ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。

このトピックには2,403件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。6 時間前に  光明 さんが最後の更新を行いました。

  • 作成者
    トピック
  • #477 返信

    サイト担当

    皆さま、インターネット連句を始めます。捌には佛渕雀羅さまに続き梅村光明さまをお迎えしました。どなたでも投稿フォームより自由に参加できます。

    • 参加はペンネームでもかまいません。
    • メールアドレスを入力されたくない方は”メールアドレス”入力欄にkarimail@renku.jpとご入力ください。
    • ご質問 office@renku-kyokai.net
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月、 1 週前に変更しました。
返信先: インターネット連句を始めます。
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

100件の返信を表示中 - 201 - 300件目 (全2,403件中)
  • 投稿者
    返信
  • #50137 返信

    遥夢

    おおいなる海老が見つかる浅草寺            を
     宅配便を待って永き日                芳

    付け
    だれかれの頭に肩に飛花落花    遥
    その先は知らずとも良し花筏    々
    園庭のあちらこちらに花の舞    々

    「花前」のご注意、ありがとうございました。
    邪魔をするものとして高いものは避けよというのは承知していましたが、「重い句材」も同様なのですね。「長命」ならおめでたい意なので可、かと思っていましたが。
    連句を始めて間がないので固くなりがち、「紙子を揉むように」詠むよう心掛けたいと思います。

    #50136 返信

    しをん

    おおいなる海老が見つかる浅草寺            を
     宅配便を待って永き日                芳

        付け
    花衣空の青さを仰ぎつつ          しをん

    「花前に高いものは出さないという心得」についてですが、私は「十七季」しか持っていないのですが、どこに書かれているのでしょうか。今まで知らなかったとは恥ずかしいことでした。また、後から気がついたことですが、この句は浅草寺との固有名詞の打越でもありました。重ねがさね恥じ入ります。

    #50133 返信

    うに

    おおいなる海老が見つかる浅草寺
    宅配便を待って永き日

    付け
    いくたりか花やぐ声がとなりから
    ふはふはの花鰹ならちよっとやる
    解禁は午後の四時らし花見酒

    #50132 返信

    桃太郎

    おおいなる海老が見つかる浅草寺 を
    宅配便を待って永き日 芳

    付け
    幸せは今が一番花の裟婆 桃
    願はくは死出の旅にも花衣 々
    海馬には花の記憶が留められ 々

    #50131 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵
      忍者修行のツアー満員               芳
    此処彼処地域おこしに励む長             里
      ジルバ踊れる相手いないか             桃
    触れてみる金のピアスが冷たくて            を
      月を抱きし冬眠の蛇                庵 月・冬
    不夜城の弁財天に朝を待つ              坐
      パワースポット手話の賑やか             桃
    健脚の学芸員を追っかける               芳
      背負子の中身危険いっぱい            女
    ナウ
    何事か雀の騒ぐ朝の縁                  桃
      翁と姥に竹酔の日は                を
    ドラえもん宇宙ロケット貸しとくれ          遥夢
     ドヤの暮らしもあすはみそかに            羅 
    おおいなる海老が見つかる浅草寺            を
     宅配便を待って永き日                芳

    ○贈り物として、前句の立派な海老がやってくることが期待されています。「永き日」で、いつまで経っても目出度い海老がやってこないという裏の意味も加わり、案外あっさりした句ではありません。「長閑な午後に特賞の鐘」、福引きのがらがらで特賞を当てたというところ。鐘まで鳴らすとは豪勢。

    「八卦見告ぐる長命の相 遥」、重たい素材です。毎度「花前です」とアナウンスしてますが、重たいものを絶対出してはいけないということではありません。出たら出たで、花の句の活躍が広がります。「 鐘何処より喧騒の中」、前句浅草界隈の雰囲気を捉えている附句です。敢えて言えばちょっと固く、紙子を揉むようにすれば前後馴染むかという感じします。

    「一段だけど鏡餅まで うに」、重ね餅には出来ないけれど、大きな鏡餅に「大海老」からの弾みが乗っかっています。

    「スカイツリーに春霞立つ しをん」、花前に高いものは出さないという心得はどんなガイドブックにも書いてあると思いますが、けれども出てしまったら四の五の言わず、さらりといい句を付けてクリア出来れば作者の株が上がります(^^)。これは月の句の場合でも同様です。『去来抄』に、「くろみて高き樫木の森」という句が花前に出て、去来、こんなものが出て花の句は大変ですがと芭蕉さんに乞うた花の句が、「咲花に小さき門を出つ入りつ」。難なく乗り越えました。「かく付て見せたまひけり」と去来ちょっと芭蕉さんによいしょしますが、このボードで長いこと付句をなさった方は、無理なく受け入れられる話でしょう。

    では花の句です。皆様がたに付けて頂くのはこれで最後です。

    #50129 返信

    しをん

     ドヤの暮らしもあすはみそかに            羅 
    おおいなる海老が見つかる浅草寺            を

         付け
     スカイツリーに春霞立つ              しをん

    ナウ5 ご一直の上、治定頂き有難うございました。
    随分前に一度、ガサ市を見に行ったことがあります。業者さん向けに縁起物の海老のお飾りが沢山並べてあり、それを買いに来ている人のつもりでしたが、あいまいでした。

    #50127 返信

    ドヤの暮らしもあすはみそかに            羅 
    おおいなる海老が見つかる浅草寺            を

    付け

    長閑な午後に特賞の鐘

    宅配便を待って永き日

    宜しくお願いします。

    #50125 返信

    うに

    ドヤの暮らしもあすはみそかに
    おおいなる海老が見つかる浅草寺

    付け
    一段だけど鏡餅まで

    #50123 返信

    遥夢

    ドヤの暮らしもあすはみそかに            羅 
    おおいなる海老が見つかる浅草寺            を

    付け
    八卦見告ぐる長命の相               遥
    鐘何処より喧騒の中                遥

    「帰りなむ故郷の山母の声」、、、、まさにご指摘の通りで、
    前句の主人公へ寄り添えていなかったことを痛感致しました。

    #50121 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵
      忍者修行のツアー満員               芳
    此処彼処地域おこしに励む長             里
      ジルバ踊れる相手いないか             桃
    触れてみる金のピアスが冷たくて            を
      月を抱きし冬眠の蛇                庵 月・冬
    不夜城の弁財天に朝を待つ              坐
      パワースポット手話の賑やか             桃
    健脚の学芸員を追っかける               芳
      背負子の中身危険いっぱい            女
    ナウ
    何事か雀の騒ぐ朝の縁                  桃
      翁と姥に竹酔の日は                を
    ドラえもん宇宙ロケット貸しとくれ          遥夢
     ドヤの暮らしもあすはみそかに            羅 
    おおいなる海老が見つかる浅草寺            を

    ○しをんさんの原句は「ガサ市に海老選びて浅草寺」でした。「ガサ市」は浅草の卸売りですから路上暮らしの人は入れないでしょうね。浅草寺あたりで思いもかけぬ大きなエビをゲット出来たしあわせとしてみたらどうでしょう。路上暮しの人は日々の糧に廃棄食品を手に入れることを自嘲気味に「えさとり」と言っています。どれだけこういう人の境涯に感情移入出来るか・・・というところもあります。来年はいいことがあるゾ。

    「熱いとこきゅっと一杯雪ちらちら  庵」、いいですね。やさしい心持ちが出て。字余りには私うるさいですが、この下五悪くない感じ。

    「帰りなむ故郷の山母の声  遥」、陶淵明のおもかげの付け。しかし、前句のような人に帰るふるさとあるでしょうか。そのギャップが切ない。

    「兄ちゃんの吃音いまも暖かく 女」、子どもの頃は兄弟の吃音が恥ずかしく思い、わざと邪慳にしたこともあったけれど、今となっては兄ちゃんの一途な姿がなつかしい・・。泣けます。

    「左翼だのひずむ社会の風吹くが  閑坐」、前句と一体で味わうと、すっかり丸くなった左翼。どこにいようと、自分らしさを失わなければ、又人のために働けるのだろうと思います。

    「小説に自分をすべてさらけ出す」「密着の取材を終えてまわす記事」、ドヤでルポしたり小説書いてる人はいますね。
    「ドヤ暮し」という前句に(これは「題」とも言えますが)、距離を置いて客観視するか、そのなかにずぶっと入って詠むか、二通りあるようですね。どちらがいいとは言い切れませんが、芭蕉さんは後者の名人です。カメレオンのように周りに様子に溶け込み、男にも、女にも、老人にも、少年にも、貴人にも、乞食にも、何にでもなりかわり、この共感の力の豊かさにこそ芭蕉の怖ろしい力があります。その点で言えば、現代の連句は、マイルドで、つつしみ深い、と感じます。というより愛が足りないのかな? 連句作法に汲々とし、芭蕉さんの突き抜けた蒼天は勿論、芭蕉さんのかわずが飛んだ古池にも
    届いてないとしたら、淋しいことです。もう最後ですのちょっと強く書きました。

    ではどうぞ。花前です。

    #50116 返信

    ドラえもん宇宙ロケット貸しとくれ          遥夢
     ドヤの暮らしもあすはみそかに            羅 

    付け

    すみません。説明のようになっていました。
    訂正させてください。

    小説に自分をすべてさらけ出す

    密着の取材を終えてまわす記事

    宜しくお願いします。

    #50113 返信

    ドラえもん宇宙ロケット貸しとくれ          遥夢
     ドヤの暮らしもあすはみそかに            羅 

    付け

    何もかもさらけ出しての私小説

    密着の取材を終えてまわす記事

    #50112 返信

    閑坐

    ドラえもん宇宙ロケット貸しとくれ
    ドヤの暮らしもあすはみそかに

    付け

    左翼だのひずむ社会の風吹くが

    #50111 返信

    しをん

    付句、平句の形ではありませんでしたので、以下の方に訂正をお願い致します。

    訂正句
    ドラえもん宇宙ロケット貸しとくれ          遥夢
     ドヤの暮らしもあすはみそかに            羅 

        付け
    ガサ市に海老を選びて浅草寺             しをん

    #50108 返信

    しをん

    ドラえもん宇宙ロケット貸しとくれ          遥夢
     ドヤの暮らしもあすはみそかに            羅 
     
         付け
    ガサ市に海老選びをり浅草寺             しをん

         

    #50107 返信

    笑女

    ドラえもん宇宙ロケット貸しとくれ
    ドヤの暮らしもあすはみそかに

    付け
    兄ちゃんの吃音いまも暖かく

    #50105 返信

    遥夢

    ドラえもん宇宙ロケット貸しとくれ          遥夢
     ドヤの暮らしもあすはみそかに            羅 

        付
    帰りなむ故郷の山母の声 遥

    新参者のご採句、ありがとうございました。力を得てご連衆に加えさせていただきます。
    「貸してくれ」→「貸しとくれ」、、、、一文字の生む違い、勉強になりました。

    #50102 返信

    安庵

    ドラえもん宇宙ロケット貸しとくれ          遥夢
     ドヤの暮らしもあすはみそかに            羅 

        付
    熱いとこきゅっと一杯雪ちらちら            庵

    お願いします。

    #50094 返信

    雀羅

    ■前文訂正。世吉→米字。

    #50093 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵
      忍者修行のツアー満員               芳
    此処彼処地域おこしに励む長             里
      ジルバ踊れる相手いないか             桃
    触れてみる金のピアスが冷たくて            を
      月を抱きし冬眠の蛇                庵 月・冬
    不夜城の弁財天に朝を待つ              坐
      パワースポット手話の賑やか             桃
    健脚の学芸員を追っかける               芳
      背負子の中身危険いっぱい            女
    ナウ
    何事か雀の騒ぐ朝の縁                  桃
      翁と姥に竹酔の日は                を
    ドラえもん宇宙ロケット貸しとくれ          遥夢
     ドヤの暮らしもあすはみそかに            羅 

    ○前句の「翁と姥」の呼びかけであり、願いですが、これがあれば「かぐや姫」も連れて行かれっぱなしではなくなりますね。 あるいは、宇宙葬でも考えているのでしょうか。名残の裏になって、ぶっとんだ付けです。「貸してくれ」→「貸しとくれ」の方がご老体らしいマイルドさが出ますかね。

    「空蟬を粉々にする子の無情  閑坐」、思い切った句で、向付(むかいづけ)です。こういう子を育てているお爺ちゃんお婆ちゃんもいることと思います。植物を根気よく育てているふたりですから、賢い子育てが出来ると思いたいです。

    さて皆さま方に付けて頂く付句はあと三句でお仕舞いです(花の句まで)。港が近づいて来ました。この世吉が終わりましたら気分一新、今度は新しいお捌きの連句が始まります。

    どうぞ。

    #50092 返信

    閑坐

    何事か雀の騒ぐ朝の縁
    翁と姥に竹酔の日は

    付け

    空蟬を粉々にする子の無情

    #50091 返信

    遥夢

    ドラえもん宇宙ロケット貸してくれ

    飛入り参加させていただきます。

    #50088 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵
      忍者修行のツアー満員               芳
    此処彼処地域おこしに励む長             里
      ジルバ踊れる相手いないか             桃
    触れてみる金のピアスが冷たくて            を
      月を抱きし冬眠の蛇                庵 月・冬
    不夜城の弁財天に朝を待つ              坐
      パワースポット手話の賑やか             桃
    健脚の学芸員を追っかける               芳
      背負子の中身危険いっぱい            女
    ナウ
    何事か雀の騒ぐ朝の縁                  桃
    翁と姥に竹酔の日は                を

    ○「竹酔日(ちくすいじつ)」は「竹植う」(仲夏)の傍題で、陰暦5月13日に竹を植えると必ず根付くという中国の俗信からこの季語が出来たとされます。竹を伐る翁に竹を植うる翁、あるいは、まだまだ元気で次のかぐや姫をとたくんでいるのでしょうか。雀が騒いでいるのは、あのお婆さんわるい人、なんて舌足らずに言い立てているんじゃないですよね。

    「空家の窓に羅(うすもの)の影  庵」、あやかしの棲む廃屋のようで、こわい感じですね~。

    お次をどうぞ。

    #50081 返信

    しをん

    背負子の中身危険いっぱい      女
    ナウ
    何事か雀の騒ぐ朝の縁        桃 

       付け
    翁と姥に竹酔の日は   しをん 
                          

    #50076 返信

    安庵

    背負子の中身危険いっぱい             女
    ナウ
    何事か雀の騒ぐ朝の縁                  桃

    空家の窓に羅(うすもの)の影 庵

    お願いします。

    #50075 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵
      忍者修行のツアー満員               芳
    此処彼処地域おこしに励む長             里
      ジルバ踊れる相手いないか             桃
    触れてみる金のピアスが冷たくて            を
      月を抱きし冬眠の蛇                庵 月・冬
    不夜城の弁財天に朝を待つ              坐
      パワースポット手話の賑やか             桃
    健脚の学芸員を追っかける               芳
      背負子の中身危険いっぱい            女
    ナウ
    何事か雀の騒ぐ朝の縁                  桃

    ○いいですね。「危険」の中身に足を救われず、不安を暗示するだけですかしました。「朝」の字近くにありますが、
    「同字三句去」で問題ないです。「つまづいてきいちのぬり絵パラパラと」、「きいちのぬり絵パラパラと」、古いですが、面白い。「つまづく」は打越の「追っかける」の歩行体にややからむか。「 小藤次が研ぎを引き受け帰る道」、佐伯泰英の『酔いどれ小籐次留書』は「御鑓(おやり)拝借」で竹中直人の役でテレビで観ました。なるほど、「小藤次」のハラの中は剣呑です。これも歩行体に目配りするところか。

    「駅なかのコインロッカー鍵無くし 芳」、「コインロッカー」は結構得体の知れないもの入って居ることあるようです。その点、「背負子の危険な中身」と似たことの繰り返しになってしまうようで、連句は停滞せず前に進むことが大事ですね。

    「こともあろうに方向音痴のテロリスト うに」、「方向音痴のテロリスト」、くすっとするフレーズです。テロリストも背負子使うようですからね。危険とのんきの狭間はテロリストのネライ目で、言葉のばくだんを日夜持ち運びしている俳諧者も、この孤独な人種に似た匂いを発しているかも知れませんね。

    ではどうぞ。

    #50071 返信

    桃太郎

    健脚の学芸員を追っかける 芳
    背負子の中身危険いっぱい 女

    付け
    つまづいてきいちのぬり絵パラパラと 桃
    何事か雀の騒ぐ朝の縁 々
    小藤次が研ぎを引き受け帰る道 々

    #50067 返信

    うに

    健脚の学芸員を追っかける
    背負子の中身危険いっぱい
    ナウ
    付け
    こともあろうに方向音痴のテロリスト

    #50059 返信

    健脚の学芸員を追っかける               芳
      背負子の中身危険いっぱい            女
    ナウ

    付け

    駅なかのコインロッカー鍵無くし

    宜しくお願いします。

    #50055 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵
      忍者修行のツアー満員               芳
    此処彼処地域おこしに励む長             里
      ジルバ踊れる相手いないか             桃
    触れてみる金のピアスが冷たくて            を
      月を抱きし冬眠の蛇                庵 月・冬
    不夜城の弁財天に朝を待つ              坐
      パワースポット手話の賑やか             桃
    健脚の学芸員を追っかける               芳
      背負子の中身危険いっぱい            女
    ナウ

    ○小石さん、そうでした。ナオ二句足りませんでしたね。私の方こそ帰り支度しているように見られてしまいますね。けして、そんなことありません(^^) チェック有り難うございます。

    秋は出せませんが、雑でも、夏でも、あるいは春でも、どうぞ。まだまだ変化を楽しみましょう。

    #50054 返信

    小石

    すみません。質問です。
    ナオが短いのはないでしょうか?。

    #50046 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵
      忍者修行のツアー満員               芳
    此処彼処地域おこしに励む長             里
      ジルバ踊れる相手いないか             桃
    触れてみる金のピアスが冷たくて            を
      月を抱きし冬眠の蛇                庵 月・冬
    不夜城の弁財天に朝を待つ              坐
      パワースポット手話の賑やか             桃
    ナウ
    健脚の学芸員を追っかける               芳
      背負子の中身危険いっぱい             女

    ○「背負子」には籠の付いたものもありますから「中身」と言ってもいいですね。いったいどんな「危険」が入っているのでしょう。この「学芸員」、何者? 「咀嚼狂わす悪い歯並び」、これは当たり前ですね。別案、「背負子のキノコ危険過ぎると」と秋にしてしまうと、月を詠まないといけませんが、名残裏では月は詠みません。というより、「危険」が「キノコ」でネタバレし、句が薄味になってしまいましたね。

    「ハシビロコウはお辞儀ゆっくり  桃」、とぼけた取り合わせがよく、上乗の遣句です。「 宅配便で届く球根」、追っかけたり、宅配便が来たり、あっちこっちです。「シックスパックに憧れる日々」、トレーニングで腹筋が六つに割れる、そんな状態に憧れている人ですね。前句の学芸員さんそんな腹筋持ってそうです。

    「刀剣女子が歴史を学ぶ 閑坐」、「刀剣女子」と言っただけでも歴史のからみはありますので(出入りに使うつもりではないでしょうから)、「歴史を学ぶ」とすると繰り返しになります。「刀剣女子に真行の礼」「刀剣女子の学ぶすり足」、なんてどうでしょうね。

    「若草山は春の鹿どち  しをん」、前句にはいい映りですね。ここから春にしていくのも問題ないです(ナウは8句ありますが)。ただ、名残の裏ではありますが、まだ帰り支度せず、もう一ヤマあってよいかな、という気もします。勿論予めの絵柄があるわけではなく、連句はすべて出たとこ勝負です。

    ではどうぞ。        

    #50045 返信

    しをん

      パワースポット手話の賑やか             桃
    ナウ
    健脚の学芸員を追っかける               芳

       付け
     若草山は春の鹿どち                しをん        

    #50035 返信

    閑坐

    パワースポット手話の賑やか
    健脚の学芸員を追っかける

    付け

    刀剣女子が歴史を学ぶ

    #50030 返信

    桃太郎

    パワースポット手話の賑やか 桃
    健脚の学芸員を追っかける 芳

    付け
    ハシビロコウはお辞儀ゆっくり 桃
    宅配便で届く球根 々
    シックスパックに憧れる日々 々

    #50028 返信

    笑女

    前出の句、訂正します。

    背負子のキノコ危険過ぎると

    #50027 返信

    笑女

    パワースポット手話の賑やか
    健脚の学芸員を追っかける

    付け
    咀嚼狂わす悪い歯並び

    背負子の中身危険いっぱい

    #50026 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵
      忍者修行のツアー満員               芳
    此処彼処地域おこしに励む長             里
      ジルバ踊れる相手いないか             桃
    触れてみる金のピアスが冷たくて            を
      月を抱きし冬眠の蛇                庵 月・冬
    不夜城の弁財天に朝を待つ              坐
      パワースポット手話の賑やか             桃
    ナウ
    健脚の学芸員を追っかける               芳

    ○芳さんの原句は「健脚の学芸員を追っかけて」、「て留め」は「に留め」同様第三の留めと言い、古来大事に用いるものとされますが、ここは「追っかけて」→「追っかける」とさせて下さい。元気のいい学芸員えす。「水の綾インスタ映えを工夫して」。「パワースポット」でも「インスタ映え」を気にせずにはおれないということですね。

    「固唾呑むボールの転ぶフロアにて 閑坐」、「パワースポット」であれば引力に逆らってボールが床を転がり出すということのあるのでしょうね。

    「潮満ちて空を覗くか朱の鳥居 しをん」、打越に「弁財天」があって「朱の鳥居」はもどりますね。

    「入り婿が競りで落とした大まぐろ うに」、前句の「手話」から魚市場の競りの「手やり」(指のサイン)を連想した付けかと思います。これも手話と言えば手話ですね。

    ではどうぞ。

    #50002 返信

    うに

    提出句、破調がすぎたかもしれません。訂正します。

    付け
    入り婿が競りで落とした大まぐろ

    #50001 返信

    うに

    不夜城の弁財天に朝を待つ
    パワースポット手話の賑やか
    付け
    入り婿が競りで落としたまぐろ百貫

    #49994 返信

    しをん

    不夜城の弁財天に朝を待つ              坐
    パワースポット手話の賑やか            桃

      付け
    潮満ちて空を覗くか朱の鳥居           しをん

    #49991 返信

    閑坐

    不夜城の弁財天に朝を待つ
    パワースポット手話の賑やか

    付け

    固唾呑むボールの転ぶフロアにて

    よろしくお願いします。

    #49984 返信

    不夜城の弁財天に朝を待つ              坐
    パワースポット手話の賑やか            桃

    付け

    健脚の学芸員を追っかけて

    水の綾インスタ映えを工夫して

    「蘇芳色」不夜城、弁財天、歌舞伎町に合う色かなぁと思ったんですが、情念込めすぎました。(^^;

    #49980 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵
      忍者修行のツアー満員               芳
    此処彼処地域おこしに励む長             里
      ジルバ踊れる相手いないか             桃
    触れてみる金のピアスが冷たくて            を
      月を抱きし冬眠の蛇                庵 月・冬
    不夜城の弁財天に朝を待つ              坐
    パワースポット手話の賑やか            桃

    ○こんなところこんな時間に手話で遊んで人たちが遊んでいる、いいですね。「カジノ誘致のノーは9割」、横浜林市長のカジノ誘致の時事句。林さんでは鉄火場を仕切る人たちに立ちうち出来ませんね。素材がなますぎる付けです。

    「趣味は発明妻は社長に  女」、よく付きますし、前句とのストーリー展開もあります。「鯖缶の次狙い定めて」、「鯖缶」が受けたので、今度は何かという缶詰業界の思惑ですか。

    「蘇芳色した唐衣舞う 芳」、前句「弁財天」の其人の付け。「蘇芳色」というのは古くなった血の色のような感じですね。もっといい言葉ありそうですが、失礼。

    お次をどうぞ。

    #49979 返信

    月を抱きし冬眠の蛇                庵 月・冬
    不夜城の弁財天に朝を待つ              坐

    付け
    蘇芳色した唐衣舞う

    宜しくお願いします。

    #49975 返信

    笑女

    月を抱きし冬眠の蛇
    不夜城の弁財天に朝を待つ

    付け
    趣味は発明妻は社長に 女
    鯖缶の次狙い定めて 女

    #49960 返信

    桃太郎

    月を抱きし冬眠の蛇 庵
    不夜城の弁財天に朝を待つ 坐

    付け
    カジノ誘致のノーは9割 桃
    パワースポット手話の賑やか 々

    #49949 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵
      忍者修行のツアー満員               芳
    此処彼処地域おこしに励む長             里
      ジルバ踊れる相手いないか             桃
    触れてみる金のピアスが冷たくて            を
      月を抱きし冬眠の蛇                庵 月・冬
    不夜城の弁財天に朝を待つ              坐

    ○胸の透くような付句です。「弁財天」は水神や蛇と一体のものというイメージがありますので、前句をうまく包み込んでいます。「朝に待つ」は
    「朝を待つ」でしょうね。

    「口笛を吹くのを止めて畏まり 芳」、夜口笛を吹くと魔物(蛇)がくる、と昔子どものころ言われたものですが、そんなことを思い出しての付け
    ではないかと思います。「口笛を吹くものがいる橋の下」としてもいいですね。冬眠の蛇を起こそうなんて、ちょっときみわるいですが。

    「縄文の土偶の腹の妊娠線  笑女」、前句のアニミズムの世界とからまる面白い付けです。妊娠線(肉割れ)が表現されている土偶あるのでしょうか。
    縄文人もヘンなところにリアリズムを発揮しますね。スポーツで筋肉がつくことカタツムリが這った後のような肉割れが出来ますが、アレですね。

    「どこからか父の煙草の香るよう 桃」、前句に深入りはしていませんが、ほどのよいあしらいと思います。「今もまだ恋の余熱を引きずれば」、
    「恋」の語が三オ折立にありますが、連歌でも百韻の内二句までなら許されるとされますので、俳諧ですのでもっとゆるやかでよいと思います。
    「あの頃に返りたいとは思わぬが」、「月」の句を挟み自の句の気分が観音開きのようになっている感じします。「母の手の温もり捨てて
    出た家に」、前句と一体で読むと、何かこわい感じして来ます・・。

    「吹き出しのアラビア文字を変換す うに」、前句とどうからんでいるのか、ぱっと見では分かりませんが、アラビア文字から冬眠している蛇を連想しないこともないですね・・・。

    ではどうぞ。

    #49929 返信

    うに

    触れてみる金のピアスが冷たくて
    月を抱きしめ冬眠の蛇

    付け
    吹き出しのアラビア文字を変換す

    #49923 返信

    桃太郎

    触れてみる金のピアスが冷たくて を
    月を抱きしめ冬眠の蛇 庵

    付け
    どこからか父の煙草の香るよう 桃
    今もまだ恋の余熱を引きずれば 々
    あの頃に返りたいとは思わぬが 々
    母の手の温もり捨てて出た家に

    #49916 返信

    笑女

    触れてみる金のピアスが冷たくて
    月を抱きし冬眠の蛇

    付け
    縄文の土偶の腹の妊娠線

    #49914 返信

    触れてみる金のピアスが冷たくて            を
      月を抱きし冬眠の蛇                庵

    付け

    口笛を吹くのを止めて畏まり

    宜しくお願いします。

    #49912 返信

    閑坐

    触れてみる金のピアスが冷たくて
    月を抱きし冬眠の蛇

    付け

    不夜城の弁財天に朝に待つ

    #49910 返信

    いきなりすみません!
    冬の月の句、「ピアス…」うむ~と考えていました。
    「蛇にピアス」衝撃!連衆の皆さまに、いつも刺激されています。ありがとうございます。( ´∀`)

    #49909 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵
      忍者修行のツアー満員               芳
    此処彼処地域おこしに励む長             里
      ジルバ踊れる相手いないか             桃
    触れてみる金のピアスが冷たくて            を
      月を抱きし冬眠の蛇                庵

    ○凄い冬月が出ました。「ピアス」に「蛇」というので、金原ひとみの芥川賞受賞作の小説『蛇にピアス』の連想が
    あるのかなと思いました。蜷川幸雄による映画化も、ものがなしく、妙に引き込まれました。split tongueは衝撃的でした。

    おつぎをどうぞ。

    #49906 返信

    安庵

     ジルバ踊れる相手いないか             桃
    触れてみる金のピアスが冷たくて           を

      付
     月を抱きし冬眠の蛇                庵

    お願いいたします。

    #49894 返信

    雀羅

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵
      忍者修行のツアー満員               芳
    此処彼処地域おこしに励む長             里
      ジルバ踊れる相手いないか             桃
    触れてみる金のピアスが冷たくて         を

    ○おしゃれな付句ですね。

    うにさん、仰る通りとおもいます。俳諧は時代を記録する文芸だと思います。

    冬の月どうぞ。

    #49893 返信

    しをん

    此処彼処地域おこしに励む長             里
      ジルバ踊れる相手いないか             桃

         付け
    触れてみる金のピアスが冷たくて        しをん

    #49891 返信

    うに

    「ロスジェネ」、、、「こういう言葉が流布するの、いやですね。」とのことでしたが、日本語英語的省略が?連句の付けの中においても?話し言葉では使わないと思いますが、この世代の中でもこのように認識されることで、自分だけのせいではなかったのだと救われた思いがしたと書いている記事を読みました。(朝日デジタル・ロスジェネはいま)たまたま生まれた時代が、あるいは国がということで、一生が左右されるという理不尽。当時気がつかなかったのですが、身近にもいて後になって気がついたことでした。付けに何を書くかと考えたとき、記録しておいても良いテーマなのではと思いました。

    #49881 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵
      忍者修行のツアー満員               芳
    此処彼処地域おこしに励む長             里
      ジルバ踊れる相手いないか             桃

    ○勢いのある句、いいと思います。「レトルトカレー頼む通販」、「 生命線は百才にまで」、両句とも付かなくはないですが、治定句の動きを誘う付句、いいです。

    「ロスジェネはいま父親となり うに」、就職氷河期をくぐりぬけたアラフォー(40前後)の人たちを言いますかね。ロストジェネレーションということでしょうか、こういう言葉が流布するの、いやですね。ロスジェネ、ガンバレ。

    「皆に介護の来たる問題 閑坐」、前句の事情によく添っていると思います。「皆に介護の案内が来る」でしょうかね。

    では「ジルバ」の句にどうぞ。秋でも冬でも。

    #49878 返信

    閑坐

    忍者修行のツアー満員
    此処彼処地域おこしに励む長

    付け

    皆に介護の来たる問題

    #49859 返信

    桃太郎

    忍者修行のツアー満員 芳
    此処彼処地域おこしに励む長 里

    付け
    レトルトカレー頼む通販 桃
    ジルバ踊れる相手いないか 々
    生命線は百才にまで 々

    #49843 返信

    うに

    忍者修行のツアー満員
    此処彼処地域おこしに励む長

    付け
    ロスジェネはいま父親となり

    #49840 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵
      忍者修行のツアー満員               芳
    此処彼処地域おこしに励む長              里

    ○ニンジャの村を看板にした村おこしあるでしょうね。この「長」はきっと腰がしゃきっと伸びている人なんだろなと思います。

    ではどうぞ。

    #49837 返信

    上里

    番号を呼ばれて順に渡る川               庵
    忍者修行のツアー満員              芳

    付け

    此処彼処地域おこしに励む長    上里

    よろしくお願いいたします。

    #49833 返信

    雀羅

    ■そうですね。連句は「気配り」と「目配り」の文芸ですね(^^)

    #49826 返信

    安庵

    「番号を」の一直治定ありがとうございました。打越の「る」を見逃して「川渡る」にしてしまいました。気配り目配りを!と思います。

    #49814 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵
    忍者修行のツアー満員              芳

    ○付かず、離れず、いい感じですね。こんな「ツアー」、何故か定員オーバーになったりするんですよね。活き活きした二句間の交渉があります。「見習い」よりずっといいです。

    どうぞ。

    #49811 返信

    また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵

    すみません。修行と見習いが被る気がしますので訂正させてください。
    付け
    忍者修行のツアー満員

    宜しくお願いします。

    #49810 返信

    また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵

    付け

    忍者修行に励む見習い

    「演歌の句」ご指摘ありがとうございました。
    付けるということは、いろんな方向へ世界が広がり楽しいです。(´∇`)「かわいいQちゃん」の句にもなれるのですね。勉強になります。芳

    #49809 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か               女
    番号を呼ばれて順に渡る川               庵

    ○人間が番号で呼ばれているなんて、これだけでもどこか気味の悪い感じ出ますね。打越の語尾「る」のようなのも気を使いましょう。大打越「曲水」は水辺で「水辺三句去」ですが、蕉風連句は「異水辺越不嫌」とたいへんおおらかで、このへんあまり目くじら立てないということに。

    ではどうぞ。

    #49807 返信

    雀羅

    ■「囀りに逃がした鳥の声まじる」

    芳さん、前句の「鳥」に着目して付句するということ自体はおかしいことではないです。「囀り」があって「演歌聞き慣れこぶしそっくり」とすると「囀り」を「演歌」で繰り返す重複感、ダブリ感があります。逃げた鳥はいろんな探し方があると思いますが、フェースブックでも「九官鳥のQちゃんを探しています」とやったりするでしょうね。「フェースブックで探すQちゃん」とすれば九官鳥なのだなと想像が付きます。

    #49806 返信

    雀羅さま

    はい。「演歌聞き慣れこぶしそっくり」この句ですが前句の鳥に付けました。毎日演歌を聞いていたインコだったりして。しかし、鳥に付けるって変だったかな?それに、わかりにくいと思い作り直しました。単線はドアが開いたまま割りと待つのでぼんやりと待ちながら鳥の声に気付くかなと思い付けました。( ´∀`)

    #49804 返信

    安庵

    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か                女


    番号を呼ばれて順に川渡る 庵

    お願いします。

    #49802 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
     また戻り橋鬼の仕業か                女

    ○京都一条戻り橋には、古来、こんな気があるとされているようですね。前句の不調和の気に大胆に踏み出しましたね。「鬼」は千句にも一句とされるもので、猫は何度出られるかといった類の言葉とは異質のもの、次はどんな扉が開かれるのでしょう。「雲を蹴散らす裳裾捌きに」、これも大胆な句です。

    「マンホールにはキャラクターの絵 桃」、扱いにくい前句にはこういった軽い叙景も有効です。「記憶の迷路又行き止まり」、ややこしい感じの句ですが、「曲水」で妙な動きをする打越句に、通うところも・・。「赤い帯解き茹でる素麺」
    、「揖保素麺の赤い帯解き」位だと、もうちょっと軽く出来ますかね。

    「迷ふことなく煙草屋の角 しをん」、「逃がした鳥」に「迷ふことなく」で、ここに辺りと付けて見つけました。

    「日照雨のあとに彩雲の起つ うに」、迦陵頻伽といった「囀り」なら、こんな彩雲も出るのでしょうね。これも合います。

    「行き違い待つ古い単線 芳」、ずいぶん辺鄙なところまで鳥が逃げていったという感じです。「演歌聞き慣れこぶしそっくり」を「何かおかしいかなと思いましたので作り直しました」とのことですが、
    どこを「何かおかしい」と感じましたか。

    ではどうぞ。

    #49770 返信

    小石

    すみません。
    プラス思考は長生きのこつ
    取り下げます。
    三オ12に ポジティブ思考 が出ていました。

    #49764 返信

    盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅

    付け

    行き違い待つ古い単線

    すみません。何かおかしいかなと思いましたので作り直しました。宜しくお願いします。

    #49758 返信

    うに

    盃を追ふ人の曲水
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる

    付け
    日照雨のあとに彩雲の起つ

    #49757 返信

    小石

     盃を追ふ人の曲水      坐
    囀りに逃がした鳥の声まじる  羅

    付け
     プラス思考は長生きのこつ  石

    #49755 返信

    しをん

      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅

        付け
      迷ふことなく煙草屋の角             しをん

    #49752 返信

    笑女

    盃を追う人の曲水
    囀りに逃がした鳥の声まじる

    付け
    雲を蹴散らす裳裾捌きに

    また戻り橋鬼の仕業か

    #49738 返信

    桃太郎

    盃を追ふ人の曲水 坐
    囀りに逃がした鳥の声混じる 羅

    付け
    マンホールにはキャラクターの絵 桃
    記憶の迷路又行き止まり 々
    赤い帯解き茹でる素麺 々

    #49737 返信

    盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
    付け

    演歌聞き慣れこぶしそっくり

    宜しくお願いします。

    #49736 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
      盃を追ふ人の曲水                坐
    ナオ
    囀りに逃がした鳥の声まじる              羅

    ○閑坐さんの原句は「盃を追ふ曲水の宴」。曲水の宴はゆったりと盃が流れてきて、その間に歌を詠むという趣向。待ってればいいわけですが、盃を追っかける人もいないわけではない、でしょうね。相当にきこしめし、足許ふらついている人の振る舞いと見ることも出来ます。曲水の宴の雰囲気は「蘭亭曲水図」などネットで見られます。とろとろとした進行に見えますので、盃を追ったりしたらずいぶん調子の違う人ですが、これはこれで面白いと思います。

    いよいよ名残の表一折(20句)です。

    お次をどうぞ。

    #49730 返信

    閑坐

    逍遥趣味と履歴書にかく
    何も持たず何も奪わず花あかり

    付け

    盃を追ふ曲水の宴

    #49729 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく              庵
    何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春

    ○うにさんの原句は「花明りなにも持たずになにも奪はず」ですが、大きな字余りは頭に持ってくる方がよいですね。聖書のテモテ人前書第六章に「我らは何をも携へて世に来たらず、また何をも携へて世を去ること能はざればなり」とありますが、うがちすぎかもしれませんけれど、そのような本歌を思いました。

    「ジェネレーションギャップ逆手に花の宴  芳」、「逆手に」というのはどんなようなことをするのでしょうか・・。もうちょっと伝わるといいのですが。

    では春の短句です。

    #49723 返信

    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく           庵

    付け
    ジェネレーションギャップ逆手に花の宴 芳

    宜しくお願いします。

    #49722 返信

    うに

    再度。

    付け
    花明りなにも持たずになにも奪はず

    お願いします。

    #49719 返信

    うに

    提出句、「彷徨ふ」と「逍遥」ベタでした。引っ込めます。

    #49718 返信

    うに

    空蝉は月の光の中に絶え
    逍遥趣味と履歴書にかく

    付け
    花明りゆくへを知らに彷徨へり

    #49691 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
      逍遙趣味と履歴書にかく           庵

    ○気取ったというべきかマイペースの人というべきか、前句のようなものに惹かれている生活感覚の人なら、こんな履歴書もありそうな気がします。変わり者を採りたいと思っている経営者でなければ無理そうなタイプです。

    「僕のおじさんSF作家」、「SF作家」は四三ですから(ゼッタイだめというわけではありません)、「SFで食う僕のおじさん」、なんてやってもいいですね。

    「渇きを癒やすドラキュラの爪 芳」、「渇きの癒えぬドラキュラの日記(にき)」、位、もう少し曲が欲しいです。自分が
    役(ドラキュラ)になりきると色々句が出来るとおもいます。「試してみたい魔法の呪文」、ことらは四三ということで引っ込められましたが、四三に問題があるということだけなら簡単に調整できることです。このままですと、普通の文です。「魔法の呪文試さすにおく」とすれば、句境が少し広がります。

    「本の栞のするり抜け落ち うに」、遣句、あるいは遁句(にげく)という付心の句です。こういうのは場の句でもあり自の句でもありという性質を持っています。

    では花の句をどうぞ。

    #49684 返信

    すいません。
    四三になっていました。取り下げます。
    バタバタ忙しくてすみません。

    #49683 返信

    百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 

    付け

    試してみたい魔法の呪文

    もしや、花前かと思いましてドラキュラは血なまぐさいのでファンタジーの方に路線を変えます。
    宜しくお願いします。

    #49678 返信

        うに

    訂正します。

    付け
    本の栞のするり抜け落つ

    #49677 返信

        うに

    百葉箱はぺんき塗りたて
    空蝉は月の光の中に絶え

    付け
    本の栞のするり抜け落ち

    #49675 返信

    百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
    付け

    渇きを癒やすドラキュラの爪

    宜しくお願いします。

    #49669 返信

    閑坐

    百葉箱はぺんき塗りたて
    空蝉は月の光の中に絶え

    付け

    僕のおじさんSF作家

    #49668 返信

    安庵

     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏

       付
     逍遙趣味と履歴書にかく      庵

    お願いします。

    #49666 返信

    雀羅

    ■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

    米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

    風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
     ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
    咳払影絵の舞台整ひて              うに
     空気読まない派手な着信            芳
    九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
     八枚切りのパンは売り切れ            に
    なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
     へちまを下げる宗匠の路地             桃

    さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
     牛若丸は甲子園かも             しをん
    恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
     花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
    佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
     髪をバッサリ切って卒業              坐
    半刻をいけない人と蛍舟               女
     夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
    ペン先のインク固まる文机              芳
     金運上げる風水に凝り               桃
    あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
     石垣崩すガジュマルの木は            上里
    二オ
    床の間に人形をおく初景色              羅
     膳のさびしき雨の正月              庵
    おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
     目覚めた猫の手足のびやか            小石
    くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
     今は昔の孟母三遷                を
    針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
      夕べの虹をひとは見届け             に
    端とはじ耳にあてれば水の音             庵
     湖畔と犬と若き女性と              坐
    明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
     ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
    二ウ
    露寒の故郷に住む人のこと              桃
     縁談十組纏めると言う               を
    痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
     白村江からずっとこのかた            羅
    穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
     走り書きには昼寝起こすな            芳
    馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
     風ニモマケズ凛と磯菊               芳
    銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
     イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
    おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
     鏡の中も抱卵期なり                羅
    三オ
    猫の子を窺っている恋がたき             坐
     少し言葉の多すぎた夜                桃
    完璧なアリバイが生む不信感              芳
     お約束ならここでカツ丼              桃
    勝負する前に勝負がついてをり            芳
     朝がくるのか夜になるのか             石
    流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
     懐紙の上に石榴弾ける               羅
    上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
     寄せては返す人の世の波              桃 
    船上で万歩計見る几帳面               に
     ポジティブ思考裏目裏目に              女 
    三ウ
    神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
     風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
    母と娘が同窓になる芸大に             羅
      恋の舞台に度胸試され             坐
    男気のラップバトルを見せつける           芳
     紙より軽い約束があり              桃
    後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
     百葉箱はぺんき塗りたて              石
    空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 

    ○夏の月を出して、アレンジ感覚いいですね。場の句を続けましたが、余情のある句だと思います。余情を言うのに「さび・しほり・ほそみ」の言葉がありますが、しほりのある句が一巻に何句か入ってくると一巻が味わえるものになります。「しほりとはなんぞや」ですが、それを言い出している去来自体(『去来抄』)、「言語筆頭に応じがたし」という次第ですので、ムードで受け止めて頂くしか有りません。

    「向日葵が号泣をする月の夜」、すごい句です。手を出したくなりますが、連句は一句立ちではありませんから、一句に惚れるわけにはいきません。「夏休み月傾けて終わりけり」、やはり平句ですので切れ字は避けましょう。

    「暴落の株価グラフに虎落笛 うに」、「株価グラフに」はちょっと重複感も・・。「暴落の株価に宿の虎落笛」と、一手間加わる味が変わります、うにさん、「見たいようにみてしまう」のは誰しものことで、そのこと自体は咎めることではないですが、そこにどれだけ普遍性があるか、普遍性があるとまでは言えないにしても面白い発見なのか、そこをはっきり出来ればいいことだと思います。これからの連句は、「そうだからそうなんだ」で済ませるのではなく、気持ちと事実をつなぐ言葉をはしょらないことも大事だと思います。

    「銀河よりはやぶさ2の知らせあり 閑坐」、前句と一緒にすると、科学少年のときめきが伝わってくる感じです。

    「絵日記の最後を飾る時計草 しをん」、お直しになって良かったですね。いい感じの付けです。新学期が始まる前の、小中学校の子どもたちの心持ちが伝わります。この子はしっかりした夏休みを過ごせたようですね。私は小中だけでなく、高校でも、蟻とキリギリスのキリギリスやったむくいで、最後はラッシュ/\の記憶しかありません。ひょっとしてそれは今も・・。新学期が始まる前は、子どもたちだけでなく学校の先生方も、ユウウツになる方いると聞きます。1週間乗りきれば大分違うと思いますので、子どもも大人も早まったことしないように、と思います。

    それではどうぞ。雑の短句です。

    #49664 返信

    うに

    前便最後、「このことは」おかしな言い方でした。自句を他の方の場の句と並べてみると、はっきりと場の句ではないということがわかりました。

100件の返信を表示中 - 201 - 300件目 (全2,403件中)