ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。 返信先: インターネット連句を始めます。

#746
雀羅
ゲスト

■(1)世吉「笹舟に」ナオ13治定
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

(1)世吉「笹舟に」           2017.9.15 起首

笹舟に乗せゆく酒(ささ)や小鳥来る         雀羅
 秋の灯点る老舗割烹               鮎並
月白の墨に膠を含ませて              紅鯨 月・秋
 初心者ゆえの芸の細かさ             麦子
夫らはケーキ作りに挑戦し             絵(かい)
 長寿の家系百歳の笑み              りえ
掛軸のくだかけの尾の垂れさがり           鮎
 浦風に知るけふのつゆ明け             羅

もてなしのグリーンサラダにパセリ摘む        紅
 客は未来の舅姑                  え
てのひらに波濤図愛づる山の寺            麻里
 妖怪絵巻夢に魘(うな)され             今日
伏せている二人の中のすきま風            絵
 水に流るるオフィリアの帯             紅
満ち満ちてまぶしき月の今いくつ           小石 月・秋
 悩みの底に落ちるかなかな             百花
秋空へ組体操の立ち上がり               鮎
 擦り傷なんかツバで治るよ             鞠鈴
あっけらかん大正昭和生き抜いて          いばら
 雨降らぬ日もゴム長を召し              紅
漕ぎながら落花をうける掌(たなごころ)         日 花・春
 木橋の杭に掛かる切れ凧               鈴
ナオ
うらうらと春暮れてゆく大工町            田助
 丸いポストに葉っぱ投函               麦
いつまでも母の御筆を待ち焦がれ            日
 船首のフィギュア琴を抱いて             紅
伝説を神話にかへて日の名残り              小
  ひきこもりにも取材依頼が              羅
捨てられぬ犬の匂いのする毛布              麦
  小屋から坊やコタツから小火(ぼや)         鮎
どてら着て高等遊民気取る爺               鈴
  網手袋の女近づく                  晴
ひたひたと満月目指す蟻の道              太郎
 しのび笑いは苔の羅漢か               小
木枯しにお百度踏んでいる素足             晴

○原句は「摩り切れる御百度参りの草履下駄」でしたが、お百度を踏む時は素足の方が御利益
あるようです。四国土佐湾に面した安芸というところは岩崎弥太郎の生地ですが、お母さんは
大変な子煩悩で、安芸から27番札所「神峰寺(こうのみねじ)までおはだしで百度詣りをした
と、おへんろであの辺を通りますと書いたのものを見ます。往復40キロはあると思いますが、
昔の母親は強いですね。

「壁打ちの返し損ねて蹴り上げる 紅鯨」、情景よく見えます。ユーモラスです。羅漢さんも
笑っています。

次は雑でも冬でもどうぞ。