ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#43868 返信

雀羅

■⑪歌仙「浅春の」ウ9治定        2019.3.32 起首
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キーンドナルド氏に
浅春の過客閲(ケミ)する月日かな           雀羅
 書棚に馨る梅の一輪                 摩悠
名残雪虹色の夢手に受けて             あげは
  彼方の空に煙上れる                 不映
有明の水脈(みお)を曳きゆく漁舟(イサナブネ)     田助
 曲げわっぱには零余子飯詰め             は

花野ゆくをさなごを追ふ母であり          しをん
 をんなはぶたぬアメリカの兵             羅
オムレツのフォークに残る赤い紅           うに
 寄せ書きしたる色紙黄ばんで            は
古書市に浄瑠璃本を見つけたる            紫
 父のめがねの似合う麦秋             小石
夕焼雲ヨガ教室は高階に               に
 ショートパンツで月を迎える            映
奥さまは魔女いっしゅんでピッカピカ        安庵

○もちろん、お顔の手入れというのではなく、住まいや調度をいつも綺麗にしておくということですね。「いっしゅんで」というのは、はたきかけたり、雑巾がけしたり、そうじ機を引っ張ったり、そんなことを省く魔法を持っているということだと思います。世の中の主婦(あるいは主夫)はこんな魔女願望を秘めているのでしょうね。よけいな話ですが、むかし上の娘が保育園にいた頃、「おとうさんマジョの反対はなに?」「さあ」「知らないの、マオトコっていうんじゃない?」とのたまって、うっ、となったことありました。

安庵さん、「破調というか句またがりですが、、、」ですが、たしかに、「奥さまは/魔女いっしゅんで/」ではなく「奥さまは魔女/いっしゅんで」と読みたいところですね。「句跨り」が問題になるのは第三だけで、句跨りゆえにどうこうということはありません。というか、「破調」も一句の持ち味として生かすことは出来る表現の成分だと思います。

雑の短句でどうぞ。