ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#49949 返信

雀羅

■♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤♤

米字「風鈴を」           2019.7.13 起首

風鈴を見てゐる猫の夕かな           桃太郎
 ほたるぶくろに灯(トモシ)入る頃         雀羅
咳払影絵の舞台整ひて              うに
 空気読まない派手な着信            芳
九時五時をしっかり守り窓際に          笑女
 八枚切りのパンは売り切れ            に
なで肩の影をふみふみ小望月           安庵 月・秋
 へちまを下げる宗匠の路地             桃

さわやかにキャッチボールの捕球音         芳
 牛若丸は甲子園かも             しをん
恩師への弔辞を諳んじてをりぬ            閑坐
 花に雪ふる昼の邂逅               羅 花・春
佐保姫はお菓子のように化粧して           桃
 髪をバッサリ切って卒業              坐
半刻をいけない人と蛍舟               女
 夏の霜にはゆため息が溶け             庵 月・夏
ペン先のインク固まる文机              芳
 金運上げる風水に凝り               桃
あの頃も今も聞く耳もたぬ父             女
 石垣崩すガジュマルの木は            上里
二オ
床の間に人形をおく初景色              羅
 膳のさびしき雨の正月              庵
おとづれはメトロノームの鳴りてより         に
 目覚めた猫の手足のびやか            小石
くたびれた営業マンのいるベンチ          芳
 今は昔の孟母三遷                を
針金の家を出てゆく鴉の仔             羅
  夕べの虹をひとは見届け             に
端とはじ耳にあてれば水の音             庵
 湖畔と犬と若き女性と              坐
明日からのシニア講座に上り月           を 月・秋
 ホームの底にすだくがちゃがちゃ         坐
二ウ
露寒の故郷に住む人のこと              桃
 縁談十組纏めると言う               を
痛い目にあえば分かるさ本気度が           女
 白村江からずっとこのかた            羅
穫れすぎた茄子の料理を四品ほど           に
 走り書きには昼寝起こすな            芳
馬肥えてお仙ころがる秋を待つ            庵
 風ニモマケズ凛と磯菊               芳
銀鉤のめぐり来るとき熱を出す            に 月・秋
 イザナミ追えば逃げるイザナギ           女
おぞましき姿を花にかえ給え              庵 花・春
 鏡の中も抱卵期なり                羅
三オ
猫の子を窺っている恋がたき             坐
 少し言葉の多すぎた夜                桃
完璧なアリバイが生む不信感              芳
 お約束ならここでカツ丼              桃
勝負する前に勝負がついてをり            芳
 朝がくるのか夜になるのか             石
流眄(ナガシメ)のブルーボーイに秋扇          庵
 懐紙の上に石榴弾ける               羅
上り来て夕月淡き東慶寺               を 月・秋
 寄せては返す人の世の波              桃 
船上で万歩計見る几帳面               に
 ポジティブ思考裏目裏目に              女 
三ウ
神集ひしてゐる庭の頼み事             坐
 風邪声に効く甜茶(テンチャ)のど飴          桃
母と娘が同窓になる芸大に             羅
  恋の舞台に度胸試され             坐
男気のラップバトルを見せつける           芳
 紙より軽い約束があり              桃
後出しのチョキ出す人の舌真っ赤           女
 百葉箱はぺんき塗りたて              石
空蝉は月の光の中に絶え               桃  月・夏 
  逍遙趣味と履歴書にかく              庵
何も持たず何も奪わず花あかり           に 花・春
  盃を追ふ人の曲水                坐
ナオ
囀りに逃がした鳥の声まじる              羅
 また戻り橋鬼の仕業か               女
番号を呼ばれて順に渡る川               庵
  忍者修行のツアー満員               芳
此処彼処地域おこしに励む長             里
  ジルバ踊れる相手いないか             桃
触れてみる金のピアスが冷たくて            を
  月を抱きし冬眠の蛇                庵 月・冬
不夜城の弁財天に朝を待つ              坐

○胸の透くような付句です。「弁財天」は水神や蛇と一体のものというイメージがありますので、前句をうまく包み込んでいます。「朝に待つ」は
「朝を待つ」でしょうね。

「口笛を吹くのを止めて畏まり 芳」、夜口笛を吹くと魔物(蛇)がくる、と昔子どものころ言われたものですが、そんなことを思い出しての付け
ではないかと思います。「口笛を吹くものがいる橋の下」としてもいいですね。冬眠の蛇を起こそうなんて、ちょっときみわるいですが。

「縄文の土偶の腹の妊娠線  笑女」、前句のアニミズムの世界とからまる面白い付けです。妊娠線(肉割れ)が表現されている土偶あるのでしょうか。
縄文人もヘンなところにリアリズムを発揮しますね。スポーツで筋肉がつくことカタツムリが這った後のような肉割れが出来ますが、アレですね。

「どこからか父の煙草の香るよう 桃」、前句に深入りはしていませんが、ほどのよいあしらいと思います。「今もまだ恋の余熱を引きずれば」、
「恋」の語が三オ折立にありますが、連歌でも百韻の内二句までなら許されるとされますので、俳諧ですのでもっとゆるやかでよいと思います。
「あの頃に返りたいとは思わぬが」、「月」の句を挟み自の句の気分が観音開きのようになっている感じします。「母の手の温もり捨てて
出た家に」、前句と一体で読むと、何かこわい感じして来ます・・。

「吹き出しのアラビア文字を変換す うに」、前句とどうからんでいるのか、ぱっと見では分かりませんが、アラビア文字から冬眠している蛇を連想しないこともないですね・・・。

ではどうぞ。