚     縁糸(冬)

    6                       (冬)
    7                       (雑)
    8                       (春)
    9                       (花)

    10                      (春)
    11                      (恋)
    12                      (恋)
    13                      (夏)
    14                      (夏)

    皆様の付句
    いたんだね暖かいかな竃猫       閑坐(冬)
    *「暖か」(春)と「竃猫」(冬)の季重なりになっていますね。「かな」は切れ字になるので避けましょう。

    おかへりは猫のあくびと大根焚     縁糸(冬)
    *この句をいただきますが、「ただいまに猫のあくびと大根焚」に修正。前句の「帰るふるさと」に「ただいま」は付き過ぎとも言えますが、「猫」の登場に救われています。

    鱈場蟹九谷の皿に大盛に        秋草(冬)
    *「大盛」が平凡。「鱈場蟹九谷の皿を修羅場とす」でどうでしょう。

    蒸籠から湯気立ち上るぬくめ鮓      芳(冬)
    *「蒸籠から湯気」は当たり前の表現過ぎますね。手に取って食べる瞬間ということで、「蓋取れば湯気立ち上るぬくめ鮓」に。

    真鶴の塒静かにひしめきて      炬燵猫(冬)
    *生類を付ける発想はよく、うまく付いていると思います。描写が効き過ぎている点が採れなかった理由でしょうか。

    #69914
    炬燵猫
    ゲスト

    真鶴の塒静かにひしめきて  炬燵猫 三冬
          遅刻です。
          申し訳ありません。

    #69913
    ゲスト

    付け

    蒸籠から湯気立ち上るぬくめ鮓(冬)   芳
     
    よろしくお願いします。

    #69906
    秋草
    ゲスト

    夜行列車で帰るふるさと
    炬燵猫(雑)

    付け

    鱈場蟹九谷の皿に大盛に
    秋草(冬)

    よろしくお願いします。

    #69904
    縁糸
    ゲスト

       後の月玻璃戸を開けて愛でるらん   秋草(月)
      夜行列車で帰るふるさと     炬燵猫(雑)
    付け
      おかえりは猫のあくびと大根炊き 縁糸 (冬)

    #69903
    閑坐
    ゲスト

    付句案

    いたんだね暖かいかな竃猫  (冬)閑坐

    #69896
    光明
    ゲスト

    追記

    *「きりたんぽ」は十七季では晩秋の季語とされています。歳時記によっては冬になってるものもありますが、

     あくまでも新米を味わうところから生まれたものでもあり、ここでは秋とさせていただきます。

    #69895
    光明
    ゲスト

    縁糸さんの投句「おかえりは猫のあくびときりたんぽ」も

    「きりたんぽ」は秋の季語なので、冬の句をご再考下さい。

    #69894
    光明
    ゲスト

    閑坐さんの投句「ご馳走を七草粥で胃をやすめ」ですが、

    「七草粥」は新年の季語になりますので、ここは冬の季語で

    お詠み下さい。

    #69892
    閑坐
    ゲスト

    付句案

    ご馳走を七草粥で胃をやすめ  (冬) 閑坐

10件の返信を表示中 - 91 - 100件目 (全5,402件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。