インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。

インターネット連句を始めます。

  • このトピックには5,400件の返信、2人の参加者があり、最後にサイト管理者により4週前に更新されました。
10件の返信を表示中 - 3,061 - 3,070件目 (全5,402件中)
  • 投稿者
    返信
  • #50547
    ゲスト

    光明さま
    賜餐「少年探偵団」の巻、満尾おめでとうごさいます。
    賜餐という初めての形式を体験させていただきありがとうございました。全十二句という短い形式の中にさまざまな題材を詠み序、破、急の波を作る中身の濃い一巻を作り上げるのだなと思いました。この一巻の解説の「人生模様」が描かれたと言う言葉にドキッとしました。連句は連衆の皆さまの何が来るかわからない個性ある投句から一巻が作り上がるのですから、お捌きによりどのような作品に仕上がっていくのかが、またまた楽しくなりました。次回の「獅子」も宜しくお願いします。

    #50546
    遥夢
    ゲスト

    光明さま
    満尾おめでとうございます!楽しませていただきありがとうございました。
    何より投句全てにご評を付けて下さったのでとても勉強になりました。、
    あっという間の「賜餐」でしたので次巻の「獅子」もお仲間に入れていただきたく、
    発句を投句させていただきます。

      天高し球音響く河川敷 遥夢(秋)

    #50545
    しをん
    ゲスト

    お捌き様、連衆の皆様
    少年探偵団(賜餐)満尾おめでとうございます。

    お捌き様の解説を拝見して、人生模様を短い形式の一巻に見事に編み込まれていることに
    改めてに感動致しました。
    そこに連衆として加えて頂けましたことを心から感謝いたします。ありがとうございました。

    また、お捌き様には私の厚かましい問に懇切丁寧に解説、ご教示下さいまして誠にありがとうございました。
    少し「もやもや」していたのですが、これでよく理解できました。

    次回の興行も楽しみにさせて頂きます。
    宜しくお願い申し上げます。

                                 しをん

    #50537
    光明
    ゲスト

    10月 2日
    祝満尾! 賜餐「少年探偵団」の巻に付け句をお寄せいただきありがとうございました。まずは最初の作品、無事満尾となりました。これも連衆の皆様のご協力が有ってのことと、心より感謝申し上げます。
    挙句は今日さんの「薩摩上布に懸ける爺様」をいただきました。これをもって、表の「少年」から始まり、裏の愛する「君」という恋人たち、名残の表では「人びと」と「船頭」という群像、そして名残の裏の「爺様」という、人生模様が起承転結で描かれる一巻となりました。これは12句という短い形式を楽しむ工夫のひとつだと言えるでしょう。
    さて、しをんさんから[ナウニに出した句についてですが、「山荘」は「十七季」の三夏に「サマーハウス」の同類として載っていますが。]とのお尋ねがありました。実際、その通りに載っていますが、「十七季」が完璧な歳時記で絶対だとは言えない面があります。
    「十七季」は連句人には重宝な季語辞典ですが、すべての季語が載っているわけでもないという反面、他の歳時記に載っていない季語が載っているという事実があります。それが、今回の「山荘」なんです。
    私が述べた『「山小屋」は夏の季語ですが「山荘」は季語ではないのです。』という根拠は、講談社版の「カラー図説日本大歳時記」によります。これには一般季題として「サマーハウス」が載っており、傍題として「海の家」「ビーチハウス」が載っているだけで「山荘」は載っていません。その解説は『海水浴用の葭簀囲いの海の家がここでいうサマーハウスというほど、しゃれた建物とも考えられないがサマーハウスといえばそういえなくもない。一方、高原や林間に建てられたペンションとか、山荘が夏期に利用される場合に、それをサマーハウスと呼ぶことにも問題はないわけではないが、夏の座敷を「夏座敷」として季題に用いて不思議でないのなら、海浜の「海の家」も林間や高原に建てられた避暑用のさまざまな建物がすべて「サマーハウス」と呼ばれても不思議ではない。ただし「山の家」「山荘」だけでは季題になるまい。〔岡田日郎〕』との記述から判断しました。
    しかし、時期的には古い刊行の、角川版『図説俳句大歳時記』には「サマーハウス」の傍題として「山荘」「山の家」が載っているのです。「十七季」はこれに拠っていると思います。
    というように、季語の有効性の判断には悩ましいものがありますが、私は「サマーハウス」なら採りますが、「山荘」では採らないという結論にさせて頂きます。
    さて、次は「賜餐」と同じ窪田氏創案の「獅子」(16句)を巻いて行こうと思います、そこで、発句を募りますので6日中にお送りください。その中から選び、7日にスタートさせていただきます。

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    少年探偵団(賜餐)   2019.9.8起首

       野分だつ僕ら少年探偵団          光明(秋)
        月に透かせば顕れし地図         夕汐(月)
       鳥渡る一村十戸寄り添うて        しをん(秋)

    ウ   赤いカバンが助手席に乗る        安庵(恋)
       逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)
        とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)

    ナオ 凍解けて石仏少し傾きぬ          ゆき(春)
        人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)
       船頭の訛り暖か堀巡り            芳(春)

    ナウ  夢のつづきは猫といっしょに       小石(雑)
       噴水に遊ぶ親子の楽しげな         閑坐(夏)
        薩摩上布に懸ける爺様          今日(夏)
             2019.10.2満尾

    みなさんの付句
    薩摩上布のひいおじいさま        今日(夏)
     *この句を「薩摩上布に懸ける爺様」に修正していただきました。

    祭り囃子を遠く聞く宿          遥夢(夏)
     *「噴水」に遊び、続けて「祭り囃子」を楽しむのは、少し遊び過ぎかな。「子」字が前句「親子」に出ているので、一語一会を守る思いから「囃子」は気になります。

    思い出語る浜の夕凪           閑坐(夏)
     *すべては思い出の彼方に、とするこういう仕舞い方もあるのかな

    アイスクリンの店に行列         夕汐(夏)
     *食べ物が出て居なかったので、高知の「アイスクリン」は美味しい句ですね。ウ三の「とろけそうだよ」が少し、引っかかりますが。

    朝顔市のさんざめく声         メロン(夏)
     *植物で締めるという手もありですね。ナオ三「訛り」が気になります。

    サマーハウスに響くオカリナ       麻子(夏)
     *音楽も出ていないので、挙句として効果的だと思います。

    カレーライスの香る夏の日       しをん(夏)
     *暑い日のカレーは元気が出ます。「日」字が既出ですね。

    夏たけなわの恩賜公園          安庵(夏)
    豊年星をスマホ検索           安庵(夏)
     *申し訳ないのですが、一句付けでお願いします。「恩賜公園」に噴水があるかどうか不勉強ですが、「公園」を出すことで前句の説明句になって付き過ぎと判断されますね。
    「豊年星」は「赤星」の傍題で、さそり座のアンタレスのこと。この季語も講談社の『カラー図説日本大歳時記』には載っておらず、『十七季』と角川の『図説俳句大歳時記』には載っているという季語です。色が赤い年ほど豊作の兆しとされ、「豊年星」と名付けられたようです。そういったことをスマホで検索するということだけで、挙句としては物足りなさを覚えます。

    ちゃぶ台囲み粽と緑茶          ゆき(夏)
     *舞台設定の小道具である「粽」と「緑茶」に展開を委ね過ぎ、読者の想いが入る余地を無くしている感ありです。

    #50535
    ゆき
    ゲスト

    夢のつづきは猫といっしょに  小石(雑)

      付け句
    ちゃぶ台囲み粽と緑茶   (夏)

    八時を回りましたが・・。お願いします。

    #50534
    安庵
    ゲスト

     夢のつづきは猫といっしょに  小石(雑)                     
    噴水に遊ぶ親子の楽しげな 閑坐(夏)                            
       

        夏たけなわの恩賜公園         安庵(夏)
        豊年星をスマホ検索            (夏)

    お願いします。

    #50533
    しをん
    ゲスト

    ナウ  夢のつづきは猫といっしょに       小石(雑)
       噴水に遊ぶ親子の楽しげな         閑坐(夏)

             付け

        カレーライスの香る夏の日      しをん  (夏)

    よろしくお願いします。
    それからナウニに出した句についてですが、「山荘」は「十七季」の三夏に「サマーハウス」の同類として載っていますが。
                              

    #50532
    麻子
    ゲスト

    ナウ  夢のつづきは猫といっしょに       小石(雑)
       噴水に遊ぶ親子の楽しげな         閑坐(夏)
    付け
    サマーハウスに響くオカリナ   麻子

    #50530
    メロン
    ゲスト

          挙句

       夕陽の彩も秋近き彩

       朝顔市のさんざめく声

      
      宜しくお願い致します。

    #50528
    夕汐
    ゲスト

     夢のつづきは猫といっしょに
    噴水に遊ぶ親子の楽しげな
    付け
     アイスクリンの店に行列  夕汐

     お名残惜しく挙句となりました。

10件の返信を表示中 - 3,061 - 3,070件目 (全5,402件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。