返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#17004
雀羅
ゲスト

■⑤歌仙「ポケットの」ウ7治定  
∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂
⑤歌仙「ポケットの」        2018.6.2 起首

ポケットの中に景色や更衣             雀羅
 卯波を蔵うコインロッカー            桃
大陸に版画の行方追ひかけて           小波
 丘にのぼれば街の灯が見え           田助
町をあげ歌へ踊れの月の宴             富士 月・秋
 背中に眠る児へは秋風              晴

不受不施の寺の団栗転がり来          にゃん子
 百回噛めば満つるしあはせ            麦子
昨日の歯医者の予約思ひ出し             富
 心変はりを責めぬ夕風              小石
お隣のフランソワーズはうちのタマ          桃
  感謝祭から太り始める              羅 
眠らざる街にファミレス冬の月           富
(眠らざる街のファミレス冬満月)原句

○富士さんの付句は俳句の独立句に近い形を取る傾向ありますね。連句の場合(発句・脇・第三・挙句)以外は平句といって、切れを入れずに詠みます。「片付かぬことばかりなり/月凍つる」も切れの入った句です。「 月冴ゆる/思考だんだん動き出し」も活用語の終止形を上五においた俳句になりますね。色々お試し下さい。

お次をどうぞ。

0