インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。

インターネット連句を始めます。

  • このトピックには5,400件の返信、2人の参加者があり、最後にサイト管理者により1ヶ月前に更新されました。
10件の返信を表示中 - 3,621 - 3,630件目 (全5,402件中)
  • 投稿者
    返信
  • #47831
    安庵
    ゲスト

    乞はれつつ月物語る千一夜          田助 月・秋
    色なき風はため息に似て          桃
    ナウ

    付け
    古酒新酒密造まじる芋煮会 庵

    よろしくお願いします。

    #47822
    閑坐
    ゲスト

    乞はれつつ月物語る千一夜
    色なき風はため息に似て

    付け

    紅葉踏む山道険し水清く

    #47811
    ゲスト

    すみません。訂正させてください。
    ナウ
    付け
    特Aじゃなくても美味い今年米 芳

    宝くじ売り子の胸に赤い羽根 芳

    宜しくお願いします。

    いつも、宝くじ売り場の横で赤い羽根募金しているので作りましたが、わかりづらいので訂正します。

    #47810
    ゲスト

    乞はれつつ月物語る千一夜          田助 月・秋
      色なき風はため息に似て          桃
    ナウ
    付け
    特Aじゃなくても美味い今年米
    宝くじ買いづらいかも赤い羽根

    都会の方にはわかりづらいかなぁ(^^;

    #47802
    雀羅
    ゲスト

    ■前文、「千夜一夜月物語」→「千夜一夜物語」です。

    #47801
    雀羅
    ゲスト

    ■~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    歌仙「紙舟に」      2019.6.1 起首    【5時~6時治定】

    紙舟に風待月の潮路かな          雀羅
     橋の彼方にはまなすの島         桃太郎
    ふる里の夢を青磁に染め付けて       芳
     薪棚を薪いっぱいにする         うに
    女子寮の語らひさやに十三夜        しをん  月・秋
     藻に住む虫の立てる聞き耳        優

    この時と韋駄天走り茸番          芳
      穴あき銭を鳴らす親分          千百
    寅年に猫を預けるめいわくさ        羅
     星占いで相性を決め            桃
    献血が趣味だと笑う人といる        ゆかり
     ポイントカードで財布ぱんぱん       に
    ぴかぴかのビリケンさんに頬ずりす      庵
      大綿虫のとんでくる頃          小石
    月の道もどれば紅葉鍋が待ち         桃  月・冬
      杜氏の嫁の好きな舟唄           庵
    凪いでなほ丹波の里に花降らせ        に 花・春
      はるの憂いに染まる極楽         百
    ナオ
    重箱に草餅を詰め野点傘           に
     若芝の庭午後の日矢受け          を
    高校のビブリオバトル接戦に          芳
     親子喧嘩の出来る家族も         閑坐
    泣かせてよ目薬入れただけだから 桃
     剃り跡青きゲイに朝蜘蛛          羅
    ふたりにも聞こえ始めた隙間風        坐
     君のテーブルぼくの本棚          に
    翌朝はコパカバーナへひとっ飛び         庵
     覇王樹の傷癒す波音            桃
    乞はれつつ月物語る千一夜          田助 月・秋
      色なき風はため息に似て          桃
    ナウ

    ○原句の「ため息にのり」はちょっと言い過ぎな感じもします。治定句くらいでどうでしょうか。打越が「覇王樹の傷癒す」と強い憂愁を帯びていますからマイナー気分の再現は避けたいところですが、このあたりまでならセーフかな、と思います。その点「リュートの秋思いかに伝えん」の「秋思」はライン踏んでますね。

    「パティオにルルル邯鄲の声 しをん」、「波音」~「邯鄲の声」、この辺もチェック入っていいところです。

    「露をふるわす検校の琵琶  庵」、琵琶法師の演目は「平家物語」がメインのようですが、「千夜一夜月物語」も演ずることがあるのかどうか・・・といった疑問も湧きます。現代なら何でもありかも知れません。

    「睫毛の露をそっと拭いて」「睫毛の露に触れる唇 芳」、露は気象現象ですが、このように詠まれると「涙」の意になります。すごく繊細です。ただやはり打越の傷心の気分から離れ切れてないように思います。

    では秋の長句でどうぞ。

    #47787
    桃太郎
    ゲスト

    覇王樹の傷癒す波音

    乞はれつつ月物語る千一夜
    田助

    付け
    色なき風はため息にのり

    リュートの秋思いかに伝えん

    #47786
    ゲスト

    覇王樹の傷癒す波音            桃
    乞はれつつ月物語る千一夜          田助 月・秋

    付け

    睫毛の露をそっと拭いて
    睫毛の露に触れる唇

    #47783
    安庵
    ゲスト

    覇王樹の傷癒す波音            桃
    乞はれつつ月物語る千一夜          田助 月・秋

    付け
    露をふるわす検校の琵琶 庵

    よろしくお願いいたします。

    #47772
    しをん
    ゲスト

     覇王樹の傷癒す波音            桃
    乞はれつつ月物語る千一夜          田助 月・秋

       付け
    パティオにルルル邯鄲の声          しをん

10件の返信を表示中 - 3,621 - 3,630件目 (全5,402件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。