ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#43735 返信

雀羅

■もう少し・・

花野ゆくをさなごを追ふ母であり           紫苑
 をんなはぶたぬアメリカの兵            羅
霧積の湯にほどかれて歌一首             安庵

○「霧積の湯」というのはネットで調べると安中市松井田町坂本にある温泉地とあり、アクセスが悪いところに見えますが、昔は文人墨客の訪れていますので「歌一種」も違和感ありません。ちなみに「墨客(ボッカク)」を背中に墨を入れたお客さんと思ってる人がいるようですが、書画を愛好する人のことですね。恋句には恋句でこたえないといけませんが、「湯にほどかれて」に少しその気分もありますが、恋句は一句としてもはっきり恋句にしたいところです。

安中市松井田町坂本と言えば、先月28日に花柳幻舟さんが転落して亡くなった「めがね橋」のあるところですね。メディアのお仕着せではない幻舟さん自身の言葉で書かれたものを読みたいと思い、この人の『小学校中退、大学卒業』をすぐ入手して読みましたが、2歳から旅芸人の父親と舞台に立ち、26回転校し小学3年で「学校」を見限って・・という、すさまじい生き方、頑張りに、胸熱くなって「幻舟の首途や雨の梅ましろ」と一句捧げました。

脇道にそれました。