一般社団法人日本連句協会の紹介

令和3年度役員
会 長
高尾秀四郎 

 

副会長
小川廣男  小池正博
吉田酔山

理事長
林転石

常任理事

 大久保風子  近藤蕉肝  
  白根順子  宮川尚子  
木之下みなみ  山中たけを 
高橋賢

 

理 事
 梅村光明   大山とし 
 栗原和宏   五郎丸照子
鈴木千惠子   鈴木了斎 
 高岡風蘭   南雲玉江 
 平井繁樹   森川敬三 
  渡辺紬   勝又丘女 
 鈴木善春   高山達雄 
 平林香織   奥野美友紀
馬場由紀子   村松定史 

監 事
渡部春水  東浦佳子

 

沿革

昭和56年11 月
俳句文学館に於いて連句懇話会設立総会開催。 {連句協会の前身}
代表幹事は、阿片瓢郎、今泉宇涯、大林杣平、岡本春人、わだとしお(村野夏生)。
常任幹事は、宇咲冬男、土屋実郎、松村武雄、 宮下太郎。
会の主要事業として会報、連句年鑑の発行、全国大会の開催等を決定。
12月連句懇話会報第1号発刊


 昭和57年6月
第1回全国大会を比叡山延暦寺にて開催。同年第1回連句懇話会賞発表。「満天星」の巻。


 昭和58年6月
第2回全国大会を東京、芝増上寺にて開催。以下平成2年まで同所で開催。


昭和63年10月
国民文化祭正式参加を目指し、懇話会から「連句協会」へと改組。


 平成2年10月
国民文化祭正式種目 (連句部門)として参加。松山市・子規記念館に於いて全国連句大会を開
催。以後、全国各地にて毎年参加。


 平成3年より
協会総会・連句大会を東京北区民会館で開催。以後7年まで同所で開催。


平成4年
協会10周年記念記念として「現代連句集」を刊行


平成8年
協会総会・連句大会を東京代々木「日本青年館」にて開催、以後同所で開催


平成9年
連句協会賞廃止


平成14年
連句協会20周年「現代連句集2」を刊行。


平成17年
「連句年鑑」は通巻24号、連句協会報は145号を数える。


平成18年
設立25周年を迎える。
記念事業として公式サイト開設運営開始


平成24年
連句協会三十周年記念「現代連句集Ⅲ」を刊行


平成26年3月9日
一般社団法人日本連句協会へ移行。

+7
+7