返信先: インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#47832
雀羅
ゲスト

■~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
歌仙「紙舟に」      2019.6.1 起首    【5時~6時治定】

紙舟に風待月の潮路かな          雀羅
 橋の彼方にはまなすの島         桃太郎
ふる里の夢を青磁に染め付けて       芳
 薪棚を薪いっぱいにする         うに
女子寮の語らひさやに十三夜        しをん  月・秋
 藻に住む虫の立てる聞き耳        優

この時と韋駄天走り茸番          芳
  穴あき銭を鳴らす親分          千百
寅年に猫を預けるめいわくさ        羅
 星占いで相性を決め            桃
献血が趣味だと笑う人といる        ゆかり
 ポイントカードで財布ぱんぱん       に
ぴかぴかのビリケンさんに頬ずりす      庵
  大綿虫のとんでくる頃          小石
月の道もどれば紅葉鍋が待ち         桃  月・冬
  杜氏の嫁の好きな舟唄           庵
凪いでなほ丹波の里に花降らせ        に 花・春
  はるの憂いに染まる極楽         百
ナオ
重箱に草餅を詰め野点傘           に
 若芝の庭午後の日矢受け          を
高校のビブリオバトル接戦に          芳
 親子喧嘩の出来る家族も         閑坐
泣かせてよ目薬入れただけだから 桃
 剃り跡青きゲイに朝蜘蛛          羅
ふたりにも聞こえ始めた隙間風        坐
 君のテーブルぼくの本棚          に
翌朝はコパカバーナへひとっ飛び         庵
 覇王樹の傷癒す波音            桃
乞はれつつ月物語る千一夜          田助 月・秋
  色なき風はため息に似て          桃
ナウ
特Aじゃなくても美味い今年米          芳

○前句の情調に対していささか飛躍のある情景ですが、これもありうる範囲と思います。「特A」などといった煽りをする流通事情は農家の米作りをゆがめているのではないかという「ため息」に、農家の落胆と矜持をかすめています。芳さん、都会には住んでいても私も家が農家ですから農民のうめき、わかるつもりですよ(^^) 

「紅葉踏む山道険し水清く 閑坐」、前句に通ういい材料が沢山入っています。一句として少々材料過多ですので、もうちょっと刈り込んでみるといいですね。「路険しいよよ濃くなる山もみぢ」等とトリミングするとすっきりします。「色亡なき風」に「紅葉」と色立てになっているのも付句としての効果を挙げています。

「古酒新酒密造まじる芋煮会  庵」、これも具沢山ですが、「密造の酒も出て来る芋煮会」でよろしいのでは。むかし、「内密に願いますが・・」とこうした秘密の酒をいただき、酒税法に潜む文化破壊というものは、などとおだあげて、妙な酔い方したことありました。

はい、悪酔いしませんよう、お次をどうぞ。雑でも結構です。

0