返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#19538
雀羅
ゲスト

■⑥歌仙「天牛や」ウ12治定
∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂∂

天牛や新幹線を止める雨        雀羅
 甚平のまま乗り移る舟       和嘉子
透かし入りノートブックを文机に     桃
 保養所の庭四季を彩り        富士
風に乗り玉兎の駆けて行く小径     小波 月・秋
 湧き水で研ぐ郷の新米         富

冬隣内なる鬼と打ち解けて        羅
 小町の歌を懸想文売          桃
あれ以来三日にあげず見る夢は      富
 くらげ寄せくる原発の海        羅
シャンパンの泡は細かにたちのぼり    桃
 絵筆に浸す淡き桃色         嘉
今ここでローランサンになりたくて    波
 ワープの基本五秒息とめ       小石
天窓の真上に月の冴ゆる刻        富 月・冬
  猫のかあさん予習復習        桃
よるべなく風に押さるる花筏       富
(よるべなき風の操る花筏)原句
 店のはんこを掏たれたる春      羅
ナオ

○「よるべなき」とすると「花筏」より「風」にかかります。修飾語は直前においた方がよいですね。打越句も場で付句も場、というのが気になるという方もあるかと思いますが、「天窓」句の成分は「居所・天象・室内・冬」、付句は「吹物・花・水辺・戸外・春」、転じているかいないかは自他場も勿論大事ですが、総合的に勘案することが自然ではないかと思います。「卒業し幾星霜の花の門」、季重りということもありますが、「予習復習」→「卒業」がまっすぐ入っている感じです。

では春でも雑でもどうぞ。 

0