ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#590 返信

雀羅

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■(1)世吉「笹舟に」           2017.9.15 起首

笹舟に乗せゆく酒(ささ)や小鳥来る         雀羅
 秋の灯点る老舗割烹               鮎並
月白の墨に膠を含ませて              紅鯨
 初心者ゆえの芸の細かさ             麦子
夫らはケーキ作りに挑戦し             絵(かい)
 長寿の家系百歳の笑み              りえ
掛軸のくだかけの尾の垂れさがり           鮎
 浦風に知るけふのつゆ明け             羅

○「くだかけ」は「鶏」でこの場合は尾長鶏ですね。発句に「小鳥」があるのにと気にする方もあるかと思いますが、この程度のダブリは許容範囲と考えます。「膝の上いつの間にやら猫眠り 絵」、長寿の家の眠り猫で、おあつらえ向きの猫です。「朝の室光をまとふ万年青の葉 紅鯨」、「百歳」に「万年青」はよく分かります。合わせようという気持ちも大事ですが、「金のなる木」くらい茶目っ気出してもいいですね。

次からは裏です。夏の季語でどうぞ。気になることひっかかるところありましたら遠慮無くどうぞ。この「インターネット連句」は連句についてのいろんな考え方を摺り合わせる場でもあればと思います。

前便で送信したものが画面に出てないと書いてしまいましたが、画面右側にある「← 1 2」に触れたからでした。元に戻す時もここをクリックすると別画面になります。

折角付句を考えて出そうとしたのに治定句が出てしまった、と捌きのテンポに面食らう時もあるかと思いますが、そのうち見えてきますので、どうぞゆったりお付き合い下さい。