ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。

このトピックには2,435件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。8 時間、 46 分前に  光明 さんが最後の更新を行いました。

  • 作成者
    トピック
  • #477 返信

    サイト担当

    皆さま、インターネット連句を始めます。捌には佛渕雀羅さまに続き梅村光明さまをお迎えしました。どなたでも投稿フォームより自由に参加できます。

    • 参加はペンネームでもかまいません。
    • メールアドレスを入力されたくない方は”メールアドレス”入力欄にkarimail@renku.jpとご入力ください。
    • ご質問 office@renku-kyokai.net
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが6 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが5 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが4 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 3 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが3 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
    • このトピックは takeoyamanakaが1 ヶ月、 2 週間前に変更しました。
返信先: インターネット連句を始めます。
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

100件の返信を表示中 - 101 - 200件目 (全2,435件中)
  • 投稿者
    返信
  • #50528 返信

    夕汐

     夢のつづきは猫といっしょに
    噴水に遊ぶ親子の楽しげな
    付け
     アイスクリンの店に行列  夕汐

     お名残惜しく挙句となりました。

    #50527 返信

    閑坐

    夢のつづきは猫といっしょに
    噴水に遊ぶ親子の楽しげな

    付け

    思い出語る浜の夕凪

    #50525 返信

    遥夢

    ナウ  夢のつづきは猫といっしょに       小石(雑)
       噴水に遊ぶ親子の楽しげな         閑坐(夏)
    付け  
       祭り囃子を遠く聞く宿           遥夢(夏)
       

    #50520 返信

    今日

    またもや訂正です。お手数掛けます。

     噴水に遊ぶ親子の楽しげな         閑坐(夏)
    挙句
      薩摩上布のひいおじいさま         今日 (夏

    #50519 返信

    今日

     噴水に遊ぶ親子の楽しげな         閑坐(夏)
    挙句
      薩摩上布のおじいさま         今日 (夏)

    #50515 返信

    光明

    9月30日
    お待たせしました。
    少し宣伝を。日本連句協会報「連句」の10月号に拙文『海音寺潮五郎の連句』が掲載されています。鹿児島県連句協会報「桜岳」に書いたものの転載になりますが、機会があればご一読ください。
    さて、ナウ二は夏の長句。ここは閑坐さんの「噴水に遊ぶ親子の楽しげな」を採りました。原句は「噴水に浴びる親子の楽しげな」でしたが、「噴水に」に「浴びる」だと意味不明なので、句意を汲み取れば「噴水で水遊びをする」ということだろうから、掲句のように修正しました。
    次はいよいよ挙句になります、夏の短句です。
    投句締め切りは10月2日の20時とさせていただきます。

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    少年探偵団(賜餐)   2019.9.8起首

       野分だつ僕ら少年探偵団          光明(秋)
        月に透かせば顕れし地図         夕汐(月)
       鳥渡る一村十戸寄り添うて        しをん(秋)

    ウ   赤いカバンが助手席に乗る        安庵(恋)
       逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)
        とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)

    ナオ 凍解けて石仏少し傾きぬ          ゆき(春)
        人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)
       船頭の訛り暖か堀巡り            芳(春)

    ナウ  夢のつづきは猫といっしょに       小石(雑)
       噴水に遊ぶ親子の楽しげな         閑坐(夏)
                              (夏)

    みなさんの付句
    噴水に浴びる親子の楽しげな        閑坐(夏)
     *「噴水に遊ぶ親子の楽しげな」としてこの句をいただきます。

    ホームランボール越えゆく虹の橋      夕汐(夏)
     *阪神タイガースが最後に6連勝してクライマックスシリーズ進出を決めました。この句の「虹の橋」はレインボーブリッジなので、横浜のチームのことかなとも思いました。

    故郷の海偲びつつ初鰹           遥夢(夏)
     *ナオ三に「船頭」が出ており、ここで「海」を出すと水辺の打越(観音開き)に戻ってしまいますね。

    山荘にフルート流れ黄昏るる       しをん(夏)
     *ここまで音楽は詠まれていないので、目の付け所はいいですね。でも「山小屋」は夏の季語ですが「山荘」は季語ではないのです。

    登山靴悠々自適の時を待つ         ゆき(夏)
     *「悠々自適の時を」登山靴が待っていると読み取られる恐れがあります。この登山靴の出番を増やすには定年後を待つということなんでしょうね。推敲すれば「登山靴自適の時を履き潰す」とか「登山靴自適の時を待ち兼ねて」でしょうか。

    #50513 返信

    ゆき

    夢のつづきは猫といっしょに       小石(雑)

    付け句(夏)
    登山靴悠々自適の時を待つ

    #50512 返信

    しをん

     船頭の訛り暖か堀巡り            芳(春)
    ナウ  夢のつづきは猫といっしょに       小石(雑)

            付け
     山荘にフルート流れ黄昏るる       しをん  (夏)
                              
         

    #50509 返信

    遥夢

    船頭の訛り暖か堀巡り            芳(春)
    夢のつづきは猫といっしょに       小石(雑)
       付け
    故郷の海偲びつつ初鰹       遥夢(夏)

    #50499 返信

    夕汐

    船頭の訛り暖か堀巡り            芳(春)

     夢のつづきは猫といっしょに       小石(雑)
    付け
    ホームランボール越えゆく虹の橋      夕汐

    #50497 返信

    閑坐

    船頭の訛り暖か堀巡り
    夢のつづきは猫といっしょに

    付け

    噴水に浴びる親子の楽しげな

    #50489 返信

    光明

    9月28日
    お待たせしました。
    締切りは20時としていますが、治定に取りかかる前でしたら多少遅れても見せていただこうと考えています。
    さて、ナウ一は雑の短句ということで九句お寄せいただきました。結果は小石さんの「夢のつづきは猫といっしょに」をいただくことにしました。生類は「鳥」が第三に飛んでいますが、地上にも欲しいなと思い、猫の句を採りました。愛猫家は連句人に多く居るようで、それは季語にも表れており、犬は概ね「猟犬」か「寒犬」のふたつしかないのにくらべ、猫は「猫の恋」「孕み猫」「猫の子」「親猫」「子持ち猫」「竃猫」と、結構あります。そうそう犬にももうひとつ「犬交る」がありました、でも好んで使える季語ではないですね。元来「犬」は連歌俳諧では「犬筑波」など、自らを貶める使い方が多くされてきたことも少ない理由かもしれないですね。
    次はナウ二、夏の長句です。
    残り二句になります、投句締め切りは30日の20時とさせていただきます。

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    少年探偵団(賜餐)   2019.9.8起首

       野分だつ僕ら少年探偵団          光明(秋)
        月に透かせば顕れし地図         夕汐(月)
       鳥渡る一村十戸寄り添うて        しをん(秋)

    ウ   赤いカバンが助手席に乗る        安庵(恋)
       逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)
        とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)

    ナオ 凍解けて石仏少し傾きぬ          ゆき(春)
        人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)
       船頭の訛り暖か堀巡り            芳(春)

    ナウ  夢のつづきは猫といっしょに       小石(雑)
                              (夏)
                              (夏)

    みなさんの付句
    棒高跳びでメダル狙はむ        メロン(雑)
     *船頭の持つ棹から「棒高跳び」をイメージされたのでしょう。堀をも飛び越えるという思いも浮かび、うまく転じています。

    ドローン見せる古都のあちこち      遥夢(雑)
     *たぶん古都などでは、特別の許可が無いと飛行させることができないでしょうね。でもドローンのおかげでビジュアルの世界は革新的発展を遂げていると思います。「あちこち」が勿体ないかな。

    たたみマットに頬つけてみる       麻子(雑)
     *船の床に敷いてあるのでしょうね。何を感じようとしているのか興味深いものがあります。

    ゆうらりと矢切の渡し声自慢       今日(雑)
     *「船頭」に「渡し」を付けると転じることができないですね。絡んでしまいます。

    夢のつづきは猫といっしょに       小石(雑)
     *この句をいただきます。

    馬の背中に嫁御ゆらゆら         安庵(雑)
     *「花嫁御寮」を描いて、雑の正花や恋の句を含んでおり扱いにくい句になりました。

    矯正器具の光る口もと           芳(雑)
     *「光る口もと」とくると、前句に出てくるのは「船頭」さんだけなので重ねようとするのですが、どうもイメージが邪魔をします。

    グーグルマップ我が家映さん      しをん(雑)
     *使える人が必ずすることですね。脇句に「地図」が出ていました。

    やじろべえとは面白きもの        夕汐(雑)
     *釣り合いを取ることは舟の動きにも通じますし、船頭さんの名前として読めばそれも面白いですね。

    #50486 返信

    夕汐

    船頭の訛り暖か堀巡り            芳(春)
    付け
     やじろべえとは面白きもの        夕汐

     遅刻しましたが付けておきます。

    #50485 返信

    しをん

       人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)
       船頭の訛り暖か堀巡り            芳(春)

         付け

    ナウ グーグルマップ我が家映さん       しをん                       (雑)
                         

    #50474 返信

    人びと酔わす花と旨酒        遥夢(花)
    船頭の訛り暖か堀巡り          芳(春)
    ナウ                      
            
    付け
    矯正器具の光る口もと

    春の句、採っていただきありがとうございました。
    宜しくお願いします。

    #50473 返信

    安庵

    人びと酔わす花と旨酒        遥夢(花)
    船頭の訛り暖か堀巡り          芳(春)
    ナウ                      
                                   
       付
      馬の背中に嫁御ゆらゆら        庵

    お願いします。

    #50472 返信

    小石

     人々酔わす花と旨酒  遥夢
    船頭の訛り暖か堀巡り  芳

    付け
     夢のつづきは猫といっしょに  小石

    よろしくお願いいたします。

    #50467 返信

    今日

    船頭の訛り暖か堀巡り            芳(春)

    ナウ ゆうらりと矢切の渡し声自慢          今日(雑)

    #50466 返信

    麻子

    人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)
       船頭の訛り暖か堀巡り            芳(春)
    付け
    たたみマットに頬つけてみる    麻子

    #50465 返信

    遥夢

    人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)
      船頭の訛り暖か堀巡り          芳(春)
    付け
    ドローン見せる古都のあちこち      遥夢(雑)

    #50459 返信

    メロン

        ナウ 1

       棒高跳びでメダル狙はむ     メロン

      宜しくお願い致します。

    #50452 返信

    光明

    9月26日
    お待たせしました。
    今日は日帰りで大阪梅田界隈へ行ってきました。鈴木漠さんが代表の連句グループ「海市の会」の秋季例会でした。参加者は7名、例会といっても中身は昼食会で、松花堂弁当を味わい、お酒を飲む人は吞みかつ喋るという濃密な2時間を過ごしました。ビルの33階からの眺めは素晴らしく、西に明石海峡大橋が望めました。
    さて、花と美酒に酔わされた後の付け句、芳さんの「船頭の訛り暖か堀巡り」をいただきます。時候の暖かさと船頭さんの人柄の暖かさを、「訛り」という言葉でうまく結び付けたと思います。堀巡りといえば島根県の松江城の堀巡りを私は思い出しました。
    次はナウ一、雑の短句です、仮名留めでお詠みください。
    残り三句になりました。投句締め切りは28日の20時とさせていただきます。

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    少年探偵団(賜餐)   2019.9.8起首

       野分だつ僕ら少年探偵団          光明(秋)
        月に透かせば顕れし地図         夕汐(月)
       鳥渡る一村十戸寄り添うて        しをん(秋)

    ウ   赤いカバンが助手席に乗る        安庵(恋)
       逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)
        とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)

    ナオ 凍解けて石仏少し傾きぬ          ゆき(春)
        人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)
       船頭の訛り暖か堀巡り            芳(春)

    ナウ                        (雑)
                              (夏)
                              (夏)

    みなさんの付句
    朝寝して連続ドラマ見損ねる        落胡(春)
     *「連続ドラマ」が曖昧。読み手にどう読まれるか、そこに思い至る必要があります。

    船頭の訛り暖か掘巡り            芳(春)
     *この句をいただきます。

    春宵の篝のゆれに生る風趣        メロン(春)
     *繊細過ぎて物足りなさを覚えます。

    北へ発つ春の飛脚を見送りて        遥夢(春)
     *「花便り」或いは「桜前線」を「飛脚」に見立てた句ですね。表現に工夫があって面白いと思います。

    ひと口でぐっと詰まりし蓬餅        今日(春)
     *「ぐっと」が効果的な言葉か疑問。緊張感とユーモアが綯い交ぜになる
    「ひと口で咽喉に詰まりし蓬餅」としたらいかがでしょう。

    ぎゅうぎゅうと鍋の形の親子猫       麻子(春)
     *「ぎゅうぎゅうと鍋の形に親子猫」としましょう。鍋の中の居心地がいいんでしょうね。採りたくなります。

    春障子軒の鳥かご映る影          ゆき(春)
     *「春障子」「軒」「鳥かご」という道具立てが、推敲すればすっきりしたものになると思います。

    可愛さに仔猫どの子を貰はうか       夕汐(春)
     *この句も付きますね。「可愛さ」が安直な感じもありますが。

    紙鳶ぐんぐん上がる川を越え       しをん(春)
     *ぐんぐん上がっていくのを楽しんでいるのに、「川を越え」と目安を付け加えるのは逆効果ですね。川を越えさす必要なんて無いんですから。例えば「紙鳶ぐんぐん上がる糸の果」。

    穏やかに祖母と母とで炉を塞ぐ       安庵(春)
     *ということは、この様子を詠んだのは娘か息子、或いは他人の誰かになりますね。つまり「穏やかに」と、誰が感じたのかが曖昧になり、表面をなぞるだけで読みが深まらないのです。

    #50450 返信

    安庵

    ナオ 凍解けて石仏少し傾きぬ        ゆき(春)
    人びと酔わす花と旨酒        遥夢(花)

                                 
       付
       穏やかに祖母と母とで炉を塞ぐ     安庵 (春)

    お願いします。

    #50449 返信

    しをん

    ナオ 凍解けて石仏少し傾きぬ          ゆき(春)
        人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)

             付け
       紙鳶ぐんぐん上がる川を越え        しをん(春)
                

    #50448 返信

    夕汐

    凍解けて石仏少し傾きぬ          ゆき(春)
     人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)
    付け
    可愛さに仔猫どの子を貰はうか       夕汐

     よろしくお願いします。

    #50447 返信

    ゆき

     人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)

    付け句(春)
    春障子軒の鳥かご映る影

    #50445 返信

    今日

        人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)
      付
      一口でぐっと詰まりし蓬餅          今日(春)

       上記付を訂正いたします。
      ひと口でぐっと詰まりし蓬餅         今日(春)

       #不注意が多くて申し訳ありません。

    #50444 返信

    麻子

    凍解けて石仏少し傾きぬ          ゆき(春)
     人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)

    付け
    ぎゅうぎゅうと鍋の形の親子猫    麻子

    #50443 返信

    今日

        人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)
      付
      一口でぐっと詰まりし蓬餅          今日(春)

    #50437 返信

    遥夢

    ナオ 凍解けて石仏少し傾きぬ          ゆき(春)
        人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)
       付け
       北へ発つ春の飛脚を見送りて        遥夢(春)

       ご採句と一直、ありがとうございました。「人の心を酔わす花はまるで美酒のよう」と詠みたかったのでしたが、
       だとすると「花は旨酒」とすべきで、それでは口語文ではないかと、、、、。
       助詞一つを大事にすべきこと、学ばせていたできました。

    #50436 返信

    メロン

        「少年探偵団」 ナオ 3

       春宵の篝のゆれに生る風趣    メロン

    #50435 返信

    ナオ 凍解けて石仏少し傾きぬ          ゆき(春)
        人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)

    付け
    船頭の訛り暖か掘巡り
    芳(春)

    よろしくお願いします。

    #50434 返信

    洛中落胡

    ナオ3 朝寝して連続ドラマ見損ねる  落胡

    #50429 返信

    光明

    9月24日
    お待たせしました。
    古来より花の句の位置づけとして使われるのが、連歌撰集『菟玖波集』の撰者二条良基の言葉「花の句は最も大事の物なり、百韻になほ一句を得難し」。これが『十七季』では「花の句は月の句と共に一巻の飾りであり、特に珍重された」と記されています。要は、花の句は「とても大切な句」ということです。これを先に書けばプレッシャーになったかも知れませんね。
    さて今回のナオ二には6句が寄せられました。その中から、遥夢さんの「人びと酔わす花の旨酒」を採らせていただきます。そのためには一か所修正が必要と考え、「人びと酔わす花と旨酒」とさせていただきます。原句では「花の旨酒」とあり、これが意味するところが分かりにくく、強いて言えば「人びとを酔わす旨酒」となるかと思います。これを「花と旨酒」とすることで両者が「人びとを酔わす」んだということが明確になりますね。
    次はナオ三、春の長句です。投句締め切りは26日の20時とさせていただきます。

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    少年探偵団(賜餐)   2019.9.8起首

       野分だつ僕ら少年探偵団          光明(秋)
        月に透かせば顕れし地図         夕汐(月)
       鳥渡る一村十戸寄り添うて        しをん(秋)

    ウ   赤いカバンが助手席に乗る        安庵(恋)
       逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)
        とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)

    ナオ 凍解けて石仏少し傾きぬ          ゆき(春)
        人びと酔わす花と旨酒          遥夢(花)
                              (春)

    ナウ                        (雑)
                              (夏)
                              (夏)

    みなさんの付句
    大原女の荷に花の安らう         安庵 (花)
     *前句の景色にとても合い、句の姿も美しいですね。歌仙のウ十一に出たのなら採りたくなる佳句です。

    シニアクラスの窓に花散る       しをん(花)
     *この句では「シニアクラスの窓」がポイントになります。そこに「花散る」があり、両者を秤に掛けると「窓」に傾くと思います。花を賞美するウエイトが軽いということですね。句意は「シニア」に「花散る」を掛けているのでしょうね。

    人びと酔わす花の旨酒          遥夢(花)
     *この句をいただきます。

    役者の見得にそそぐ花片         ゆき(花)
     *助詞が説明的過ぎ。「役者大見得そそぐ花片」とすれば景が大きく浮かびあがると思います。

    補聴器うれし花の降る音          芳(花)
     *花の降る音を補聴器で聴くという、花の句としては変化球で三振を取れますね。普通は気付かないポイントから繊細な感性で花を詠まれました。

    花の隠沼ゆらぐ譚月           今日(花)
     *この句の問題点は「花の隠沼」と「譚月」です。「花の隠沼」は意味が通らないように思います。花に形容された隠沼の語意が、「草木などにかくれて見えない沼」であるのに、花の働きをどこに読み取るのかが不明です。また「譚月」についても語意は「深く水をたたえた淵に映る月」とあり、「隠沼」の語意と矛盾を生じるからです。

    #50425 返信

    今日

    ナオ 凍解けて野仏少し傾きぬ          ゆき(春)

      付
       花の隠沼ゆらぐ譚月            今日(花)

    #50424 返信

    とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)

    ナオ 凍解けて野仏少し傾きぬ          ゆき(春)
                 
    補聴器うれし花の降る音
    芳(花)

    宜しくお願いします。

    #50423 返信

    ゆき

        とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)
    ナオ 凍解けて石仏少し傾きぬ          ゆき(春)

    付け句(花)
    役者の見得にそそぐ花片

    #50420 返信

    遥夢

    とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)
    ナオ 凍解けて石仏少し傾きぬ      ゆき(春)

         付け
    人びと酔わす花の旨酒          遥夢(花)
            

    #50411 返信

    しをん

     とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)
    ナオ 凍解けて石仏少し傾きぬ          ゆき(春)

         付け
      シニアクラスの窓に花散る       しをん(花)

    #50404 返信

    安庵

    とろけそうだよ君の指圧に      麻子(恋)
    ナオ 凍解けて石仏少し傾きぬ        ゆき(春)
       

        大原女の荷に花の安らう       安庵 (花)

    お願いします。

    #50399 返信

    光明

    ナオ 凍解けて石仏少し傾きぬ          ゆき(春)

    発句に「野」字がありますので、「石仏」にさせてください。

    #50398 返信

    光明

    9月22日
    お待たせしました。台風17号から徳島は随分離れていますが強風が吹き荒れています。山間部では記録的な大雨が降っていると、テレビからアナウンサーの声が聞こえます。皆様もどうかくれぐれもお気を付けください。
    さて、ナオ一ですが、ゆきさんの仲春の句「凍解けて野仏少し傾きぬ」をいただきます。前句に「とろけそうだよ」があるからではなく、凍てがゆるむことで石仏に傾きが生じたという景に、仏自体のおおらかさを感じることができました。
    次はナオ二、花の座ですが短句になります。この形式の創案者である窪田薫氏は「花という文字のある所が花の座である」と記しており、実際に花の短句を作品中で多く採っています。好んですべきではないと思いますが、月も花も短句にするとどんな作品になるのか試してみたくなりました。投句締め切りは24日の20時とさせていただきます。
    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    少年探偵団(賜餐)   2019.9.8起首

       野分だつ僕ら少年探偵団          光明(秋)
        月に透かせば顕れし地図         夕汐(月)
       鳥渡る一村十戸寄り添うて        しをん(秋)

    ウ   赤いカバンが助手席に乗る        安庵(恋)
       逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)
        とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)

    ナオ 凍解けて野仏少し傾きぬ          ゆき(春)
                              (花)
                              (春)

    みなさんの付句
    涅槃会に雨の降る中猫どこに         閑坐(春)
     *花前の気遣いを少し書きましたが、この句のように雨を降らすと「花吹雪」「花を降らす」などが使えなくなりますね。

    可愛げに土筆いっぱい握りしめ       今日(春)
     *「可愛げに」が何を対象にしているのか、曖昧さを帯びている点に句としての弱さが見られます。「老画家が土筆いっぱい握りしめ」とすれば景が見えてきませんか。

    陽炎の中に素足を遊ばせる        しをん(春)
     *詩的で魅力的な句ですが、「指」に「足」と身体部位が続くのが気になり採れませんでした。

    名物の猫出迎える遍路宿           芳(春)
     *名物猫は色々なところで活躍をしますが、余計に常套的な感じもさせてしまいます。
    「お喋りな猫出迎える遍路宿」なんていかがでしょう。

    佐保姫のクスッと笑まふ折も折      メロン(春)
     *「折も折」をどう受け取るか考えてしまいますね。

    凍解けて野仏少し傾きぬ          ゆき(春)
     *この句をいただきます。

    踏青の丘に吾子の歩み初む         遥夢(春)
     *「踏青」こそが「踏み歩む」ことなので、「踏青の機会に吾子は歩み初む」とすればより具体的になりますね。

    #50395 返信

    遥夢

    逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)
      とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)

    付け 踏青の丘に吾子の歩み初む     遥夢(春)                       

    #50393 返信

    ゆき

    とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)

    付け句
    ナオ一(春)
    凍解けて野仏少し傾きぬ

    なかなかイメージを広げる事ができませんが。
    名前を変更しました。すみません。

    #50391 返信

    メロン

       ナオ 1 (春)

       佐保姫のクスッと笑まふ折も折    メロン

        宜しくお願い致します。

       

    #50390 返信

    すみません。もうひとつ考えていた方に変更させてください。

    逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)
        とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)

    付け
    名物の猫出迎える遍路宿

    こちらで宜しくお願いします。すみません。

    #50389 返信

    逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)
        とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)

    付け
    猫の目のくるくる動くぬくし午後

    (春)
    宜しくお願いします。

    #50384 返信

    今日

    9月 21, 2019 7:00 pm に送信した下記のナオは取り消してくださいませ。
    既出文字「十」がありましたので、再投句をお許しください!!

    とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)
    ナオ  可愛げに土筆十本握りしめ      今日(春)
    ナオ再投句
        可愛げに土筆いっぱい握りしめ    今日(春)

      #お手間をかけて申し訳ありまん。

    #50383 返信

    しをん

     逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)
        とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)

           付け
     陽炎の中に素足を遊ばせる         しをん

    #50380 返信

    今日

    とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)

    ナオ  可愛げに土筆十本握りしめ         今日(春)

    #お疲れを溜めないようにご健勝を祈ります。#

    #50379 返信

    閑坐

    逢瀬のサンタさんより齎され
    とろけそうだよ君の指圧に

    付け

    涅槃会に雨降る中猫どこに

    #50378 返信

    光明

    9月20日
    お待たせしました。
    勝手をしまして申し訳ありません。ウ六になりました。ここで前半が終わります。序破急で言えば、破に入ってをり、工夫を凝らした面白味のある句を詠むことが求められます。特にウラの三句は恋句で、人情をベースとした展開が山場にもなっていると思います。そのウ三の句は、以前に指圧の伝道師、浪越徳次郎という方が「指圧のこころ母ごころ、押せば命の泉湧く」をモットーに活躍されていたのを思い出させた、麻子さんの「とろけそうだよ君の指圧に」をいただきました。そんな指圧なら是非体験してみたいなあというのが率直な気持ちです。恋句として、すでに心が蕩けている上に、さらに指圧の力が加わったのでしょうね。
    次はナオ一です、春の長句をお詠み下さい。花前になりますので、丈の高い植物は出さないようにしましょう。投句締め切りは22日の20時とさせていただきます。
    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    少年探偵団(賜餐)   2019.9.8起首

       野分だつ僕ら少年探偵団          光明(秋)
        月に透かせば顕れし地図         夕汐(月)
       鳥渡る一村十戸寄り添うて        しをん(秋)

    ウ   赤いカバンが助手席に乗る        安庵(恋)
       逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)
        とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)

    ナオ                        (春)
                              (花)
                              (春)

    みなさんの付句
    鏡の中に見ゆる通ひ路         メロン(恋)
     *脇句と構造的に似ているように感じました。「月に透かすと顕れる地図」と「鏡の中の通い路」というように。

    とろけそうだよ君の指圧に        麻子(恋)
     *この句をいただきました。

    湾を見晴らす龍恋の鐘           芳(恋)
     *「鐘」が詠まれただけで、恋が見えてこないのが残念です。

    グリューワインをペアグラスで     しをん(恋)
     *「ペアグラス」を出しただけでは恋句にはならないんですよね。「ペアグラス」の奥に恋の形をいかに浮び上がらせるかが腕の見せ所ですね。

    身を尽くしたに三行半か         今日(恋)
     *亭主への怨みつらみが立ち上がる句ですが、前句との情感の違いが気になります。

    ひとり咳するふたり嚔す         安庵(恋)
     *リズム感よく整った句ですが、冬の季語がふたつも使われています。ここは雑の恋句を希望しました。

    母は嬉しく婚の算段           夕汐(恋)
     *この句は二つの読みができますね。母親が自分の再婚の算段をしているというのと、母親が娘の婚活に張り切っているというのです。

    #50369 返信

    夕汐

    赤いカバンが助手席に乗る        安庵(恋)
    逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)
     付け
     母は嬉しく婚の算段          夕汐

    遅くなりましたが付けます~。

    #50360 返信

    光明

    みなさま

    昨日大分市での西日本連句を楽しむ会に参加し、本日帰宅しましたが

    少々疲れが出ましたので、ウ三の付け句の治定は明日に延期とさせていただきます。

    西日本連楽会は22名の5席でした。私は非懐紙の尻取り押韻18句を巻きました。

    #50359 返信

    安庵

    ウ   赤いカバンが助手席に乗る        安庵(恋)
       逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)


    ひとり咳するふたり嚔す 庵

    よろしくお願いいたします。

    あっ、!
    遅かったです。

    #50358 返信

    今日

       またもや駆け込みです。 

    逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)
     
     身を尽くしたに三行半か        今日 (恋)

    #50357 返信

    しをん

    ウ   赤いカバンが助手席に乗る        安庵(恋)
       逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)

          付け
        グリューワインをペアグラスで      しをん(恋)

    #50355 返信

    ウ   赤いカバンが助手席に乗る        安庵(恋)
       逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)

    湾を見晴らす龍恋の鐘

    (恋)

    宜しくお願いします

    #50354 返信

    麻子

    ウ   赤いカバンが助手席に乗る        安庵(恋)
       逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)
    付け
    とろけそうだよ君の指圧に    麻子

    #50353 返信

    メロン

    拙句を採りあげて戴きありがとうございました。

       ウ 3(恋)   

     鏡の中に見ゆる通ひ路      メロン

    #50330 返信

    光明

    9月16日
    お待たせしました。
    冬の季語を用いて恋句を詠むという課題に、8句お寄せいただきみなさんそれぞれ工夫を凝らされています。その中から、前句にも上手く付いて転じているメロンさんの「逢瀬の日サンタさんより齎(もたら)され」をいただきます。前句の「助手席」は、実はトナカイが牽くサンタが乗る橇の助手席なんだと、ひとつの答えが読み取れるところからこの句を選びました。
    そのサンタさんが運んできた逢瀬の日の知らせ、あるいは逢瀬自体がサンタからの贈り物ということもありうる、読みの多面性を誘う働きがありますね。
    次はウ三、もう一句恋の短句にしますが、18日に大分市で西日本連句を楽しむ会が開催され家を留守にしますので、投句締め切りは19日の20時とさせていただきます。
    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    少年探偵団(賜餐)   2019.9.8起首

       野分だつ僕ら少年探偵団          光明(秋)
        月に透かせば顕れし地図         夕汐(月)
       鳥渡る一村十戸寄り添うて        しをん(秋)

    ウ   赤いカバンが助手席に乗る        安庵(恋)
       逢瀬の日サンタさんより齎され      メロン(冬恋)
                              (恋)

    ナオ                        (春)
                              (花)
                              (春)

    みなさんの付句
    熱々のたい焼きよりも熱き頬       麻子(冬恋)
     *鯛焼きよりも熱々なものという比較が恋のバリメーターという、見せ方が面白いとおもいました。「熱き頬」は熱烈に火照っているんでしょうね。「熱き胸」だと平凡かも。

    君の瞳にキラキラ揺れるペチカの火(ほ)しをん(冬恋)
     *「ペチカの火」に恋の思いを盛り込むことができているかですね。瞳に揺れるだけでは恋句としては弱いように思われます。

    逢瀬の日サンタさんより齎(もたら)され メロン(冬恋)
     *この句をいただきます。

    逢えばまた消せぬ埋火胸の奥         芳(冬恋)
     *歌謡曲に「逢えば別れが辛くなる」というのがあったように思います。「逢う逢わない」とはなびら占いにもなるように、恋では「逢うという」行動が重要ですね。元凶とも言えます。そんな苦しい恋のニュアンスをうまく詠まれました。

    降り閉ざす雪に言葉も無く二人       夕汐(冬恋)
     *この二人はどんな関係なんでしょう。好意的に読めば恋人同士なのかもしれませんが、まだ恋愛未満の関係でここから発展するとも読めます。すこし読者の想像力に委ね過ぎのように思います。

    恋しさはラグビー音痴通に変え      みゆき(冬恋)
     *ワールドカップの開幕が目前となり、一気にラグビーが恋のキーワードにもなっているかも知れないと思わせる句です。まさにあるあるですね。

    年賀状まだ馴染めない新苗字        遥夢(冬恋)
     *新婚所帯に届いた年賀状を使った新婚カップルの愛の育みが、さりげなく詠まれています。

    息白し巫山の夢を胸に抱く         今日(冬恋)
     *「巫山の夢」は、楚の懐王が高唐(楼閣)に遊び、昼寝の夢の中で巫山の神女と名乗る女性と契ったという故事に基づいていますので、この故事に凭れ過ぎているように思われます。故事来歴を句にする面白さと難しさが浮かび上がりましたね。

    #50328 返信

    今日

    赤いカバンが助手席に乗る      安庵(恋)
       息白し巫山の夢を胸に抱く     今日(冬恋)

       急ぎました。間に合うかしら!?

    #50327 返信

    遥夢

    鳥渡る一村十戸寄り添うて      しをん(秋)
     赤いカバンが助手席に乗る      安庵(恋)

    付け
    年賀状まだ馴染めない新苗字 遥夢 (冬恋)

    #50326 返信

    松下みゆき

    鳥渡る一村十戸寄り添うて      しをん(秋)
     赤いカバンが助手席に乗る      安庵(恋)

    付け句(冬恋)
    恋しさはラグビー音痴通に変え      みゆき

    #50324 返信

    夕汐

      赤いカバンが助手席に乗る      安庵
           付け
    降り閉ざす雪に言葉も無く二人      夕汐

    前回は勢いだけで付けてしまって失礼いたしました。
    よろしくお願いします。

    #50323 返信

    鳥渡る一村十戸寄り添うて      しをん(秋)

    ウ   赤いカバンが助手席に乗る      安庵

    付け
    逢えばまた消せぬ埋火胸の奥
    芳(恋)

    宜しくお願いします。

    #50319 返信

    メロン

        ウ 2恋

      逢瀬の日サンタさんより齎され

    #50317 返信

    しをん

       鳥渡る一村十戸寄り添うて      しをん(秋)
    ウ   赤いカバンが助手席に乗る      安庵(恋)

           付け
       君の瞳にキラキラ揺れるペチカの火(ほ)  しをん     (冬恋)     

    #50316 返信

    麻子

    鳥渡る一村十戸寄り添うて      しをん(秋)
    ウ   赤いカバンが助手席に乗る      安庵(恋)
    付け
    熱々のたい焼きよりも熱き頬    麻子

    #50308 返信

    安庵

    ウラ一句目恋の句、治定ありがとうございました。「赤いカバン」が置かれる場所を、バス停、自転車、無人駅などなど情景を浮べて迷いました。そこで梅村光明さまが最初に書いてくださった「これは連句の要諦である『付けと転』のうち特に転じること、つまり『変化』していくことが常に求められており」を思いだし、治定句のようにしました。「一句を膨らます情報量の加減を考慮する」ということ、考えていきたいと思います。

    #50306 返信

    光明

    9月14日
    お待たせしました。
    100句で一巻の百韻と12句で一巻の賜餐、それぞれで詠まれる一句の密度は同じでは無い筈ですね。それは百韻で構成される時間の流れと、一二韻の賜餐に於ける時間の流れは同じ速さであるけれど、コマ数が多ければひとコマに含まれる情報量は少なくて済むし、コマ数の少ない賜餐の場合、それを多くの情報量が補い、多面的な読みを可能にすることになるからです。
    つまり、付け句を案じる場合に形式ごとの句数を確認した上で、一句を膨らます情報量の加減を考慮するということを忘れてはならないのです。
    この「少年探偵団」の巻、残り九句が如何様に詠まれるか、一句の世界がどのように展開していくか、とても楽しみなことです。
    さて、ウラ一句目恋の句は安庵さんの「赤いカバンが助手席に乗る」をいただきます。「赤いカバン」から恋を思うのはステレオタイプなイメージかとも思いますが、恋の序章として発展性を予感させているのではないでしょうか。採った一番の要因は赤色、それも強烈な鮮やかさに脳が刺激されました。次はウ二、冬の恋句です。16日の20時までに投句をお願いします。
    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    少年探偵団(賜餐)   2019.9.8起首

       野分だつ僕ら少年探偵団        光明(秋)
        月に透かせば顕れし地図       夕汐(月)
       鳥渡る一村十戸寄り添うて      しをん(秋)

    ウ   赤いカバンが助手席に乗る      安庵(恋)
                            (冬恋)
                            (雑)

    ナオ                      (春)
                            (花)
                            (春)

    みなさんの付句
    婚活企画魅力いっぱい         芳(恋)
     *「婚活」は人と人の出会いを予想させますが、恋句として物足りなさを感じます。この句の場合、人物像が浮かばない点が採れなかった理由です。

    インターネット連句楽しむ      夕汐(恋)
     *求める句が伝わらなかったようですね。句意は同感です。

    告白ならば面と向かわん       千百(恋)
     *昨今では「告る・告られ」とかが使われたりするようで、「告白」だけなら「罪の告白」を思わせてしまうかも。

    タトゥの腕に君が命と       しをん(恋)
     *「君が」を特定の名前にしてもいいですね。俳諧・古川柳にもよく詠まれた題材で、こういうのがあります。「おふくろの腕にしなびる親父の名」

    赤いカバンが助手席に乗る      安庵(恋)
     *この句をいただきます。直接的な恋句ではなく想像を膨らます恋句です。

    相思貫き入り婿となり       みゆき(恋)
     *「相思育み入り婿となる」としてはいかがでしょう。

    赤糸結ぶ筒井つのひと        遥夢(恋)
     *伊勢物語の23段の「筒井筒」に因んだ幼馴染の恋を踏まえた句。「赤糸に結ばれる」という恋句はよく詠まれ、新鮮味は薄れてしまいましたね。

    君恋すてふ噂の立ちて        閑坐(恋)
     *恋真っ盛りのいまだ外周という感じに恋句としての物足りなさを覚えます。

    飛脚に託すかな文字の文       今日(恋)
     *徒然草の「二つ文字牛の角文字直な文字歪み文字とぞ君は覚ゆる」を踏まえた佳句。つまり、二つ文字(こ)、牛の角文字(ひ)、直な文字(し)、歪み文字(く)には「恋しく」の隠し言葉が秘められています。

    #50305 返信

    今日

    前略ごめんください
      少年探偵団(賜餐)
       鳥渡る一村十戸寄り添うて      しをん(秋)

        ウ付
         飛脚に託すかな文字の文     今日

    #50303 返信

    閑坐

    月に透かせば顕れし地図
    鳥渡る一村十戸寄り添うて

    付け

    君恋すてふ噂の立ちて

    よろしくお願いします。

    #50302 返信

    遥夢

     月に透かせば顕れし地図       夕汐(月)
       鳥渡る一村十戸寄り添うて      しをん(秋)

           付け
    ウ 赤糸結ぶ筒井つのひと      遥夢 (恋)
       
       よろしくお願いします。

    #50300 返信

    松下みゆき

    光明様
    前回はギリギリ提出で、大変失礼しました。

    月に透かせば顕れし地図       夕汐(月)
    鳥渡る一村十戸寄り添うて      しをん(秋)

    三句目
       相思貫き入り婿となり     みゆき(恋)

       お願いします。

    #50299 返信

    安庵

    月に透かせば顕れし地図       夕汐(月)
    鳥渡る一村十戸寄り添うて      しをん(秋)

    赤いカバンが助手席に乗る 安庵(恋)

    お願いします。

    #50298 返信

    しをん

        月に透かせば顕れし地図       夕汐(月)
       鳥渡る一村十戸寄り添うて      しをん(秋)

           付け

        タトゥの腕に君が命と    しをん    (恋)

       

    #50296 返信

    千百

    月に透かせば顕れし地図       夕汐(月)
       鳥渡る一村十戸寄り添うて      しをん(秋)

    ウ 
    付け
    告白ならば面と向かわん 千百

    #50290 返信

    夕汐

    鳥渡る一村十戸寄り添うて      しをん
    付け
     インターネット連句楽しむ     夕汐

    よろしくお願いします。

    #50284 返信

    月に透かせば顕れし地図       夕汐(月)
       鳥渡る一村十戸寄り添うて      しをん(秋)

    ウ 
    付け
    婚活企画魅力いっぱい 芳
    (恋)

    #50276 返信

    しをん

    第三、ご一直の上、治定頂きありがとうございました。最初「寄り添う」と考えていました。が、恋句っぽくなるかな、と思い直したのです。こちらでよかったのですね。自分では判断が中々難しいです。
                 しをん

    #50274 返信

    梅村光明

    9月12日
    お待たせしました。
    まず、「無月」の句の説明文の扱いについて、言葉が足りなかったように思います。1・2・3と、解説文の変遷を列記しましたが、1が原典の芭蕉の言葉に近いものであり、それを東明雅さんが現代文に訳されたのが2であり、さらに簡明に言い表したのが3の「十七季」であったということです。東明雅著「連句入門」は中公新書で、古書で入手できます。
    さて、第三の句としては、発句。脇句の世界からいかに転じるか、また賜餐形式ではオモテの最後の句であり、序の面をいかに括るかという役割が求められます。理由は下に書きましたが、ここはしをんさんの「鳥渡る一村十戸寄り添うて」をいただきました。
    次のウ一は恋の句を短句でお詠み下さい。留めは仮名留めにしてください。14日の20時までに投句をお願いします。
    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    少年探偵団(賜餐)   2019.9.8起首

       野分だつ僕ら少年探偵団        光明(秋)
        月に透かせば顕れし地図       夕汐(月)
       鳥渡る一村十戸寄り添うて      しをん(秋)

    ウ                       (恋)
                            (冬恋)
                            (雑)

    みなさんの付句
    重陽の茶事はじまりは正午にて     安庵(秋)
     *陰暦の9月9日が秋の重陽の節句にあたります。正午の設定は懐石料理が供されることを含んだ茶事の内容を想像させますね。発句からよく転じています。
    林檎描き初公募展特選に        遥夢(秋)
     *林檎の色彩感が魅力的な句ですが、前句の「地図」とどう絡めればいいのか分からないのが難です。
    跳ね上がる秋刀魚の群れの輝きて     芳(秋)
     *今年もサンマ漁は不漁とのニュースがありましたが、その暗さを払拭するような明るい句です。前句の「地図」が秋刀魚の回遊する海域への海図に見えてきます。それを採らなかったのは、「群れの輝き」に発句の「少年探偵団」が垣間見え、打越を避けました。
    吾亦紅友と幾年山居にて        閑坐(秋)
     *吾亦紅は長年の友人とのさりげない関係に似合う花だと思います。採れなかったのは発句の「少年探偵団」です。友人関係が生まれた筈であり、それを第三で出せば打越になりますね。
    鳥渡る一村十戸寄り合ひて      しをん(秋)
     *この句をいただきますが、「寄り合ひて」だと「会合・集会」の寄り合いを思わせますので、「鳥渡る一村十戸寄り添うて」とさせていただきます。「鳥渡る」の季語では、秋に来る冬鳥のことになり、過疎の村への季節の賑いをもうまく表わしています。
    紅葉踏む草鞋の力密やかに       今日(秋)
     *「草鞋」に光を当て主役にして、紅葉が脇役という設定に些かの抵抗感が生じます。
    雁が音にひとすじの道見ゆるらん   メロン(秋)
     *鳥の鳴き声を出すのは良いと思います。「ひとすじの道」が、前句の「地図」から抵抗感なく思い至る文体として、いわゆる付き過ぎだと思います。
    栗の飯栗平等に盛り付けて       麻子(秋)
     *クローズ・アップが効いて納得させられる句の内容ですが、第三としては物足りなさを感じます。
    田仕舞に船出見送る人もなし      千百(秋)
     *「田仕舞」に対する「船出」の意味づけがいまひとつピンときません。
    大盛りの銀杏を買う縁日に      みゆき(秋)
     *「縁日」は神仏の祭典供養を行う日なので、オモテではまだ出さない方がいいですね。
    「大盛りの銀杏並ぶ朝市に」とすれば問題は解決します。

    #50273 返信

    松下みゆき

       第三
       大盛りの銀杏を買う縁日に
     
       なかなかまとまらず・・ですが、。
                         みゆき
      

    #50272 返信

    千百

    一直、ご指導をありがとうございました。
    励んでまいります。

    野分だつ僕ら少年探偵団        光明(秋)
       月に透かせば顕れし地図       夕汐(月)
                            
            付け
    田仕舞に船出見送る人もなし     千百(秋)

    #50271 返信

    麻子

    野分だつ僕ら少年探偵団        光明(秋)
        月に透かせば顕れし地図       夕汐(月)
    付け
    栗の飯栗平等に盛り付けて    麻子

    #50270 返信

    メロン

    メロン

      第三   雁が音にひとすじの道見ゆるらん    メロン

    #50269 返信

    今日

    少年探偵団(賜餐)   2019.9.8起首
      第三の付けです。

      紅葉踏む草鞋の力密やかに  今日(秋)

    #50262 返信

    しをん

    野分だつ僕ら少年探偵団        光明(秋)
        月に透かせば顕れし地図       夕汐(月)
                            
            付け
    鳥渡る一村十戸寄り合ひて       しをん(秋)

    #50256 返信

    閑坐

    野分だつ僕ら少年探偵団 光明 (秋)
    月に透かせば顕れし地図 夕汐 (月)

    付け

    吾亦紅友と幾年山居にて 閑坐 (秋)

    #50252 返信

    野分だつ僕ら少年探偵団        光明(秋)
        月に透かせば顕れし地図       夕汐(月)
      付け  
    跳ね上がる秋刀魚の群れの輝きて

    (秋)
         
    宜しくお願いします。         

    #50250 返信

    遥夢

    光明さま
    ご教示有難うございました。手元の参考書やネット上の参考サイトのどこかで読んだと思っての事でした。
    お示し下さった典拠では共通して「法式があるわけではないが、なるべく避ける」ということと受け止め
    ました。近々『十七季』を入手しようと思います。

     野分だつ僕ら少年探偵団        光明(秋)
        月に透かせば顕れし地図       夕汐(月)
     付け
        林檎描き初公募展特選に     遥夢 (秋) 

    #50246 返信

    安庵

       野分だつ僕ら少年探偵団        光明(秋)
        月に透かせば顕れし地図       夕汐(月)


       重陽の茶事はじまりは正午にて     安庵(秋)

        お願いします。

    #50245 返信

    梅村光明

    遥夢さんから、〈「月」の場で「無月」は良くないと何かで読んだ記憶があり、「無月」の扱いについてご教示いただければ幸いです。〉との、初心者とは思われない視点のご質問がありましたので、下記のとおりお答えします。
    *「無月」について書かれた典拠を示すことで答えとさせていただきます。
    1.「月は上句勝たるべし。落月、無月の句つつしむべし。時によるべし、法にはあらずと也。」
      これは芭蕉の弟子の土芳が芭蕉の言葉を書き留めた『三冊子』の内、「白草紙」で無月について述べられている個所。
    2.「月の定座で落月や無月の句を詠むことは慎まなければならぬ。けれども、それも場合によるので、詠んではならぬという法式があるわけではない。」
      これは東明雅著『連句入門』の45ページ、「月花の句」の項で月の句の心得が述べられた箇所。
    3.「無月や落月の句を詠むことは絶対に悪いわけではないが、なるべく避ける。」
      これは『十七季』の543ページ、「月の句の心得」に記されている文章。
    以上、「無月」についてはここに書かれていることに尽きると思います。

    #50243 返信

    遥夢

    光明さま
    投句への寸評、ありがとうございました。
    質問へのご回答も、、、、次回からそのように心得ます。

    ところで、「月」の場で「無月」は良くないと何かで読んだ記憶があり、
    迷った末、コソ泥さんが「賞玩」するのはこれしかなさそう、、と思ったのでした。
    「無月」の扱いについてご教示いただければ幸いです。
    質問魔ではないつもりですが、、、(笑)。

    #50235 返信

    夕汐

    拙句、ご採用有難うございました。

    楽しい一巻となりますように。♪(・ω・`)

    #50234 返信

    梅村光明

    取りこぼしではなく見落としていました。
    抜き足でゆく月下の怪人       千百
     *「少年探偵団」と対決する「怪人」という構図で付いているんですが、転じる力が弱くては発句・脇句で想像力が収斂されてしまうので、連句としては良くないのです。
      「月下に伝ふ抜き足の術」としましょうか。

    #50233 返信

    梅村光明

    一句取りこぼしていました。
    抜き足でゆく月下の怪人       千百
     *「少年探偵団」と対決する「怪人」という構図で付いているんですが、転じる力が弱くては発句・脇句で想像力が収斂されてしまうので、連句としては良くないのです。
      「月下に伝ふ抜き足の術」としましょうか。

    #50231 返信

    梅村光明

    今回、新たな航海に11名の乗船者を得ることができました。今日さん、遥夢さん、閑坐さん、芳さん、みゆきさん、メロンさん、夕汐さん、しをんさん、安庵さん、麻子さん、さきさん、投句をありがとうございました。乗り降り自由ですので気儘な旅を楽しんでください。
    それでは、賜餐「少年探偵団」の脇句を発表します。下記の通り、夕汐さんの句をいただきました。
    発句が秋の天象始まりということから、必然的に短句である脇で月を詠むことになり、やや窮屈な付け合いが予想されました。ここは発句に出た「少年探偵団」への対応がポイントになったと思われます。脇句を選ぶ上で、発句の荒天に脇句の月をどうあしらったのかが決め手になりました。
    「月に透かせば顕れし地図」の句は、探偵団の必須アイテムである「地図」、それも仕掛けのある拵えが魅力的です。「月」もその場にあることに限定させず、発句の「野分だつ」に配慮した巧みな付けに魅かれました。そして、新たな冒険を予感させています。
    他の皆さんの付けは下記の通りです。
    遥夢さんの複数投句に付いてのお尋ねですが、複数句を詠んだ上で一句に絞ることで読解力を鍛えることになりますので、一句付でお願いします。それともう一つのお尋ねの「連」の考え方については、オモテ・ウラ・ナゴリノオモテ・ナゴリノウラと記されているように、懐紙を意識した形式なので、歌仙のミニチュア版という捉え方で結構です。
    次は第三です。続いて秋の句を、初秋以外でお詠みください。留めはいわゆる「て・にて・に・もなし・らん」留めにしてください。12日の20時までに投句をお願いします。

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    少年探偵団(賜餐)   2019.9.8起首

       野分だつ僕ら少年探偵団        光明(秋)
        月に透かせば顕れし地図       夕汐(月)
                            (秋)

    ウ                       (恋)
                            (冬恋)
                            (雑)

    みなさんの付句
    秘密の集合真夜中の月        今日
     *「集合」よりも「集会」がよろしいのでは。

    鴉が鳴いて枝に三日月        遥夢
     *生類を出す意欲を買います。

    ロストボールを照らす満月      遥夢
     *少年探偵団は野球少年でもあるんですね。

    無月喜ぶウブなコソ泥        遥夢
     *探偵団とコソ泥、明確な構図です。

    月の明かりに枝に結び目       閑坐
     *探偵行動の手がかり、あるいは道標も付きますね。

    チャリを爆走新月の街         芳
     *自転車も必須アイテムのひとつですね。

    月下の古城螺鈿迷宮        みゆき
     *江戸川乱歩の世界に一っ跳び。面白いです。

        月宮殿へ梯子掛けよか!      メロン
     *この句も「野分だつ」に注意を払っていただき、冒険心と悪戯心が調子よく詠まれました。

        月に透かせば顕れし地図       夕汐
     *この句をいただきます。

        七つ道具を照らす満月       しをん
     *探偵七つ道具とはマニアックですね。

        満月のもと追いし怪人        安庵
     *二十面相の登場は欠かせないですね。

        揃いのチーフ月になびかせ      麻子
     *ネッカチーフも必須アイテム、まさに探偵団です。

    月に怪しく迫る叢雲         さき
     *句としては面白いんですが、「叢雲」は発句の「野分だつ」と同じ天象用語になるので、連句の要諦である「付けと転じ」の内、「転じ」が難しくなりますね。いわゆる付き過ぎです。

    #50230 返信

    千百

    はじめまして。
    千百(せんもも)と申します。
    超初心者ですが、学んでまいりたいです。
    よろしくお願い申し上げます。

    発句
    野分だつ僕ら少年探偵団 光明

    付け

    抜き足でゆく月下の怪人

    #50229 返信

    さき

    光明さま、皆様 

    よろしくお願いいたします。   さき

       賜餐「少年探偵団」
     
     野分だつ僕ら少年探偵団      光明 (秋)

    付け句
      月に怪しく迫る叢雲       さき

100件の返信を表示中 - 101 - 200件目 (全2,435件中)