ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#49114 返信

雀羅

■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
 
風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
 ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
咳払影絵の舞台整ひて              うに
 空気読まない派手な着信            芳
九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
 八枚切りのパンは売り切れ            に
なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
 へちまを下げる宗匠の路地             桃

さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
 牛若丸は甲子園かも             しをん
恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
 花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
 髪をバッサリ切って卒業              坐
半刻をいけない人と蛍舟               女
 夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
ペン先のインク固まる文机              芳
 金運上げる風水に凝り               桃
あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
石垣崩すガジュマルの木は            上里
二オ
床の間に人形をおく初景色              羅
 膳のさびしき雨の正月              庵
おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
 目覚めた猫の手足のびやか            小石
くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
 今は昔の孟母三遷                を
針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
  夕べの虹をひとは見届け             に
端とはじ耳にあてれば水の音             庵
 湖畔と犬と若き女性と              坐
明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
 ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
三オ
露寒の故郷に住む人のこと              桃
 縁談十組纏めると言う               を
痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
 白村江からずっとこのかた             羅
穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
  昼寝起こすな走り書く紙             芳

○『族猿蓑』の「八九間」の巻に、

  あたまうつなと門の書つけ    芭蕉
 いづくへか後は沙汰なき甥坊主   里圃

という付合いがあり、これを思いました。門(もん)に「あたまうつな」と書いた紙が貼ってある、出家した甥っ子の坊主が出て行ったきり沙汰なしである、というだけの付けですが、この「書きつけ」は、頭に気を付けなさいというだけのようでもあり、いつも頭をぶたれるから、ぼくは出て行ってやるんだ、というメモを残していなくなった、とも読めます。

芳さんの付けは、料理の最中一家の主婦が何かの用事で姿が見えない、という感じですね。「昼寝起こすな」は赤ん坊のことでしょうか・・。この若い奥さん、このあとふっと神隠しに遭いそう。私の感じ過ぎでしょうか・・。

「八月六日賞味期限の  笑女」、「八月六日」というのは、広島被曝の日という特別な日ですが、「賞味期限の」がついて、不思議な言い回しになりました。前句を平和な庶民の日常として、原爆について、いつまでも/\人間としての態度を引き延ばす現代人に、「さあどうします」と突きつけているようにも思えます。

「ナイターの券二枚ください  庵」、会話体の付けも時に効果的です。台所仕事している時、やって来た新聞の拡張の人(今もこの仕事ありますかね)とのやりとりのように見えます。ボツ句になってしまった、「炎暑にて翡翠青磁を抱きしめる」は、「白村江からずっとこのかた/高麗の青磁を抱いている炎暑」、などとすると戦乱から青磁の製法を護っている、となるかも知れませんね。

「ジャニスの歌の響く日盛り 上里」、ジャニス・ジョプリンのことですね。ナスビの炒め物しながら脳中に激しいロックが鳴り響いているおくさん。だんなさんさっさと帰って来ないと大変なことになりますよ。

しをんさん、連句は俗談平話であるし、やはり俳諧連歌、ですね。みやびと俗のミックス文芸、というダイナミズムに強みがあると思います。「暑さボケ」、私もそうです。私のも場合は真性・・も加わっているようで・・。

ではどうぞ。