インターネット連句を始めます。

ホーム フォーラム インターネット連句 Vol.1 インターネット連句を始めます。

インターネット連句を始めます。

  • このトピックには5,400件の返信、2人の参加者があり、最後にサイト管理者により1ヶ月前に更新されました。
10件の返信を表示中 - 4,381 - 4,390件目 (全5,402件中)
  • 投稿者
    返信
  • #40163
    うに
    ゲスト

    ウ 11

    付け 駆け引きは花の中なる蚤の市

    よろしくお願いします。

    #39894
    雀羅
    ゲスト

    ■さきほどの「ラール・ブリュット」をネットで引くとワインに行っちゃいますね。「l’Art Brut」のつもりですが、「アール・ブリュット」としないと引けないです。要するに、どこか幼さの残った、荒削りな、磨きを掛けすぎていない作品、というような意味で使いました。。

    #39891
    雀羅
    ゲスト

    ■読んでなめらか

    安庵さん、連句一巻も音読したときのしらべが大事ですね。そして、なめらかだけでなく時に佶屈な音調も又一巻の変化に働きをもちます。ですので全体つるつるに磨きをかけ過ぎないことも大事だと思います。これはラール・ブルットというような言い方でも伝えられるものです。「バルテュスの描く少女を笑う猫」、ここはやはり「美少女」とは言うところで、「少女」は何にでもなれますが、「美少女」は美少女にしかなれません。

    #39777
    安庵
    ゲスト

    ウ9の一直治定ありがとうございました。「復元」された「顔」はどうしても「美少女」という思いがあり、切ってしまいました。何度か唱えてなめらかさも気配りしたいと思います。

    #39730
    雀羅
    ゲスト

    ■⑩歌仙「春立つや」ウ10治定         2019.2.4  起首
    ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

    春立つや先づ拾ひ食ふ昨夜(きぞ)の豆           雀羅
     雀の混じる淡雪の庭                 小波
    若駒の和毛に遊ぶ風の出て               安庵
     もよう替えする姉を手伝う              小石
    いざよいに帰宅の刻を促され               鈴代
     新酒の酔いも加減宜しく               和嘉子

    秋蝶は追われ五浦の海に消ゆ               庵
     寵愛を捨て美声持つ夢                麦子
    マエストロの赤い靴下まなうらに             うに
     くさい葉巻を厭ふ家政婦                羅
    雨期となるカリブに浮かぶ島の旗             嘉
     ネット切断ラジオ頼りに                に 
    もち搗きの音をかなたの日曜日              羅
     頭蓋骨から顔を復元                  石
    バルテュスの描く少女を笑う猫              庵
     テニスコートに春月の出て               嘉

    ○ウ3,「マエストロ」に靴下はかせました。

    花の句どうぞ。

    #39727
    雀羅
    ゲスト

    ■⑩歌仙「春立つや」ウ10治定         2019.2.4  起首
    ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

    春立つや先づ拾ひ食ふ昨夜(きぞ)の豆           雀羅
     雀の混じる淡雪の庭                 小波
    若駒の和毛に遊ぶ風の出て               安庵
     もよう替えする姉を手伝う              小石
    いざよいに帰宅の刻を促され               鈴代
     新酒の酔いも加減宜しく               和嘉子

    秋蝶は追われ五浦の海に消ゆ               庵
     寵愛を捨て美声持つ夢                麦子
    マエストロ赤い靴下まなうらに              うに
     くさい葉巻を厭ふ家政婦                羅
    雨期となるカリブに浮かぶ島の旗             嘉
     ネット切断ラジオ頼りに                に 
    もち搗きの音をかなたの日曜日              羅
     頭蓋骨から顔を復元                  石
    バルテュスの描く少女を笑う猫              庵
     テニスコートに春月の出て               嘉

    ○「バルチュス」の描く少女像にはくぐもった頽廃美がありますが、戸外に出て、健康的に持ち直しましたね。この面月を詠まないといけないところですが、月を入れて下さって有り難うございます。「心浮きたる朧月夜に」は、内容的にはこちらの方が「バルテュスの描く少女」に通うところありますが、短句の「に留め」が続くということと、マイナーな気分を払拭するという点で、治定句がよろしいように思います。

    では花の句をどうぞ。

    #39669
    和嘉子
    ゲスト

     頭蓋骨から顔を復元       石  
    バルテュスの描く少女を笑う猫   庵

    付け
     テニスコートに春月の出て    嘉
     心浮きたる朧月夜に

    よろしくお願い致します。

    #39638
    雀羅
    ゲスト

    ■うにさん、付句が前句と似ているという付味の問題はそれとして、一句の言い回しがどうかというもうひとつの問題と、両方をクリアされるといいですね。「 土器(かわらけ)のジグソーパズルひねもすを」ですが、「ひねもすを」が気になったのです。「ひねもす」は単独で「春の海終日(ひねもす)のたり/\かな 蕪村」と副詞として使われます。「ひねもすを」というと「ひねもす」が体言で扱われることになります。ただ、古い国語辞典(小学館の昔の「日本国語大辞典」等)には「ひねもす」を名詞としているものもあり、はっきり間違いとは言い切れません。実際には「ひねもす」は副詞的用例しか見当たりませんが、そうなると、「土器(かわらけ)のジグソーパズルひもすがら」と乗り換えるしかないですね。

    #39630
    うに
    ゲスト

    失礼いたしました。前句とイメージが似通い過ぎているという問題がありますので、切れ云々のバランスを考えても仕方ないことかと思います。。独立句としてみると「ひもすがら」だと思います。夜中に考えだすと、どうも頭が迷走します。おやすみなさい。

    #39627
    うに
    ゲスト

    「ラジオ頼りに」「に」という助詞思いつきませんでした!ありがとうございます。
    「ひねもすを」は、はじめ「ひもすがら」だったのですが、切れが強いような気がして(体言止めが続いていたので)「ひねもすを」にしたのですが、最後にくるのは不自然でしょうか?

10件の返信を表示中 - 4,381 - 4,390件目 (全5,402件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。