ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#45801 返信

雀羅

■☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

百韻「日月は」         2019.4.16 起首

日月は旅人なりぬ花に雪            雀羅
 雀の子らの集う軒先              古柏
春の朝川柳欄を食卓に             不映
 上司と似た名いつも見つける          芳
潮の香の導く先に海と空            村宅
 丸太くり抜き翌(あす)に漕ぎ出す      安庵
謫仙は飛鏡に杯を傾けて             あさ 月・秋
 萩散る庵に残る足跡              優

銀杏と君のしているイヤリング        五帳面
 皿洗いつゝ下の名で呼ぶ           さ
愛の巣に磯の匂いの満ちる朝           羅
 あの石巻に似たる青空            竜馬
転生を信じて崖に夏花(げばな)つみ       さ  三夏
  みそっ歯の児の笑顔満開          小石
外つ国の言語行き交う先斗町           宅
 脱出ゲーム知恵を出しあい          芳
包帯がしだいにほどけ大股に         ゆかり
  ニッカボッカのきたにはためく さ
いっぷくに背ナを丸める暮の月          芳  月・冬
足らぬ食材思うまなざし           うに
菓子工場跡地の草のかぐわしき さ

○「草香し」は「春の草」の傍題になっていますが、『俳諧栞草』にも載るれっきとした春の季語です。終戦直後、食べ物の欠乏した時代には食べられる野草を食べたと年配者からよく聞いたものですが、前句合わせるとそんなことも思い出されます。

春の短句どうぞ。もっと多次元の飛躍も(もちろんご自分が多次元の飛躍だと思えばそれはそれで結構です)。