ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#43859 返信

雀羅

■⑪歌仙「浅春の」ウ8治定        2019.3.32 起首
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キーンドナルド氏に
浅春の過客閲(ケミ)する月日かな           雀羅
 書棚に馨る梅の一輪                 摩悠
名残雪虹色の夢手に受けて             あげは
  彼方の空に煙上れる                 不映
有明の水脈(みお)を曳きゆく漁舟(イサナブネ)     田助
 曲げわっぱには零余子飯詰め             は

花野ゆくをさなごを追ふ母であり          しをん
 をんなはぶたぬアメリカの兵             羅
オムレツのフォークに残る赤い紅           うに
 寄せ書きしたる色紙黄ばんで            は
古書市に浄瑠璃本を見つけたる            紫
 父のめがねの似合う麦秋             小石
夕焼雲ヨガ教室は高階に               に
 ショートパンツで月を迎える            映

○「友と泡盛」→「友と冷麦」、ヨガをやってすぐの飲食は感心しませんし、「友」がやってくるのが早いですね。「ヨガ」~「汗拭きながら」も続きと言う感じす。「ショートパンツ」句、結構ですね。 

「涼しき月に流れガンジス」、「ヨガ」に「ガンジス」は付き物ですが、言いようで何とかなりそうです。でもこれ「教室」ですから・・。「ガンジス河」は「恒河(ごうが)」とも言いますが、「涼しき月に恒河さざめき」とかすれば、大きな壁に貼ったガンジスの写真くらいには見えますね。

「べジタリアンは数学教師」、ヨガをする人の其人の付けになって、変化が出て面白いです。ただ、短句結句の「すうがくく/きょうし」は四三といって、伝統的には避ける韻律とされます。これを掘り下げるとなかなか面白い話になって行きます。四三ゼッタイだめとは思いませんが、意識した方がよい韻律です。「ベジタリアンにゆがむ数学」(三四)などととすればOkです。

続けてでもどんどんお出し下さい。三句続けては採りませんが二句までは採ります。私も顔出す時は続けて出ますが、出ない時はぱたっと出ません。気分本位がいちばんいいのでおゆるし下さい(^^)

どうぞ。