返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#45686
雀羅
ゲスト

■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

百韻「日月は」         2019.4.16 起首

日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅
 雀の子らの集う軒先              古柏
春の朝川柳欄を食卓に             不映
 上司と似た名いつも見つける          芳
潮の香の導く先に海と空            村宅
 丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
 萩散る庵に残る足跡              優

銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
 皿洗いつゝ下の名で呼ぶ           さ
愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
 あの石巻に似たる青空            竜馬
転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏

○いい付けですね。次がどの季かというのは毎度気になることと思いますが、春・秋は五句去、三句~五句続く、夏・冬は二句去、一~三句続く、月は面に一つ、花は折に一つ、と思っていれば、後は自由にアレンジしてよいのです。こまかいところで不都合あれば捌きが適宜コメントをいれますので、前句をどう喜ばせるかに専念しましょう。

「軽やかに双子の靴は駆け抜けて 川地」、「あの石巻」とあると重たい話になっていきそうですが、明るいイメージを打ち出してよかったと思います。

「現在地印す電波を放ちゆく 優」、スマホのGPS機能を使った現在地確認を言っているのだと思います。前句が茫洋と拡がる世界ですので、この切り口もいいと思います。

「眠る間もなしにナースは駆け回り 芳」、「あの石巻に似たる青空」という前句にこれが付くというのが面白いですね。
どこに両句を結ぶ共通項があるのか、両句の成分の中に化学反応を起こすものが隠されているということですが、「あの石巻に」がそれですね。

「菜の花の陽に届かんと背筋ピン 安庵」、連句は付句としての味わいはもちろんですが、こうした一句として立つ句が鏤められていくことで飽きのこない一巻になるかと思います。

頂いた句を振り返ってみると、やはり「転生を」句が抜いている感じします。

夏か雑でどうぞ。

0