返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#45630
雀羅
ゲスト

■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

百韻「日月は」         2019.4.16 起首

日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅
 雀の子らの集う軒先              古柏
春の朝川柳欄を食卓に             不映
 上司と似た名いつも見つける          芳
潮の香の導く先に海と空            村宅
 丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ
萩散る庵に残る足跡            優

○謫仙さんのいる庵にお友達が来たのですね。おしのびっぽいところが、裏へのかかりを期待させます。

「秋鳴きの鳶抱く峰山 五帳面」、「秋鳴きの鳶」という言い方聞きませんが、却って新鮮ですね。仙境を思わせます。

「夢か現か踊る秋蝶 芳」、「謫仙」「秘鏡」に老荘的なムードを感じ取ってのは向き方ですね。

「円弧にはらう薙刀の鞘 安庵」、「飛鏡に杯を傾けて 」に響きの付けで、これもいいですね。ところで日本刀には居合抜きがありますが、薙刀には鞘の抜き方で早業はないのでしょうか・・。そんなことが気になり出しました。

「地芝居のあと草履かたっぽ 竹卓」、前句に芝居っ気を感じ取った付けです。「草履かたっぽ」でオチを付けました。

もう一句秋です。ここからウラに入りますので、材料の面でうるさいことは何もありません。

0