返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#44119
雀羅
ゲスト

■⑪歌仙「浅春の」ナオ9治定        2019.3.32 起首
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鬼怒鳴門氏に
浅春の過客閲(ケミ)する月日かな           雀羅
 書棚に馨る梅の一輪                 摩悠
名残雪虹色の夢手に受けて             あげは
  彼方の空に煙上れる                 不映
有明の水脈(みお)を曳きゆく漁舟(イサナブネ)     田助 月・秋
 曲げわっぱには零余子飯詰め             は

花野ゆくをさなごを追ふ母であり          しをん
 をんなはぶたぬアメリカの兵             羅
オムレツのフォークに残る赤い紅           うに
 寄せ書きしたる色紙黄ばんで            は
古書市に浄瑠璃本を見つけたる            紫
 父のめがねの似合う麦秋             小石
夕焼雲ヨガ教室は高階に               に
 ショートパンツで月を迎える            映 月・夏
奥さまは魔女いっしゅんでピッカピカ        安庵
 ともだちの輪が世間さわがせ            は
一山のひかりを集め花吹雪              ん
 針魚のにぎり信楽に映え              庵
ナオ
焙炉場(ホイロバ)にあねさんかぶりしてた姉       映
  胸の揺らぎは渋い声から             は
閉まるドア共に押さえて乗った人           映
  浜通りには潮の香があり             羅 
わざはひを希望に変へて立つ石碑           は
 井戸の茶碗を志の輔で聴く            石
尻尾から鯛焼き食べる律儀者             映
 帳場箪笥に冬日射し入り             ん
適温になればおしえる電子音             は

○あげはさんの原句は「風呂沸いたご飯炊けたと電子音」でしたが、打越に「鯛焼き食べる」とあり、「ご飯炊けた」は食べ物ですので避けましょう。「しゃべる電化製品」は家庭の中にどんどん入り込んでますが、夜中にうしろから「ここ空いてますか」なんて話しかけられると・・・、ですね。ここはさらっとしたところがいいです。

「支え合ふ仮想通貨の欲の皮 不映」、欲の皮の張った人同士、儲かる人と損する人だけで支え合って(食い合って)いれば
どうぞというものでしょうけれど、まともな経済活動も掻き回してくれるのが「仮想通貨」なのでしょうね。「帳場」からの連想と思いますが、またちょっとねばっこくなりました。

しをんさんのご質問に。


質問です。実は「冬日当たりて」と第三の留め方としての「て」を使いつつも気になっていたのですが「冬日射し入り」と一直して下さるとそれはなくなりました。なるべくなら避けて別の留め方を探すのが良いということでしょうか。

「て留め」は避けたいと一律に思うわけではありませんが、仰るように「て留め」は(「に留め」もですが)、第三の留めとも言われて、強い留めの形として諸書の作法書に取り上げられています。特に下句(七七のこと)に、作例としてもその傾向は強いです。このような場合の選択や一直は一般論より個別具体的な吟味のなかで得られます。原句と治定句はいかのようでした。

  原句  帳場箪笥に冬日当たりて
  治定句 帳場箪笥に冬日射し入り

「て留め」、強いですよね。治定句のようにした方が、ここはお互い(前句もその後の句との関係も)らくなような感じするのですが、どうでしょうか。

では雑の短句をどうぞ。

0