ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#49189 返信

雀羅

■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

米字「風鈴を」           2019.7.13 起首
 
風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
 ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
咳払影絵の舞台整ひて              うに
 空気読まない派手な着信            芳
九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
 八枚切りのパンは売り切れ            に
なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
 へちまを下げる宗匠の路地             桃

さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
 牛若丸は甲子園かも             しをん
恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
 花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
 髪をバッサリ切って卒業              坐
半刻をいけない人と蛍舟               女
 夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
ペン先のインク固まる文机              芳
 金運上げる風水に凝り               桃
あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
石垣崩すガジュマルの木は            上里
二オ
床の間に人形をおく初景色              羅
 膳のさびしき雨の正月              庵
おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
 目覚めた猫の手足のびやか            小石
くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
 今は昔の孟母三遷                を
針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
  夕べの虹をひとは見届け             に
端とはじ耳にあてれば水の音             庵
 湖畔と犬と若き女性と              坐
明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
 ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
三オ
露寒の故郷に住む人のこと              桃
 縁談十組纏めると言う               を
痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
 白村江からずっとこのかた             羅
穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
  走り書きには昼寝起こすな            芳
馬肥えてお仙ころがる秋(とき)を待つ       庵
  風ニモマケズ凛と磯菊               芳
銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
  イザナミ追えば逃げるイザナギ          女

○追えば逃げられ逃げれば追われる、世の習いですね。大童な感じが出て、付味いいと思います。「熱き想いに薄い反応」、前句が抽象的ですから、こちらはもう少し具体性があるとよいです。

「赤いリボンに恋のまじない 芳」、かわいらしいまじないです。前句の、奇妙な感じに、感応している素材です。「怪し呪文の効き目じわじわ」、「妖しき呪文効き目じわじわ」、あるいは「妖し」を取って「呪文の効き目じわじわと来る」。

「縁を信じて背中押されて」「生まれの星に背中押されて 閑坐」、「背中押されて」が前句からのメッセージに応えたいキーワードなのですね。

「鉄冠子には何もきかない 桃」、「鉄冠子」は芥川龍之介の『杜子春』に出て来る仙人の名前。一見分かりにくい前句、難解な月の句に、こんな感じの人を登場させたいという促し、共感出来ます。「夜のにほひのジャズが流れて」、「流れて」と流さず、「夜のにほひのジャズが煮詰まる」等、もう一手間加えたいです。「カミオカンデの事故は昔に」、そういうことがありましたか。むずかしい句が続く、という感じ。枝雀の笑いの理論ではないですが、連句にも緊張緩和理論は有効です。

ではどうぞ。