返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#47554
雀羅
ゲスト

■~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
歌仙「紙舟に」      2019.6.1 起首    【5時~6時治定】

紙舟に風待月の潮路かな          雀羅
 橋の彼方にはまなすの島         桃太郎
ふる里の夢を青磁に染め付けて       芳
 薪棚を薪いっぱいにする         うに
女子寮の語らひさやに十三夜        しをん  月・秋
 藻に住む虫の立てる聞き耳        優

この時と韋駄天走り茸番          芳
  穴あき銭を鳴らす親分          千百
寅年に猫を預けるめいわくさ        羅
 星占いで相性を決め            桃
献血が趣味だと笑う人といる        ゆかり
 ポイントカードで財布ぱんぱん       に
ぴかぴかのビリケンさんに頬ずりす      庵
  大綿虫のとんでくる頃          小石
月の道もどれば紅葉鍋が待ち         桃  月・冬
  杜氏の嫁の好きな舟唄           庵
凪いでなほ丹波の里に花降らせ        に 花・春
  はるの憂いに染まる極楽         百
ナオ
重箱に草餅を詰め野点傘           に
 若芝の庭午後の日矢受け          を
高校のビブリオバトル接戦に          芳
 親子喧嘩の出来る家族も         閑坐
泣かせてよ目薬入れただけだから 桃
 剃り跡青きゲイに朝蜘蛛          羅
ふたりにも聞こえ始めた隙間風        坐

○閑坐さんの原句は「隙間風二人で語る定年後」でしたが、前句からやはりここは恋句にするところでしょうから、「隙間風」を心象的に捉えてみましたがどうでしょう。「定年後」はカット出来る言葉です。「 富士眺めカンダタ想う極楽湯」、
「極楽湯」で「カンダタ(のような男)」を思う「剃り跡青きゲイ」ということで、ちょっと面白い絵柄です。

「四畳半帰省を知らすエアメール」、「技ありの夏のメイクを試みて」、「四畳半/」と入れると俳句のようなつくりになりますから、「唐突に帰省知らせるエアメール」のようにするといいですね。「知らすエアメール」は「知らする」(文語)、あるいは「知らせる」(口語)というところですね。「技ありの夏のメイク」、これは前句をよく見ています。

「こんな日はネットサーフィンはしごする しをん」、前句人物、海に出てする実際の「サーフィン」は肌を傷めるから興味なくて、もっぱら「ネットサーフィン」なんですね。それも自分への評価をいつも気にしてエゴサーチ主体だったりして。

「料理好き片付け上手でOCD うに」、下五は「オーシーディー」と読みますか。ネットで引くと「OCD(Obsessive Compulsive Disorder)・強迫性障害」と出て来ます。前句の其人の付け、ということですが、学術用語も又俳言としてどう一句の中に消化出来るかというテーマです。付肌が悪いという言い方もあれば、この生硬な感じがテイストなのだという見方もあるでしょう。私はここはもっと言い方があるように思います。こういうことを書いていてふっと気づくのは、先便、ゲイの人に対して繊細なというような言い方しましたが、自分としては評価語のつもりでも、何気なく言ってしまうこんなことも又先入観(プレコンセプション)なのではないかということ。概念(コンセプション)には「妊娠」という意味もありますが、先入観を持つというのは予めみごもっているということで、ものごとにまっさらに向き合うというのは難しいですね。こうしたネット連句も含め、連句の座に身をおくということは、予めみごもっている自分を曝しつづけることでもあり、きついところもありますが、有難いと思っています。

色々書いていますと【5時~6時治定】のお約束を逸脱してしまいます(^^)。お許し下さい。メモで書いて「送信」直前にボード見ますので、今後は付句の積み残しはないと思います。

ではどうぞ。

0